結婚式で親族がするネクタイは白色が無難?OKな素材・柄やネクタイピンは必要?

公開日2022/11/23

昔から、日本の慣習で結婚式に出席する男性ゲストは、白色で無地のネクタイが当たり前でした。


今は、個人のライフスタイルや価値観が多様化しています。


白色で無地のネクタイを締めているのは、年配者の人が中心で最近の若い男性はいつまでもそのような慣習にとらわれず、カジュアルなファッションをする人が増えています。


結婚式の場に、白色以外のカラーのネクタイを着用して参列する若者も多くなってまいりました。


親族の場合はどうなのかや、ネクタイのアクセントとしてネクタイピンは用いた方が良いのか気になる人もいるのではないでしょうか。


今回は、結婚式で親族がするネクタイは白いが無難なのか、OKな素材・柄のことと、ネクタイピンは必要なのかなどについて紹介していきます。


目次

結婚式で親族がするネクタイは白が無難?

昔から、結婚式に出席する男性ゲストのネクタイは「白色」が無難であり、基本的なカラーだとされてきました。


今でもそれは変わっていません。


年配者の方ほど、結婚式につけていくネクタイは基本的に正しいものを選ぶことが多いでしょう。


最近では、結婚式という場所の選択肢が増えてレストランであったり、リゾート地域などでも行われています。


結婚式につけていく服装の概念が変わり、カジュアルな感じでも大丈夫なところも増えてきているのです。


ですので、挨拶結婚式の参列者が白いネクタイを着用しているのではなく、若者の中にはパステルカラーのものをつけていたりします。


あまり派手な色を使ったり、奇抜すぎるネクタイはNGなのでカラーパステルのネクタイをつける人は、注意が必要です。


特に、親族の結婚式の場合、こちらは招待側になるので他の出席者の方達の失礼にならないように、ネクタイは白色が無難です。


無難な色であって、絶対に白いしかダメというわけではありません。

¥5,000

結婚式で親族がするネクタイは白い以外でも大丈夫!

結論から言いますと、結婚式で親族がするネクタイは白以外でも大丈夫です。


ただし、他の色だったらどれでも良いというわけではありません。


友達や知り合いの結婚式よりも、親族の場合は服装のマナーには気を遣うことが大切です。


身内や周りの方達に不快感を与えない色を使わないといけません。


ですので、白色以外ですとシルバー・ゴールドなどのネクタイが良いでしょう。


あまりおすすめはしませんが、親族が若い男性で結婚式の場所がカジュアルな雰囲気でも大丈夫そうなら、淡いピンク色や淡い青色などのパステルカラーのネクタイもありです。


色が派手すぎたり、主張が強すぎないものを注意して選ぶ必要があります。

¥3,760
¥6,380

結婚式で親族がするネクタイのOKな素材について

結婚式で親族がするネクタイとして、色別に素材にも気を配ると特別感をだせたり、オシャレな雰囲気を演出できます。


例えば、光沢感があるシルク素材のものは、上品さや華やかさをだすことができるのでおすすめです。


ネクタイは、シルク素材他にも色々な素材があります。


ニット地、麻、コットンなどの素材でも、結婚式で親族がするネクタイとしてOKだと言われていますが、同意TPOに相応しいとは限りませんので、状況に応じてつけることが大切です。


結婚式に参列する人は、ネクタイのマナーとして色に拘る人が多く、素材まで気を遣う人は割合的にはそこまで多くはないでしょう。


ウエディング会場では、あくまでも新郎新婦が主役になりますから、ゲストありが目立ちすぎるのは良くありません。


できるだけ目立たないように、個性的な服装にならないように注意し過ぎることが減り、気がついたら周りの出席者と同じような雰囲気になっている場合もあります。


もう一歩踏み込んだオシャレとして、ネクタイの素材まで気を配ると周りと被らずに差をつけることも可能です。


派手過ぎになりず、主張が強すぎないように服装を整えるのは難しいことではありますが、周りと差をつけたかったり、被りたくない人はネクタイの色だけではなく素材にも気を配ると良いでしょう。

結婚式で親族がするネクタイのOKな柄について

ネクタイ1つにしても、色だけではなく結び方や素材など色々な工夫ができることをご理解いただけたのではないでしょうか。


そして、柄などデザインにも気を配ることも重要です。


例えば、結婚式で親族がするネクタイの柄ですとドット柄、ストライプ柄が無難で着用していてもおかしくはありません。


ストライプ柄は、ビジネスイメージが強い柄とも言えるので、選ぶ際は同時に同じ色で光沢感がある素材のネクタイを選ぶとビジネス色が緩和されます。


ドット柄は、ドットの箇所が大きくなればなるほど、カジュアルな印象が強くなってしまいます。


お伝えしたように、親族の結婚式は友達や知り合いが挙式する時よりも、服装のマナーはよりしっかりとしなければなりません。


なので、カジュアルな雰囲気をだしすぎると結婚式に参列した周りの方たちや親族に、失礼になってしまう恐れがあるので注意が必要です。


親族の人が、ネクタイのドット柄をつける時は、遠くからは無地に見えた方が良いでしょう。


ドット柄があまり大きい目ではなく、さりげない感じがだせるものを選んだ方が無難です。


身内の結婚式は、昔から知っている仲ということで合いになってしまい、服装のマナーに関しても寛容になってしまう人もいるのではないでしょうか。


親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、例え普段から仲が良く顔を合わせる機会が多い親族に対してもカジュアルな雰囲気を出しすぎないように注意しましょう。

結婚式で親族がするネクタイにネクタイピンは必要?

ネクタイについて、結婚式で親族がする時のマナーや注意点をお伝えしてきましたが、ネクタイピンも気になる人はいるのではないでしょうか。


ネクタイピンは、本来、ネクタイを固定させる役割、ネクタイを引き付けるアクセントになる装飾品として使われています。


結婚式で、親族だから必ずネクタイピンをつけなければダメということはないです。


親族に限らず、結婚式に出席する新郎新婦やゲストの方たちも、ネクタイにつけるべき物という認識は今のところされていません。


ネクタイピンをつけることで、誠実感やオシャレさをより引き出すことにつながるので、必要なことでもないがオシャレ度を高めることができます。


結婚式で親族がするネクタイにネクタイピンは、シルバー系のシンプルなものが良いでしょう。


そして、ネクタイピンまで気を配っている参列者もなかなか少ないです。


周りの出席者と服装の雰囲気が似たような感じにならないようにや、さりげないオシャレさや個性を主張したい方は、結婚式につけてみても良いでしょう。


お祝いの席で、初めましての方も多いので、第一印象が大切になります。


好印象を相手に与えるためのファッション小物アイテムとして、ネクタイピンを活用するのも良いですね。

結婚式で親族がするネクタイのまとめ

結婚式では、新郎新婦やゲストの方達に対して失礼にならない服装をすることが大切です。


具体的には、親族ですが結婚式では白いネクタイを着用するのが難なく、最近の若い人は白い以外のカラーをつける人も増えてきています。


結婚式で親族がするネクタイは、白い以外でも大丈夫とされていても、他の色ですとマナー違反になる恐れもあるので失敗したくない方は、基本的に誠実な服装をした方が良いです。


ネクタイの色に気を配ることはもちろんのこと、素材や柄・デザインなどにも拘れば周りと服装の雰囲気が被りにくくなります。

ブログ作成者

石澤大


「商品の本当の良さは作り手の熱い思いと考え方。

それを引き、伝えるだけ。」


- 略歴 -

1979年福島県生。

同志社大学心理学専攻卒。

大阪デザイナー専門学校プロダクトデザイン科卒。

プロダクトデザイン事務所、

アパレルメーカーを経て「DESIGN=」設立。

人の心を何よりも大切にする

ブランド戦略のトータルプロデューサー。

楽天市場1位受賞商品30以上創出。

人気商品
¥8,580
¥8,250
¥4,200
¥5,000
¥6,380
¥1,528
¥1,650

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません

配送オプション