結婚式でネクタイの黒色は非常識?誰も教えてくれない避けるべき黒系の服装

公開日2022/11/19

日本でおめでたいカラーと言えば、紅白の色を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。


結婚式などのお祝いの席で、出席者は白色やシルバーなどのネクタイが昔から当たり前のように着用されています。


昔からのネクタイマナーとして、年配者ほど白色やシルバーなど基本に忠実なネクタイの色を結婚式につけていく傾向があります。


では、お葬式やお通夜などにつけていく黒色のネクタイを結婚式につけていくのは非常識になるのでしょうか。


最近の若い人は、他の色やパステルカラーなどを用いてる人も増えていますから、ブラックカラーも気になる人は少なからずいるはずです。


今回は、結婚式でネクタイの黒色は非常識なのかや、理由と誰も教えてくれない避けるべき黒系の服装などについて紹介していきます。


目次

結婚式でネクタイの黒色は非常識?

結婚式では、昔からネクタイは白色やシルバーが定番だとされています。


そして、黒色はお葬式・お通夜などに用いられるカラーになるので、結婚式につけていくのはNGですし縁起が悪いですよね。


ですので、間違ってもネクタイの黒色を結婚式につけていくことは無いようにしましょう。


つけていく人が、まだ幼い子供だったり未成年であれば、間違ってつけてきたんだろうなとか、まだ服装マナーを知らなくて当然だろうなとか寛容な気持ちで見てくれるかもしれません。


しかし、社会人として働いている立派な大人が結婚式でネクタイの黒色をつけていたら、ほとんどの方が非常識な人だと思うでしょう。


非常識だと思われるだけならまだしも、失礼な行為をしていることになるので注意されたり批判を浴びたりする恐れがあります。


なので、黒色のネクタイは結婚式につけていくことがないようにした方が良いです。

¥5,000

親族・友人の結婚式でもネクタイの黒色は非常識?

親族・友人の結婚式の場合だったら、昔から知っている仲という人も多いでしょうから黒色のネクタイをしても非常識だと思われにくいのではと思う方もいるのではないでしょうか。


昔から知っている関係性があるからとか、そういうのは関係がありません。


招待してくれた、新郎新婦に迷惑をかけてしまうことに繋がりますから、親族・友人の結婚式であっても黒色のネクタイを着用するのは非常識です。


それなら、まだノーネクタイで出席した方がましかもしれません。


どんな人の結婚式でも、黒色のネクタイをつけて参列するのは避けた方が良いです。

¥3,760
¥6,380

結婚式でネクタイの黒色は非常識な理由

一般的に、白色と黒色はどちらがおめでたい印象があるかと言うと白色ですよね。


また、白色は明るい、黒色は暗いといった見方もできます。


結婚式は、おめでたいイベントですから黒色のネクタイは相応しくありません。


黒色のネクタイが非常識な理由として、葬式・お通夜などに黒色のネクタイを用いられるので結婚式につけていくのは縁起が悪いというのがあります。


ネクタイの幅や長さも変えられますから、中には細いタイプの黒色のネクタイをつけるのは、そんなに目立たないし大丈夫だろうと安易に考えてしまう人もいます。


しかし、黒色のネクタイが目立つ目立たないという問題ではありません。


そもそも、結婚式でネクタイの黒色を着用することが非常識だとされているので、幅や長さで決めたりもしないようにしましょう。

黒色のネクタイでも蝶ネクタイなら結婚式で非常識じゃない場合も

基本的に、結婚式場ではゲストが黒色のネクタイを着用するのはNGなのですが、例外もあります。


それは、黒色の蝶ネクタイなら非常識じゃないとされる場合もあるのです。


正確には、タキシードと黒色の蝶ネクタイの組み合わせだと失礼にならないことが多いと言われています。


全ての結婚式で、黒色の蝶ネクタイをつけるのが、非常識ではないとされるわけではないので注意しましょう。


ネクタイと蝶ネクタイの形状は、全然違うので見た人はその違いがハッキリとわかるはずです。


ただし、蝶ネクタイが非常識ではないとされるケースもあるとはいえ、あまり快く思わない出席者もいるはずですから全員の理解を得るのは難しいかもしれません。

海外の結婚式では黒色のネクタイでもOKな国もあった!

