テレワークの現状と今後の展望!深刻な5つの課題と改善策はある?

公開日2022/10/9

現在、10年前と比べて個人が使用しているパソコン、スマホなどIT機器の性能は飛躍的に向上しています。


つまり、時代ですが変化のスピードが速くなっているわけで、最先端の働き方としてテレワークが普及してきています。


日本は、外出自粛要請や緊急事態宣言として発令を繰り返しており、柔軟性がある企業は業績や生産性を低下させないために、一時的な緊急対策テレワークを導入しました。


今まで会社に出社して働いているというワークスタイルが、当たり前ではなくなりつつあります。


とは言え、テレワークという働き方が進んでいくためには、まだまだいくつも課題を抱えているのです。


今回は、テレワークの現状と今後の展望や、5つの課題と改善策などについて紹介していきます。


目次

テレワークの現状

日本では、できるだけ人との接触を極力避けなければいけない状況に置かれており、しばらくは継続しております。


働く人々だけに限らず、国民がソーシャルディスタンスを守ることは全員で行われています。


そのおかげで、日本経済がダメージを受けていますから、回復させるには働き方の見直しが必要になってきますね。


企業は、従業員の安全を守りながら、業績を伸ばせるようにテレワークを導入しているところが増えてきました。


テレワークの導入率は、2012年~2017年の5年間で約1割と横バイでしたが、2018年には2割弱まで上がってきています。


テレワークの現状は、大企業を中心に取り入れつつも現在は3割にも満たないと言われています。


ですので、地域や会社規模などによって調整が始まっているような状況です。

テレワークの今後の展望とは?

企業がまだまだ、3割位のテレワーク導入率しかないという日本のことに、驚きを隠せない人もいるのではないでしょうか。


でも、よく考えて見てください。


まず、多くの会社が新しい働き方に柔軟性を持って、取り組み始めたということ自体が凄いです。


テレワークを導入したら、従業員の安全を本当に守れるのか、仕事の生産性向上に繋がるのかなど信念を持てないまま手探り状態からスタートになります。


そのようなことを考えると、テレワークの現状の普及率が3割という調査結果は立派ではないで。


テレワークの今後の展望としては、「今後も続けるべき」という意見と、「将来的には廃止した方が良いかも」という二極化になる可能性があります。


要するに、日本の全ての企業が導入すれば、従来の働き方よりも生産性が向上したり、従業員が働きやすくなるというわけではないからです。

テレワークの今後の深刻な5つの課題とは?

会社に出社して、オフィスワークや現場で働いているビジネスパーソンの中には、今まさに最先端の働き方である、テレワークをしている人は羨ましいと思う方もいるでしょう。


テレワークには、メリットもたくさんありますが、同時に真剣にもお答えでいます。


そのまま、従業員と企業が署名Win-Winの関係性ばかりというわけでもないですね。


人によって、メリット・デメリットは違いもあるでしょう。


自己管理能力や危機管理能力があまりない人は、テレワークの働き方では1人で黙々と仕事をする機会が増えるので緊張感が無くなりダラケてしまう人もいます。


反対に、孤独に強い人はどんどん成果をあげるようになったりしています。


テレワークの今後の展望として、二極化を次々と企業の導入率が上がっていくためには、色々な問題点をクリアしていないといけません。


テレワークを導入している企業は、以下のように今後の深刻な5つの課題があります。


1.コミュニケーション不足がモチベーション維持に影響


テレワークを導入している企業は、従業員がパソコン作業をすることが多くなりがちです。


そのため、社内で黙々とPCを扱っている同僚に、ちょっと話しかけるといった気軽なコミュニケーションが取りづらくなってしまう恐れがあります。


黙々とパソコン作業をしているので、断りちゃ悪いとか、話すタイミングがなかなか掴めないなどの理由からストレスが溜まり不安になるのですね。


また、在宅ワークをしている人は、孤独に仕事をする環境になりやすいです。


従業員のコミュニケーション不足が、モチベーション維持に影響を与えてしまいます。


2.IT化に対応できる人とできない人が明確に分かれる生産性向上の課題


テレワークを導入する企業は、従業員がスムーズに仕事に取りかかれるように、会社のPCを貸与しているところもあります。


従業員が自分で、テレワークに必要な物を揃えなければいけない会社もあります。


また、柔軟にIT化に対応できる人と、機械音だったりインターネット利用に関してよくわからない人の格差が進んでくるかもしれません。


当面は、IT化に対応できる人は生産性向上に期待ができますが、できない人はむしろ仕事の効率が低下する恐れがあるでしょう。


3.情報セキュリティ対策の課題


企業は、テレワークを推進していくのであれば、同時にセキュリティ対策を万全にする必要があります。


例えば、従業員が第三者が行く飲食店やコワーキングスペースなどを利用して、パソコン作業をすることもあるでしょう。


その際に、会社のデータが入ったUSBメモリーの紛失があったり、PCの情報を盗み見られたりFree Wi-Fiを使用して、パソコン内のデーターが盗まれたり情報をリセットが起きたりする恐れがあります。


4.サイバー攻撃対策の課題


社員は、テレワークの働き方になると、パソコン作業がメインになります。


PCを使って、会社や大変な方達と仕事をするようになるので、インターネット環境が必要です。


インターネットを利用すれば、コンピューターウイルスに攻撃される危険性がありますが、サイバー攻撃に遭う恐れが出てきます。


アクセスをされて、PCに保存してある情報が盗まれ、破壊されたり不正するかもしれませんので被害に遭わないように、しっかりとガードしていくことが大切です。


5.人事評価が曖昧になる危険性


テレワークの環境下では、上司から見えない場所で仕事をしたり、離れているのでお気軽に質問したりフィードバックが難しい場合があります。


上司は、部下の仕事ぶりをチェックしづらくなるので、人事評価が曖昧になる危険性があるでしょう。

テレワークの今後の5つの課題に改善策はある?

お伝えしてきましたように、テレワークには主に5つの課題が選択されています。


問題はまだまだ、それぞれの企業ごとに点はいろいろあるでしょう。


テレワークでの課題の解決、あるいは改善に向けて導入している会社は一生懸命に進めている最中です。


社員ひとりひとりのIT、IT知識を高めていないと、いつまで経っても問題点の解決や改善に向けての取り組みがスムーズにスキルに進まない可能性があります。


テレワークの現状は、世の中の企業の飛躍しか導入実績がありませんが、今後、どんどん普及していくにつれて、それぞれの企業ごとに色々な課題が出てくるはずです。


ただ、過半数の会社がテレワークを取り入れるような時代になれば、Q&Aもたくさん出るようになるのではないでしょうか。


他人が錯綜していると誤認して構築した、改善策、解決策などを参考にして、応用できる場合もあるでしょう。


ですので、テレワークがもっと広くなっていくことが課題をクリアすることの鍵になるかもしれません。

テレワークの現状と今後のまとめ

テレワークの現状は、大企業を中心に3割位しか普及していないと言われています。


世の中の全ての企業が、テレワークの導入に向いているわけではなく、職業や業務内容的に向かないものもあります。


従業員も、IT化に柔軟に対応できる人もいますし、会社側は様々な課題を抱えているのです。


テレワークを導入している企業は、今後もこのまま続けていた方が良いのか、途中で廃止した方が良いのかという意見が二極化していく流れになると見込まれています。

人気商品
最近の記事
お友達登録はこちらをクリック

;" data-enable="" data-cookie-name="popup-1-popups" >

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません