ズボンベルトのサイズの決め方は?正確な測り方やダイエットするなら余裕ある長さが大切

公開日2022/10/31

意外とズボンベルトを、適当に選んでつけている人は多いのではないでしょうか。


昔、購入していて今でも同じ長さのものを、選んだら大丈夫だろうと思ってあまりサイズ・長さを気にしない人もいるはずです。


確かに、ズボンですがウエストで固定できれば問題ない、昔と今では体型が変わったりしてお腹周りが違う人もいます。


太ったり痩せたりで、体型の変化は人間だからこそ誰でも得ます。


定期的に、ズボンベルトのサイズを見直して、ちょうど良いものをつけた方が快適に過ごしやすくなるものです。


今回は、ズボンベルトの一般的なサイズについてと、表記の種類、正確な測り方やダイエットする時の、ベルト長さの注意点などについて紹介していきます。


目次
¥1,810

ズボンベルトの一般的なサイズとは?

ズボンベルトは、高価なものではないので複数本規制している人もいるでしょう。


毎日のように着用する人もいれば、1年に何回かしかつけない人もいるなど、着用頻度は人それぞれです。


あまりつけない人ほど、痩せたり太ったりなど体型の変化で気づいたらベルトのサイズが合わなくなってしまったというケースは多いはずです。


ベルトがきつかったり、緩かったりすると身体にジャストフィットしていないので、モヤモヤしたり、せっかくの着こなしが台無しになってしまう恐れがあります。


ズボンベルトは、毎年のように買い替える人は少ないのではないでしょうか。


そのため、ズボンベルトの一般的なサイズがわからなくて、どの位の長さのものを揃えれば良いのか悩んでしまう人もいるでしょう。


ズボンベルトは、男性用と女性用ではウエスト周りのサイズに違いがあります。


男性用は、86cm~120cm位の長さ、女性用は70cm~85cm位の長さのズボンベルトが一般的です。


細身の男性は、一般的な男性用のものでは長さが余ってしまう場合もあります。


購入先の店舗によっては、ベルトカットも行ってくれるところもあるので、自分に合うサイズのベルトが合わなかったら、店舗に相談してみると良いです。

¥8,580

ズボンベルトのサイズ表記は2種類

ズボンベルトを購入する時は、メンズ用とレディース用を間違えないようにしなければいけません。


レディース用の方が、長さが短めになっていますので男性には最初から合いにくいサイズですので、すぐにわかるはずです。


体型が細身の男性は、もしかしたら間違ってレディース用のズボンベルトを買ってしまう可能性は全く無いとは言い切れませんので注意しましょう。


基本的に、ズボンベルトのサイズ表記は以下の2種類あります。


センチ表記


ズボンベルトのサイズ表記で、「センチ表記」があります。


先程、一般的なベルトのサイズをお伝えしたように86cm~120cm位の長さのものがメンズ用で、70cm~85cmの長さのものがレディース用です。


基本身長170cm以前の方なら、86cm位のサイズが標準です。


インチ表記


もう片方のズボンベルトのサイズ表記が、「インチ表記」です。


1インチ=2.54cmとなります。


インチ表記ですと、ズボンベルト長さは男性用34インチ~47インチが一般的で、女性用長さは29インチ~35インチです。


慣れないうちは、サイズ表記の区別が分かりにくくて、間違った長さのズボンベルトを買ってしまいがちなので購入の際は、店員さんにチェックしてもらうと安心です。

¥8,580
¥2,750

ズボンベルトの正確な測り方

ズボンベルトを買い替える時や、せっかく今持っているベルトをもう一度着用したい時などは、サイズ表記の目安がわからなかったり正確な測り方を知らないと購入に手間取ってしまいやすくなります。


お店の店員さんが、ウエスト周りを測ったり、お客様の体型に合ったズボンを選んでくれることもあるでしょう。


店員さんに聞いて、自分一人で選んで状況になる人もいるはずだから、ご自身でサイズ表記の目安や正確な測り方を知っておくことで失敗する確率を減らせます。


適当にズボンベルトを選んでしまっては、今は良くても後々後悔してしまうかもしれません。


まず、ベルトのサイズ表記の算出方法は、バックルのつけ根部分から中心の穴までの長さを測ります。


例、穴が5つあるズボンベルトのサイズが76cmの場合、バックルのつけ根部分から3つ目のベルトの穴までの長さが76cmになります。


ズボンベルトによっては、バックルのピンの先部分からベルトの穴まで長いさが表記しているタイプもあるので、ブランドやメーカーごとにチェックしてみてください。


今の体型に合ったズボンベルトの自分のサイズを購入したい場合は、使っているベルトの長さを基準にしましょう。


そして、ベルトの中心の穴で着用した際に、ちょうど良い感じであれば同じサイズのものを選択することが大切です。

ズボンベルトのサイズが測れなくてわからない時はジーンズを活用

上記でお伝えした方法で、正しいサイズが測れなくてもまだ別のやり方があります。


それは、「ジーンズ」を活用することです。


ジーンズのインチサイズ、ウエストのサイズを参考にすることでズボンベルトの長さを導き出すことができます。


ズボンベルトの長さは、製品寸法の上にベルトを巻いて使用することになります。


製品寸法を基準にして、ズボンベルトの長さを導き出してみてください。


例えば、ジーンズのサイズが28インチのものであれば、製品寸法の74cm以上が目安です。


28インチは、センチ表記にすると71cmのことです。


あまり、ズボンベルトのサイズの目安がわかりにくい場合は、自分のウエスト周りの+5cm~10cm位の長さのものを選択すると良いでしょう。

ズボンベルトのサイズはダイエットするなら長さに余裕をもたせよう

オールシーズン、ズボンベルトを着用したいですが1年間のうちに、痩せたり太ったりなど体型の変化が激しい人もいるでしょう。


そのような人は、いつでもズボンベルトを購入すれば良いのか悩んでしまいがちです。


体型がコロコロ変わるということは、同時にズボンベルトのサイズも変化してしまいますよね。


ですので、ズボンベルトのサイズの目安がなくなるのも無理はありません。


1年間のうちに、太ったり痩せたりなどの体型の変化が激しい方は、ダイエット後の体型を理想にすると選びやすくなります。


ダイエットは、数日で達成できるものではありませんから、長期的な目標になります。


痩せてウエストが絞れた時の自分の姿を考えて、現状のズボンベルトのサイズよりも下のものを選ぶと良いでしょう。


いつの日か、このベルトが自分にぴったり合うように頑張って、体重を減らしてウエスト周りをスッキリさせようというやる気アップにも繋がります。


ダイエットをする十分な努力にもなるので、何も目標が無いよりかは続きやすくもなります。


ただ、応募もサイズダウンしすぎると、ダイエットが辛くて続かなくなる恐れもあるので、そこまで無理しすぎることがなく気持ちに余裕がある範囲にした方が良いです。

ズボンベルトのサイズの測り方のまとめ

ズボンベルトは、インチ表記・センチ表記の2種類のサイズ表記があります。


バックルのつけ根の箇所から、ベルトの真ん中の穴までの長さを測るのがサイズ表記の測り方です。


ズボンベルトを購入する際は、サイズのインチ表記・センチ表記やレディース用・メンズ用のものを間違えないように注意しましょう。

ブログ作成者

石澤大


「商品の本当の良さは作り手の熱い思いと考え方。

それを引き、伝えるだけ。」


- 略歴 -

1979年福島県生。

同志社大学心理学専攻卒。

大阪デザイナー専門学校プロダクトデザイン科卒。

プロダクトデザイン事務所、

アパレルメーカーを経て「DESIGN=」設立。

人の心を何よりも大切にする

ブランド戦略のトータルプロデューサー。

楽天市場1位受賞商品30以上創出。

人気商品
¥1,810
¥8,580
¥2,750
¥3,190
¥4,180

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません

配送オプション