テレワークが暇で罪悪感を覚えるのは自分だけ?

公開日2022/10/17

時間と場所にとらわれない働き方ができるテレワークが注目されていますが、人それぞれ1日の仕事量に違いがあります。


そもそも、テレワークを導入する企業によって業務内容、社内規定など違いますし、社員のITスキルや知識の習得レベルも人それぞれです。


人によって、暇になるほど仕事量が少なかったり、逆に忙しい毎日を過ごしているテレワーカーもいます。


応募も仕事が無い人は、毎日暇すぎて罪悪感を覚えている人もいるのではないでしょうか。


今回は、テレワークが暇で罪悪感を覚えるのは自分だけなのかや、時間を有効活用する方法と暇な人と忙しい人とで二極化する理由などについて紹介していきます。


目次

テレワークが暇で罪悪感を覚えるのは自分だけなの?

テレワークに限らず、どんな仕事でも日々の仕事量が全く同じになることは、少ないのではないでしょうか。


成果主義を軸にしている会社であれば、自分の力量次第で仕事のペースを調整することもできるでしょう。


そのため、今週、今月は休みをあまり取得せずに仕事に没頭しようとか考えながら、仕事量をある程度整理できます。


とはいえ、全くないこともない時も発生することはありますから、仕事が暇にならないとは言い切れません。


社会人の中で月初、月末、週の始まりの月曜日などは、仕事が多くなりがちな人が多いです。


逆に、中期になると仕事が少なくなることが無いから、罪悪感が出てしまう人もいます。


それは、テレワークをしている人も同じように感じている人もいます。


テレワークが暇になり、仕事が無いので上司からどう思われているのか不安になったり、何もしていない自分に嫌気がさしたりなど、罪悪感を覚えてしまう理由は人それぞれです。


仕事に追われない環境に居ることで、時間がかかって考えられて積極的にサボりたいわけだけど、仕事量もそんなに増えたくない、自分の気持ちの中で藤にしてしまいがちです。

テレワークが暇でも罪悪感を感じる必要はない

ちょっと、業務が暇で罪悪感を感じる人は真面目な性格だとも言えるでしょう。


例え、テレワークが暇になっても、仕事ができないから干されているわけでもありません。


会社できちんと成果を出していて、最低限必要な業務量をこなせているから時間がかかるような方が多いです。


ですので、テレワークが暇でも真面目に仕事ができていると明言している人は、罪悪感を感じる必要はありません。


向かう、在宅ワークは、会社に出社すると社内の人たちや、上司との雑談をする時間がゼロになります。


その分の空き時間が増えてしまうので、仕方のないことでしょう。


会社の仕事があまり好きではなかったり、サボることが日常化している人は、テレワークで暇になることにラッキーという気持ちを持っているかもしれません。


作業はしていなくても支払いは当然発生します。


罪悪感を感じるのではなく、どうしたら空いた時間を有効に活用できるのかや、迷惑をかけずにやれるのかを考えてみることが大切です。

テレワークが暇すぎる人が時間を有効活用する方法

まだまだ、本格的にテレワークを取り入れている企業はそう多くはありません。


どの会社も、どうすれば生産性向上に繋がり、社員がいきいきと働いてくれるのかを錯誤している段階です。


テレワーカーは、真面目に仕事をしているのであれば、罪悪感は持たなくても大丈夫です。


その代わり、暇な時間ができた場合は、どうすれば有効活用できるのだろうと考えながら実践していくことが大切です。


二人なら、無駄な時間を捻挫せずに済み、会社と従業員が双方がWin-Winの関係で居られるのではないでしょうか。


テレワークが暇すぎる人が時間を有効活用する方法は、以下のようなことです。


暇な時間を使って自己啓発をする


テレワークで、暇になった時は自分を啓発することで有効活用できます。


例、仕事に関係のある資格の勉強、スキルパソコンを磨く、語学力の上達のために英語を勉強するなど色々あります。


暇な時間を使って定期的に運動をする


テレワークで、ずっと眠っていてパソコン作業をしていると血行不良を感じたり、身体がなまる、体力が低下する恐れがあります。


暇な時間を使って、定期的に運動すると心も身体もリフレッシュできて健康にも良いですし、仕事の生産性向上に繋がりやすいでしょう。


暇な時間を使って読書をする


世の中で、大半の社会人は仕事が終わったら娯楽・自分の趣味などに時間を費やしがちです。


あまり読書が習慣化している人は少ないです。


読書をすれば、色々な知識を身につけることができますし、頭の回転が速くなったので空いた時間に本を読むことも良いでしょう。


共有フォルダの整理や仕事関係のリサーチをする


テレワークは、パソコン作業がメインなので、共有フォルダの整理や仕事関係の情報をインターネットを使ってリサーチしておくのもありです。


普段、忙しい時はついつい大事なこと以外は、後回しになりがちな人がいるのでメール、ファイルの整理なども合わせて行い、自分が使いやすいように整理することが大切です。

テレワークが暇ではなく忙しい人もいる!

テレワークが暇ではなく、多忙を極めている人もいます。


働き方は同じでも、会社によって業務内容が違ったり、仕事量にも差がありますから、どうしても暇な人と忙しい人の二極化になってしまいがちです。


テレワーカーも、自分でどんどん仕事を入れる人や、会社の仕事の振り分けで続いている仕事量を捌いている状況の人など忙しい理由は色々でしょう。


ないものねだりで、人によっては忙しい日々を送っていると暇な人が羨ましく思ったり、逆に暇な人は忙しい人を見て、毎日充実していて良いなと思うかもしれません。


テレワークをしている人は、8割も負担が何かの悩みを抱えながら仕事を頑張っていると言われています。


ですので、暇でも忙しくても悩みは人それぞれ抱えているわけです。


どちらの方が楽だとか、充実してるとかを考えるよりも、どうすれば会社に迷惑をかけずに貢献できるのだろうとか、時間を有効活用できるのだろうと判断錯誤することが大切なのではないで。

テレワークが暇な人と忙しい人で二極化する理由

テレワークをする人、IT知識・ITスキルに違いがある、それぞれの会社の仕事量に差があるのも暇な人と忙しい人で二極化する理由の一つです。


暇な人が、テレワークを積極的に行っているのは、サボりやすい環境で居れることが多く、楽だから続けているという行動がある人も居るでしょう。


忙しい人の中には、仕事をバリバリできる人が、私生活を犠牲にしてまで長時間労働をしているケースもあるのではないでしょうか。


つまり、自分で都合よく仕事をしたい人や、仕方なくバリバリ働かざるをできない状況の人が居たりなど置かれている状況に違いがあるはずです。


自分ではどうしようもできない会社の仕組みや業務内容で、忙しい人と暇な人とで分かれたりなどで二極化にも色々な理由があるということです。


テレワークをしていく中で、暇でも忙しくても精神が病んだり肉体的に辛くなったりする恐れがあるので、働くペースには十分、気をつけながら取り組むことが重要です。


テレワークが暇のまとめ

テレワークが暇で、罪悪感を感じながら仕事に取り組んでいる人もいます。


多少、会社に貢献したり成果を出していると思うのであれば、暇な時間ができなくても罪悪感を感じる必要があるでしょう。


あまり仕事ができていないと感じている人でも、コツコツと真面目に続けているので、会社の人たちは努力している姿を見ているものです。


罪悪感を必要以上に感じて、ネガティブになるのではなく、どうやったら時間を有効活用できるのかや、迷惑をかけずに仕事ができるのかを考えることが大切です。

人気商品

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません

配送オプション