実は、日本では黒色のネクタイを着用するのは非常識とされますが、海外ではOKな国もあります。


外国では、海外では結婚式で黒色のネクタイは新郎やゲストのどちらも着用されています。


なので、海外では特に問題が無いのです。


かなり意外だと思った方も多いのではないでしょうか。


海外では、正装という服装の考え方が基本的にはありません。


新郎も出席者も、当然のように結婚式で黒色のネクタイをつけている国があるのです。


日本と結婚式での服装のマナーに関して、全然考え方が異なる国もあるのですが海外の人が日本でブラックスーツに白色やシルバーのネクタイをつけている姿を見ると違和感を感じる人もいるようです。


ヨーロッパ、アメリカなどの国は黒色のネクタイをつけるのがスタンダードだと言われているので、何の抵抗ももっていないそうです。


日本の場合は、結婚式に黒色のネクタイをつけて出席すると、他のゲストから偏見をもたれたり冷ややかな目で見られる可能性があるので、何か理由がない限り避けた方が良いです。


日本から海外に留学経験があったり、帰国子女の人が日本で生活をしていた時に結婚式に出席することになるパターンもあるでしょう。


まだ日本に帰って来ての生活が間もない頃であれば、海外の文化や風習が頭に残っていて間違って結婚式に黒色のネクタイを締めて行ってしまう人もいるかもしれません。


その場合は、きちんとした理由がありますから結婚式に参列した時に、恥ずかしがらずに新郎新婦や周りの人達にこういう事情があったので間違ってしまいましたと伝えるとわかってもらえるはずです。

結婚式でネクタイの黒色と一緒に避けるべき黒系の服装

結婚式に出席して、黒色のネクタイをつけていくのはNGな行動ですが、他の服装の色にも気を配ることが大切です。


黒色はお葬式・お通夜を連想させますし、縁起が悪いとか暗い重たいというイメージになってしまいがちなので、黒色のシャツとかも着ていくのは避けた方が良いです。


ブラックスーツは構いません。


ただ、あまりにも地味なビジネススーツやリクルートスーツで結婚式に出席するのは、良くないので気をつけた方が良いでしょう。


結婚式では、ネクタイの黒色と一緒に黒系の服装にも気をつけなければいけません。


人間は、誰でも間違うことはあります。


完璧な人間は存在しませんから、もし結婚式に黒色のネクタイをつけて出席してしまったら、開き直るのではなく、きちんと事情を新郎新婦やゲストの方達に伝えてわかってもらえるよう努力すると、後々、面倒なことにならなくなる可能性があります。


結婚式の当日に、朝がた寝ぼけながら身仕度を整えたりして、間違って服装のコーディネートをしてしまう人もいるでしょうから、できれば鞄の中に黒色以外のカラーのネクタイを入れて置くと安心できるのではないでしょうか。

まとめ

結婚式で、黒色のネクタイをつけるのは日本では非常識だとされています。


お葬式やお通夜に用いられていますし、縁起が悪いです。


日本の結婚式では、白色やシルバーのネクタイを着用するのが当たり前となっています。


ただし、ヨーロッパやアメリカなどの国では逆に黒色のネクタイがフォーマルになっているので、グローバルな視点だと用いられ方に違いがあります。

ブログ作成者

石澤大


「商品の本当の良さは作り手の熱い思いと考え方。

それを引き、伝えるだけ。」


- 略歴 -

1979年福島県生。

同志社大学心理学専攻卒。

大阪デザイナー専門学校プロダクトデザイン科卒。

プロダクトデザイン事務所、

アパレルメーカーを経て「DESIGN=」設立。

人の心を何よりも大切にする

ブランド戦略のトータルプロデューサー。

楽天市場1位受賞商品30以上創出。

人気商品
Sale Off
【京都シルク100%】日本製ネクタイ|DOJIMA TAILORとのコラボレーション|
¥8,580
Sale Off
【京丹後シルク100%】日本製ネクタイ|Tangoopen|ギフトボックス入り
¥8,250
Sale Off
【京都シルク100%】日本製無地ソリッドネクタイ|スーツが見違えるサテンソリッドタイ|
¥4,200
Sale Off
【シルク100%】日本製無地ネクタイ&ポケットチーフセット | 冠婚葬祭に | セットがお得
¥5,000
Sale Off
【シルク100%】日本製30代からの大人ネクタイ|パワーVゾーンが作れる|
¥6,380
Sale Off
【ニット素材】ナローネクタイ|洗濯機で洗える|柔らかい印象を与える
¥1,528
Sale Off
【ウールネクタイ】秋冬用 | デザイナー監修ネクタイ|上品な質感で大人の印象
¥1,650

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません

配送オプション