ビジネスマナーとは? 意味 ・目的を解説! 日本と海外の違いについて

公開日2022/12/3

社会人になると、仕事をするうえでさまざまな人との関わりがありますよね。


企業の業績を上げるために頑張って働くのは当たり前のことですが、ビジネスマナーを重視しているところは多いです。


学生時代にはあまり重視されませんから、ギャップを感じている人も多いのではないでしょうか。


ビジネスマナーは、ビジネスでの対人関係において必要不可欠なものなので、知っておかなければいけません。


今回は、ビジネスマナーとは何なのか基礎知識情報や、種類・意味・目的についてと日本と海外の違いなどについて紹介していきます。


目次

ビジネスマナーとは?

ビジネスマナーとは、社会人が会社で仕事をする際に必要なマナーの総称のことです。


社内の人たちや、社外のビジネスパーソンに対して不快な気分にさせない、マナー違反をしないようにしながら相手にする思いやりの心が必要です。


社会人になり、会社に所属して仕事をする以上、ビジネスマナーを無視して働くことには無理があります。


日本人は、仕事に真面目で礼儀正しい人が多いので、多くの人はマナーや秩序を気にするものです。


仕事いくらでもビジネスパーソンでも、マナー違反したり気遣いができない方は仕事で関わる人を敵に回している可能性もあります。


いつも他者を思いやる気持ちを持っているビジネスパーソンは、多くの人に好かれやすい傾向がありますが、自分さえ良ければいいという人や、思いやりのない精神の人は相手に迷惑をかけてしまいがちです。

オンラインでのビジネスマナーとは?

ひと昔は、社会人になって働く人は会社に出社して仕事をするのが一般的な働き方でした。


IT化が進んだ現在は、インターネットを使ってネット環境が構築できるPCやデバイスがあれば、会社に出勤しなくてもオンラインで業務ができる時代です。


オンラインで仕事の商談を進める企業が増えてきました。


オンラインでのビジネスマナーも存在します。


例えば、Web会議ではカメラをオンにして始める、自宅の場合は背景に私物が映らないようにするなどです。


他にもオンライン化で色々なマナーがあるので、会社によって何を重視するのかは違いがあります。

ビジネスマナーの種類

ビジネスマナーには、以下のような種類があります。


挨拶


ビジネスの場では、第一印象が大切ですから挨拶をしっかりと行うことが大切です。


できれば笑顔で挨拶をしてくれた方が、この人は雰囲気が良いと思ってもらいやすくなります。


私生活や仕事で嫌なことがあった時に、笑顔で他人と接するのは辛かったり難しいかもしれません。


しかし、真顔で挨拶をする人と、笑顔で挨拶をする人ではどちらが好印象を与えやすいかというと、すぐわかりますよね。


ですので、ビジネスマナーとして挨拶をする時は表情を笑顔にすることが大切です。


電話対応


電話対応の時は、お互いに顔が見えないので表情や態度などはわからず、声だけしか伝わりません。


相手の顔が見えないからこそ、特に気を遣う必要があります。


こちらから電話をかけた時は、相手の気持ちや状況を声から察して会話をすることが大切です。


服装


良好な対人関係を構築するためには、仕事で成果を上げるとともに自分の身だしなみを整えて清潔感を出すことが大切です。


社外のビジネスパーソンとの大事な商談や契約の場面で、傷んだり汚れているスーツを着ている営業マンですと、ダラしない印象を受けてしまいます。


ビジネスマナーとしての服装はオシャレさを気にしたり、ファッションセンスの良し悪しは関係ありません。


傷み、シワや汚れが無い服装を着用します。


メイク


女性のビジネスパーソンの場合、身だしなみや服装のビジネスマナーは男性と比べて注意点が多い傾向があります。


会社には、すっぴんで出社するのはご法度でメイクをして行く必要があるところは多いです。


席順


会社に出社して仕事をしているビジネスパーソンは、作業する場所は色々あるところがほとんどでしょう。


応接室、会議室、休憩室などに移動して、作業を行ったり休憩したりするビジネスパーソンは多いはずです。


企業に所属する従業員には、様々な役職がありますから例として応接室、会議室、休憩部屋などに社内の人たちが集まった時に誰がどこの席に座るのかを、立場が上にの方はこちらなど席順が決まっているところもあります。


席次


会社の人たちで集まるパーティーや結婚式などでも、ビジネスマナーとして上座・下座など席順があるとこは多いです。


結婚式やパーティーイベントなどの時は、席順のことを一般的に席次と呼ばれています。


目の上の人や立場が上の人などには、上座に座るようにしていただき、案内人は下座に座るという感じです。


電子メール


電子メールにもビジネスマナーはあります。


相手に用件を丁寧に伝わるように配慮したり、誤字脱字に気をつけて読みやすいように改行するなど客観的に文章を見られるようにしなければいけません。


名刺交換


ビジネスパーソンが持つ名刺は、自分のプロフィールや勤務先の会社名、連絡先などの情報が記載されている大切​​なツールです。


ホワイトカラーの仕事をしている人や、営業職をしている人は名刺を所持している人が多いです。


ビジネスマナーとして、名刺交換の時は受け取り方や渡し方、人数によって対応の仕方など細かい決まりごとがあります。


言葉遣い


社内や社外のビジネスパーソンと、良好なコミュニケーションをするにはビジネスマナーとして言葉遣いも重要です。


敬語を正しく使うことで、誰とでも丁寧な会話ができます。


敬語には、尊敬語・丁寧語・謙譲語などがあるので、ビジネスの状況に合わせて使い分けをしていく必要があります。


報告・連絡・相談


ビジネスでは、コミュニケーション力が重要です。


若者の間では、コミュ力という言葉が一般的になっているのではないでしょうか。


仕事でのトラブルやヒューマンエラーを、できるだけ防ぐためにはビジネスマナーで報告・連絡・相談が大切です。


来客対応


勤め先の会社に、社外の取引先の方やお客様が来ることもありますよね。


来客時は、対応してくれた方の接し方でその会社のイメージを固めることもあるので、一人ひとりが会社の看板を背負っているという認識を持ちながら来客対応することが大切です。

マナーの意味・目的を解説 ビジネス ビジネス

マナーを重要視する企業には、対人関係の良好なビジネス構築、仕事に関わる取引先、顧客の満足度を高める、自社のイメージアップなどの目的があります。


ルールや規則とはまた違うもので、相手への思いやりの心を持つことがビジネスマナーには必要です。


ビジネスマナーは、仕事を円滑に進めるための礼儀作法でビジネスを進めていくビジネスパーソンに対して、思いやりのある精神を持つという意味があります。

ビジネスマナーで日本と海外の違いとは?

関あ中の国々でも、仕事で日本と同じ様にビジネスマナーは取り入れられています。


ところが、日本では当たり前のビジネスマナーでも海外から見たら意味が分からなかったり、不思議に思う礼儀作法があるのです。


ビジネスマナーで、日本と外国の大きな違いに名刺交換のマナーがあります。


日本では、ビジネスパーソンとの打ち合わせや商談に入る前に、名刺交換を行いますが欧米はまず握手から始まるのが一般的なだと言われています。

まとめ

ビジネスマナーとは、社会人が企業で働く際に身につける必要がある礼儀作法です。


仕事ができる人は、総じてビジネスマナーを心得ているものです。


成果で上げるだけでは、一流のビジネスパーソンとはなりません。


反対に対して、失礼のない言葉遣い、きちんとした挨拶、服装や身だしなみを整えることなども、ビジネスマナーですし色々な種類があります。

ブログ作成者

石澤大


「商品の本当の良さは作り手の熱い思いと考え方。

それを引き、伝えるだけ。」


- 略歴 -

1979年福島県生。

同志社大学心理学専攻卒。

大阪デザイナー専門学校プロダクトデザイン科卒。

プロダクトデザイン事務所、

アパレルメーカーを経て「DESIGN=」設立。

人の心を何よりも大切にする

ブランド戦略のトータルプロデューサー。

楽天市場1位受賞商品30以上創出。

人気商品
Sale Off
【京都シルク100%】純日本製ポケットチーフ|カラー18色|伝統の高級素材
¥1,320
Sale Off
【名入れ可能|11色】本革名刺入れ|大容量でチャンスを逃さない
¥2,980
Sale Off
【本革】55枚収納名刺入れ|名刺をはさむ専用ポケット付|心を掴む名刺入れ
¥3,980
Sale Off
【本革|日本製】国産にこだわるベルト|カラー5色|糸の製造まで徹底的に
¥8,580
Sale Off
【本革|カラー9色】BOX型コインケース|手のひらサイズで「接近戦に強い。」
¥2,480
Sale Off
【京都シルク100%】日本製ポケットチーフ|全20柄|スーツを彩るポケットチーフ
¥4,180
Sale Off
【国産本革】革小物専門店の名刺入れ|使うほど手になじむ|ずっと、そばにおいて欲しい
¥6,980

ギフトにおすすめ

大切な日に届けたい

ギフトにおすすめの商品を出品しました。

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません

配送オプション