自宅で行うテレワークで最強に快適な勤務環境をつくるには?

公開日2022/10/8

社会人の働き方が多様化してきましたが、テレワークを導入している企業は、できるだけ従業員の意向を尊重する動きが見られます。


例えば、普通に会社に出社している社員が育休・産休を取得することになった場合、一時、病院や自宅で過ごすことになります。


その点、テレワークを導入している企業は、社員は会社以外の場所で仕事ができるので育休・産休中であっても、自宅で仕事をすることが可能です。


生産性を低下させるまで働けるのは、とても良いことですが在宅勤務になると、快適な勤務環境を作ったり、色々と揃える物があります。


今回は、自宅で行うテレワーク環境に必要なものや、作業環境整備と仕事部屋は必要なのかなどについて紹介していきます。


目次

自宅でテレワークはリスクだらけ?

自宅でテレワークを行う環境になると、室内の一部をワークスペースにする必要があります。


今まで、オフィスワークでパソコンを使用したりネット環境、作業スペースを確保していた人は、家でも同じように必要なものを揃えないと、快適に作業ができません。


在宅ワークに移行することで、今まで当たり前にあった仕事環境がなくなったので、どんなものを揃えれば良いのか悩む人もいます。


自宅で行うテレワーク環境に必要なものを紹介していきます。


接続


まず、重要なアイテムはやはり「パソコン」です。


会社からテレワーク専用のノートPCが渡されたり、職場で使っているノートPCを自宅に持ち帰って仕事を行う場合は必要ありませんが、そうでなかったら自分で用意する必要があります。


現在のパソコンには、すでにキーボードが内蔵されていますが、無ければ別で揃えないといけません。


マウス


コンピュータに、ポータルやタッチパッド機能が付いているタイプは、「マウス」の代わりになるので

準備しなくても大丈夫です。


しかし、外付けマウスを使用した方が、加速やクリックのスピードに勝るので操作性は良いです。


マウスは、ネットワークタイプと無線ワイヤレスタイプがあります。


インターネット回線


在宅勤務では、会社に出勤しない時はパソコンを使用して、社内の人たちや取引先とWeb会議をしたり、大容量データを結ぶので、「インターネット回線」を契約して繋ぐ必要があります。


データをスムーズに接続するためには、速度も必要なので高速・定額で、大容量のデータ通信ができる光回線の整備が必要です。


イヤホン、ステレオ


自宅でテレワークをするのであれば、音声環境も整った方が良いです。


デスクトップ型PCは、スピーカー「ステレオ、イヤホン」が無いと音声出力ができないケースがあるので注意が必要です。


ノートPCの場合は、ほとんどスピーカーが内蔵されているのでなくても音声を聞くことはできます。


Web会議や、打ち合わせなどはチャット形式でもできますが、会話ができた方が仕事が捗ります。


マイク


PCによっては、「マイク」が内蔵されているものもありますが無ければ、別で購入したりイヤホン、イヤホンについているタイプがあります。


マイクが無いと、Web会議や打ち合わせなどで、自分の声が相手に続かないので、スムーズに意図を疎通図にするために必要なアイテムです。


ウェブカメラ


最近のノートパソコンには、「ウェブカメラ」が内蔵されているものが多いです。


何年も昔のノートPCや、デスクトップPCによってはWebカメラが無いタイプがあるのでWeb会議や打ち合わせなどで、相手の顔を見ながらテレワークを行いたい場合は揃える必要があります。


イス


自宅で行うテレワークは、基本的に寝て仕事をしますから、身体を痛めたりしないためや健康のために座り心地が良い「イス」が必要です。


代表的なもので言えば、ワイヤレスチェアが身体に心地よく、フィットしやすいタイプが多いのでおすすめです。


デスク


自宅に仕事部屋がある家庭は、「デスク」を設置する場所は多いのではないでしょうか。


テレワークをするために、ワークスペースを新たに作る必要がある場合は、新たにデスクを揃えないといけない人も多いです。


デスクの高さが自分の体型に合っているのかや、十分な広さがあるのか​​ 考えた準備をします。

自宅で行うテレワークの作業環境整備

自宅で行うテレワークに、必要なものを揃える他に、その部屋の空間も整えることで最強に快適な勤務環境が実現できます。


厚生労働省は、在宅ワークについて作業環境整備がいかに大切なのかを伝えています。


窓=きちんと換気ができるように窓がある部屋

  PCのディスプレイに日光が入る時は、窓にブライド・カーテンを設置


部屋=整理整頓された十分な作業スペースがある部屋


照明=テレワークに支障が出ないよう十分な明るさ​​がある照明


室温・=エアコン境界の・暖房・通風などを利用し 室温は17℃~28℃、相対は40%~70%が目安です

最強に快適な自宅勤務環境を整えるためには何が大切?

テレワークを導入している企業で、従業員が自宅での仕事を可能にしている場合は、家でそれぞれが自分の好きなように仕事環境を整えたり整備することができるようになりました。


最強に快適な自宅勤務環境を整えるためには、自分に合ったアイテムを揃えたり環境整備をすることが大切です。


在宅ワークは、これまで以上に情報侵害のリスクが高まるので、セキュリティ対策も万全にしなければいけません。


例えば、パソコンにウイルススキャンソフトを入れたり、パスワードを二重ロック式にしたりなど、テレワークをしている一人一人が気をつけていないといけません。


人間には、誰しもパーソナルスペースを持っていて、その範囲は人によって違いがあります。


自宅でテレワークをしている時に、家族でも自分のパーソナルスペースにいきなり入ってこられると不快感を感じたり、落ち着かなくなったりして仕事に支障がでる恐れもあります。


仕事中は、話さないで欲しいと競争相手にお願いをしておくと、安心してテレワークに集中できるかもしれません。

自宅で行うテレワークに仕事部屋は必要ですか?

厚労省は、自宅でテレワークを行う時の部屋の広さは、設備の割に広大な空間が3㎥が一致しているとしています。


約2畳ほどのスペースが必要というわけです。


しかし、デスクやイスなどを設置します必要なものを揃えると、部屋の広さは約4畳以上が快適にテレワークを行う際にはベストでしょう。


そして、家に家族が居る人は、テレワーク中に家族がだす生活音や会話などが気になる人もいます。


ずっと我慢したまま仕事をしていると、ストレスが溜まってしまい体調不良になってしまったりイライラして家族と喧嘩をしてしまう恐れがあります。


生活音や会話などが気になる人は、仕事部屋があった方が良いでしょう。


自宅で行うテレワーク環境のまとめ

自宅でテレワークを行う時は、快適に仕事ができるように必要なものを揃えたり、作業環境整備をすることが大切です。


そのとき、家族の生活音や会話が気になって、ように仕事が進まなくなる場合もあります。


家族が居る方は、一緒に生活している人の理解を得たり、自分専用の仕事部屋を考えてからテレワークを行うことをおすすめします。

人気商品
最近の記事
お友達登録はこちらをクリック

;" data-enable="" data-cookie-name="popup-1-popups" >

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません