長持ちするベルトはあるの?少しでも長く使うために選ぶべきベルト5選

長持ちするベルトはあるの?少しでも長く使うために選ぶべきベルト5選

ベルトは消耗品です。使用し続けていると金具が壊れたり金具自体が外れやすくなります。
ズボンベルトを着用している時は、常に引っ張る力が加わっているので、ベルトが切れたりする恐れもあります。
普段使いしているビジネスマンほど、できればベルトの寿命を長持ちさせたいですよね。
今回は、長持ちするズボンベルトはあるのかや、少しでも長く使うために選ぶべきベルトなどをご紹介していきます。

【強防水皮革】最強ベルト
https://store.styleequal.com/products/th-ta-1-2
1.ベルトの寿命はそもそも何年?

ズボンベルトは、毎日同じものを着用していると加速度的に耐久性が短くなっていきます。
ウエスト周りに巻くので、常に引っ張られていますし、夏場の使用ではベルトが汗を吸ってしまいます。
そうしたことの積み重ねで、徐々に寿命が削られていきます。

ベルトの寿命は、人によって使用頻度が違うので同じではありませんが、
目安としてはだいたい6ヶ月位でベルト穴が広がってきたりバックルが破損することが多いようです。

ズボンベルトは平均的に数年間くらいの寿命があるのですが、
ベルト一本の寿命を伸ばすためには、同じものを使用し続けるのではなく複数本のベルトを交互に使い分けることが大切です。

予備のズボンベルトを持っておけば、いざ普段使いのベルトが切れたり壊れたりしても付け替えることができるので安心感もあります。
また、ベルトも革製品なので、安価なものや高価なハイブランドのものでも、ベルトの寿命に極端に影響を及ぼすのかと言えばそうでありません。
素材により違いはありますが、値段が高くても、あまり長持ちしないケースもあります。
こまめに掃除やメンテナンスをしていくことがベルトの寿命を長くするコツになります。

2.ベルトを長持ちさせるためにやるべきこと

ベルトを長持ちさせる為には、こまめに掃除やメンテナンスをすることは基本ですが、その他にも注意点があります。
寿命を伸ばすためにはマメさが必要になりますが、毎日のようにお手入れをする必要はありません。
自分がズボンベルトを着用した後に、すぐに以下のような対処法を実践していけば極端に耐久性が落ちることはないでしょう。
ほんの数分のメンテナンスや掃除で、ズボンベルトを長持ちさせることができるので大きな労力もかかりません。

ズボンから外して保管

一番いけないのは、ズボンベルトをズボンに通したまま自宅のタンスやクローゼットにしまったままにすることです。
疲れて帰宅すると、ヘトヘトでベルトを外すのも面倒な時がありますよね。
そのまま放置してしまうと、ベルトに癖がついてしまったり汗が染み込んでカビが発生する原因になります。
面倒臭がらずにズボンベルトはズボンから外して保管しておくことが大事です。
できれば、ベルトを外してハンガーに掛けておくと癖もつかずにカビの発生も抑えることができます。

風通しのいい場所で保管

ズボンベルトは、洗濯機では洗えませんが自分で手洗いをすることはできます。
洗った後に、そのまま放置しておくとカビができる原因になるのでタオル等で残った水分を吸収させて風通しのいい場所で保管しましょう。
直接、日光に当てるのではなく風通しのいい場所で陰干ししてください。

太陽に当てると、ズボンベルトが乾く時間は短くなりますが後々、ベルトのひび割れや色落ちなどの原因になります。
そうなると、ベルトの耐久性も著しく低下してしまうので注意しなければいけません。

時間はかかりますが陰干しでも、十分、水分を蒸発させることは可能です。
しっかりと乾燥できたらズボンベルトの全体に防水スプレーをかけておくことでさらに寿命が短くなりにくくなります。

汚れたらすぐにふきとる

ズボンベルトは、毎日のように着用している人でもあまり使わない人でも時間が経つにつれてほこりや汚れが蓄積していきます。
また、汗をかく夏の季節はズボンベルトに汗が吸収してしまうので、手入れを怠るとカビが発生しやすくなります。

基本的に、ズボンベルトは汚れていると認識したらすぐにふきとるようにしましょう。
掃除やメンテナンスの頻度は、ワンシーズンに一度くらいが目安となっています。
ズボンベルトの汚れやホコリは、拭き取る前にブラシでこそいでみて頑固な汚れでしたらタオル等を水に濡らして固く絞って拭き取りましょう。
ズボンベルトによっては、中性洗剤を使用すると色落ちや型崩れの原因になる恐れがあるので洗剤を使用する時はきちんと取り扱い説明書を読んでからされてください。

適度に水拭きする

ズボンベルトは、使用し続けていると目に見えなくてもホコリや汚れが蓄積していくので、定期的に適度に水拭きすることが大切です。
ただし、本革の素材は水分に弱いので普段からあまり水分をつけないようにすることが肝心です。

まずは、乾いたタオル等で乾拭きしたうえで、水拭きするようにしましょう。
ベルトに水分が残ったまま放置してしまうと、カビが発生する恐れがあるのでズボンベルトの中の湿気がしっかりと除去されるまで風通しのいい場所で陰干ししておくことがベストです。

ズボンベルトは、毎日のように水拭きする必要はありません。 本来は、水分は大敵ですから月に数回など水拭きするルーティーンを決めておくとベルトの寿命が長持ちしやすくなるでしょう。

2本以上のベルトを交互に使う

ビジネスマンのように、毎日、スーツとズボンベルトを着用する人ほど寿命が少なくなりがちなので、できれば2本以上のベルトを購入して交互に使うことで一本あたりのベルトの耐久性を伸ばすことができます。
また、数本、ズボンベルトを持っておけば、その日の服装のコーディネートに合わせやすくなる為、オシャレを楽しめる他にベルトも清潔に保つことができます。

ベルトの留める穴の位置を、少し緩めにするとお腹周りにかかる力が軽減されるので、それだけでもズボンベルトの耐久性も伸びるでしょう。
安価なものと高価なハイブランドのものとでも、ベルトの寿命はあまり違いはないのでご自身の予算に合わせて2本以上のベルトを購入してみましょう。
あまり安いズボンベルトを買ってしまうと、スーツにベルトの塗料が付着したり色落ちが目立つことがあるので、予備の一本は少しだけ高い物を買ったりすることをおすすめします。

3.長持ちするおすすめベルト
1.【強防水皮革】最強ベルト
https://store.styleequal.com/products/th-ta-1-2
2.働く人のためのビジネスベルト
https://store.styleequal.com/products/th-chbelt5
3.国産にこだわるベルト
https://store.styleequal.com/products/th-allj-01-02
4.サスペンダーのご提案
  • ・今のズボンが少し大きく、ベルトをつけるとウエストにシワができる
  • ・座った時にお腹がすれて違和感がある
  • ・大きさが微妙で調整がめんどくさい

日常的にベルトを利用するあなた。このような悩みをお持ちではないでしょうか。
そんなあなたにお勧めなのが、「サスペンダー」です。

「サスペンダー」といえば子供が使っている、少しポップなイメージがあるかもしれません。
スタイルイコールが取り扱うサスペンダーは

  • ・美しいシルエットを作り出す
  • ・肩が凝らない
  • ・横2点どめでジャケット時は見えない
  • ・長さ調整が簡単
  • ・背中の可動式レザーでフィット感が神

まるで社長気分なサスペンダーぜひご検討ください。

コメントを残す

コメントは公開する前に承認する必要があることに注意してください

お友達登録はこちらをクリック

;" data-enable="" data-cookie-name="popup-1-popups" >

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません