結婚式でスーツに合わせるネクタイの色とは?ハズさない季節別のおすすめカラーを紹介

公開日2022/11/8

結婚式に出席するゲストの定番のスーツと言えば、ブラックスーツですよね。


最近では、若者を中心に多くのブラックスーツが定番ではなく、ブラック以外のものを着用する人が増えてきました。


また、スーツに合わせて、カラーネクタイを締めると言った人も多いです。


黒のスーツ以外にも、色の選択肢があると他のゲストと被る可能性も少なくなるでしょう。


結婚式で、スーツに合わせるネクタイはどんな色があるのか​​や、ダメなネクタイについて理解を深めていると、お祝いの席で恥をかかなくて済みますよね。


今回は、結婚式でスーツに合わせるネクタイの色の基礎知識情報と、マナー違反にならない色やハズさない季節別のおすすめカラーなどについて紹介していきます。


目次

結婚式でスーツに合わせるネクタイの色とは?

人生の中で友人や親族の結婚式に、お呼ばれする機会に恵まれる方は多いですよね。


定番のブラックスーツを着ていくのはやっぱり、スーツに合わせる色のネクタイはどんなものが最適なのか理解していない人もいます。


年配の人は、昔からの慣習として結婚式に出席する時は白色・シルバーなどのネクタイを、着用するのがベストだと知っている人は多いです。


例えば人も知っている人はたくさんいますが、スーツに合った色のネクタイを締めたり、あえて色々なカラーのネクタイをつけている人もいます。


結婚式の場では、新郎新婦がメインになるので一番目立たないといけません。


ですので、ゲストは派手すぎる色や柄のネクタイをつけるのはNGです。


結婚式でスーツに合わせるネクタイの色としては、ブラックスーツであれば白色のシャツにシルバーのネクタイがおすすめです。


ネイビースーツの場合は、ネクタイも同じカラーのものを合わせると良いでしょう。

¥5,000
¥6,380

■結婚式でマナー違反にならないネクタイの色

基本的に、結婚式という神聖なシーンでは、ネクタイの色は白とシルバーが相応しいです。


お伝えしたように、スーツに合わせた別のカラーのものも大丈夫ですが、一番、マナー違反にならないのはやはり白色やシルバーのネクタイです。


日本人にとっておめでたいカラーになります。


特に、親族の結婚式は招待側になりますので、基本的な色のネクタイを締めてくださいのがネクタイのマナーです。


年配者ほど、ネクタイのマナーは基本的に正直になりがちです。


インターネットの利用者が増えてきた現在では、若い人はわからないことがあるとネットで調べて知識を吸収している人が多いので結婚式の場で失敗しないように気をつけている人も多いなってきました。

¥4,200

結婚式でダメなネクタイの色

結婚式に相応しいがネクタイの色を知っておくのも良い、同時にダメな色も理解するとより失敗が少ないのではないでしょうか。


ネクタイのマナーを守った服装の着こなし方を考えても、混乱に至っていると友人や親族の貴重で大切な結婚式の想い出を、台無しにしてしまう恐れもあります。


お祝いのシーンで、恥をかかないためにもダメなネクタイの色を知っておくことは重要です。


昔からの、日本独特の文化により弔事では「黒色」のネクタイを着用はOKですが、結婚式の場ではNGとされています。


欧州や米国などの国では、また考え方が異なる結婚式で黒色のネクタイが認められているのですが、日本ではダメです。


ダメということは、もちろんネクタイのマナー違反になりますし、黒色のネクタイは葬式・お通夜などネガティブなイメージを連想させるからですね。

結婚式のネクタイはパステルカラーがおすすめ

年配の人は、結婚式で白やシルバーのネクタイを着用する方が多く、若い人は明るく華やかな雰囲気でるパステルカラーを選ぶ人もいます。


ただし、結婚式は新郎新婦が主役なので、パステルカラーのもので悪目立ちしてしまう色は避けましょう。


お祝いの席では、「ピンク色・黄色・青」などの派手すぎないカラーのネクタイを着用しても良いです。


友達や知り合いの結婚式で、パステルカラーをつけて オシャレで爽やかな演出をするのは良いですが、くれぐれも派手になりすぎないように気をつけなければいけません。


できれば親族の結婚式の場合は、やはり本質的な色のネクタイを締めたほうが無難です。


新郎新婦は結婚式を行った日付が、そのまま結婚となるわけで派手すぎないしょう記念日をして、2人の門出に華を添えてあげられるように真ん中に。

結婚式でスーツに合わせるネクタイの色で季節別のおすすめカラーを紹介

季節を通して、ウエディングに相応しい時期はありますが、1年間に春・夏・秋・冬と四季が分かれていますから、結婚式までのタイミングは人それぞれに違いますよね。


お呼ばれされるゲストの方も、毎回、同じ時期に招待されるわけでもないでしょう。


結婚式に呼ばれる度に、毎回、同じファッションをして行っても問題ありませんが、できれば季節ごとに着こなし方を変えるのもおすすめです。


結婚式でスーツに合わせるネクタイの色で、季節別のおすすめカラーを紹介していきます。



桜や梅の花が咲き乱れる「春」の季節。


スーツに合わせるネクタイの色は、ピンク色、ラベンダー色などがぴったりです。


柔らかさや華やかさを演出できるカラーですし、ピンク色やラベンダー色は暖かみがあるので春の季節におすすめです。


ピンク色の中でも、白味がかったファジーピンクをチョイスしたり、ラベンダーカラーのネクタイは、白シャツとの組み合わせがとても良いでしょう。



「夏」の季節は、爽やかさや清楚感がでるネクタイの色がおすすめです。


結婚式に参列した方達に、爽やかな印象を残せるように青色や黄色が良いでしょう。


ネイビースーツを着用して、白いシャツとブルーのネクタイを組み合わせたり、周りの人たちから元気があるように見られるネクタイは夏にぴったりです。



暑い夏の季節が去ると「秋」がやってきます。


結婚式でスーツに合わせるネクタイの色で、おすすめなのは茶色やオレンジ色などです。


少し目立ちすぎるかもしれませんが、シャンパンゴールドの色も華やかで素敵な状況そのまま、それに応じてつけてみるのも良いでしょう。


オレンジ色は、暖かみや親しみ感がでやすいので格式が高い結婚式というよりも、結婚式の二次会に締めのもありです。



気温が低くなり地域によっては、雪が降る季節なのが「冬」です。


冬の時期といえば、白色をイメージする人は多いのではないでしょうか。


そのため、白いネクタイをつけたり、グレーがかかりたくすみ感があるスモーキーカラーがおすすめです。


オールシーズン


最後に、四季を問わずに「オールシーズン」におすすめなネクタイの色が白やシルバーです。


白色は清涼感があり見た目の印象も上品で​​、オシャレさも演出してくれます。


シルバーのネクタイは、光沢があるものですとより華やかさをだすことができます。


結婚式の場では、昔から白やシルバーは定番のカラーだと言われ続けていますから、安心して着用することもできますよね。

結婚式でスーツに合わせるネクタイの色のまとめ

昔から、結婚式の参列者が着用するネクタイの無難な色は、白色・シルバーだと言われています。


できれば、ネクタイだけではなくスーツの色に合わせたり、季節ごとにネクタイの色を変えたりすると結婚式がより楽しめるでしょう。


基本的に、ネクタイのマナー違反になるような色は避けて、新郎新婦よりも目立たないようにすることが大切です。

ブログ作成者

石澤大


「商品の本当の良さは作り手の熱い思いと考え方。

それを引き、伝えるだけ。」


- 略歴 -

1979年福島県生。

同志社大学心理学専攻卒。

大阪デザイナー専門学校プロダクトデザイン科卒。

プロダクトデザイン事務所、

アパレルメーカーを経て「DESIGN=」設立。

人の心を何よりも大切にする

ブランド戦略のトータルプロデューサー。

楽天市場1位受賞商品30以上創出。

人気商品
¥8,580
¥8,250
¥4,200
¥5,000
¥6,380
¥1,528
¥1,650

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません

配送オプション