マナーと研修の必要性をメリデメ比較で判断!大切な7つのビジネスマナーとは?

公開日2022/11/30

世の中の多くの企業で、新入社員が入社した時や定期的にビジネスマナーの研修をしています。


新卒採用された人は、会社での仕事のほかに礼儀作法も覚える必要があるのか​​と、面倒くさく感じたり不安に思っている人もいるのではないでしょうか。


ビジネスマナーは、社会人として相応しい対応を身につけるためには必要です。


オンライン業務では、あまり活用機会がないかもしれませんが、会社に出社して営業職をしている人は特に重要なことです。


今回は、ビジネスマナーと研修の必要性をメリデメ比較で判断や、仕事で大切な7つのポイントなどについて紹介していきます。


目次

ビジネスマナーの必要性

あまりビジネスマナーの必要性がピンとこない人は、車の運転に必要なマナーをイメージしていただくとわかりやすいです。


車を運転する場合、免許の取得が必要です。


免許を取得するまでには、試験の合格はもちろん運転マナーも学びますよね。


マナー運転を理解しておかなければ、路上でマナーが悪い人たちが運転するようになりますから、そのような運転者と遭遇したら事故に巻き込まれる可能性を把握しますし不快な気分になるはずです。


マナーは、相手を思いやる気持ちをもつこととも言えるでしょう。


マナーも同じ様に、仕事を通して相手を思いやる気持ちをもつビジネスが必要です。


マナーが守れない人ばかりですと仕事での人間関係や信頼関係の構築が上手くいかなくなったり不安な気分になる人が増えてしまいます。


マナーの必要性を理解している人が増えれば、仕事でビジネス関係や信頼関係に至るまで人間が続かなくなりますし、自分さえ良ければという精神をもつ人も増えにくくなります。

ビジネスマナーで研修の必要性

仕事を動かしているのは人ですから、相手を思いやる心をもつことは大切になってきます。


社会人として、初めて企業で働く人は入社の際にビジネスマナー研修を受けることが多いでしょう。


研修では、仕事に関わる人々に不愉快な思いをさせず、良好な人間関係や信頼関係を構築していくための礼儀作法や言動、態度、行動などの習得を目指します。


働きだして間もない頃は、研修であまりビジネスマナーの必要性を感じない人もいるかもしれません。


人生のうち、仕事をする時間が大半を占めています。


今は参考にしたくないと思っていても長い仕事人生の間で、きっと必要性を感じる人が多いはずです


¥1,810

ビジネスマナーのメリット

社会人として、正しいビジネスマナーを理解し実践すれば、仕事に関わるビジネスパーソンを不快にさせず立ち居振る舞いができるようになります。


そして、「気持ちに余裕が生まれる・評価が上がる・ミスやトラブルが減る・自信に繋がる」など、ポジティブなメリットがたくさんあります。


他人を思いやる気持ちで行動でき、相手から好印象をもってもらえば簡単になるはずです。


働いている人が、どんなに仕事の成果を上げてもマナーを疎かにしていると、一流のビジネスパーソンとは呼べません。


仕事ができるビジネスパーソンほど、ビジネスマナーの必要性を理解していて身体に染み付いているものです。

ビジネスマナーのデメリット

マナーは身につけると、社会人として相応しい立ち居振る舞いがビジネスできるようになりますが、一朝一夕で習得できるようなものではありません。


頭で理解するのは簡単にできますが、身体で覚えて適切な行動ができるようになるまで時間を要します大変です。


マナーの厳しさとして習得するまでの窮屈さ、面倒くささを感じてしまう恐れがあります。


人によっては、パワハラやモラハラだと感じたり、研修の時点で仕事をするのが嫌になってしまうこともあるでしょう。

ビジネスマナーで大切な7つのポイント

マナーで、大切な7つのポイントをお伝えしていきます。


マナーについて気づきを得たらメモする


ビジネスマナーを学んでいても、いつか頭だけで覚えようとして実は忘れてしまいます。


人間の脳は、短期記憶・長期記憶と言って覚えた事柄を忘れずに記憶しておく期間が分かれます。


重要な事柄が短期記憶になっていたら、短い時間で忘れていくので長期記憶をさせるためには、覚えたことを何度も復習したり見返すことが大切です。


ビジネスマナーを学ぶ際に、自分にとって必要性があると感じたことはメモをして復習して忘れないようにしましょう。


ビジネスマナーを無意識で行動できるようにする


ビジネスで関わるビジネスパーソンは、皆さん忙しい方が多いので出会った瞬間の時間を大切にしなければいけません。


ビジネスパーソンとすれ違う時に、適切なビジネスマナーを実践できれば良いが、こういう時はどんなマナーが相応しいのかなと考えてしまうのは危険です。


その間に時間が通り過ぎてしまい、相手を不愉快な気持ちにさせてしまう恐れがありますから、ビジネスマナーを無意識で行動できるようにした方が誤解をさせにくくなります。


場所や相手によってその都度相応しい言葉遣いに変える


場所や相手によって、その都度相応しい言葉遣いに変えるというのも大切です。


例えば、同僚であれば挨拶は会釈程度で、尊敬語を意識する人は少ないのではないでしょうか。


社外の人と会った時にも同じような感じで接してしまうと、相手に不快に思われてしまいますから、より丁寧な言葉遣いでお辞儀をすることが必要です。


挨拶は先に自分からする


挨拶をしない人、挨拶をされても返事をしない人の第一印象は悪くなってしまいがちです。


仕事ができるビジネスパーソンほど、ビジネスマナーの必要性を感じていて、相手と出会った時の第一印象が肝心ということを理解しています。


できれば、挨拶は先に自分からすると行動力がある人だなとか、話しやすい人だなとかポジティブな印象を受けてきたらすぐになるでしょう。


ビジネスマナーを学ぶ期間とテーマを決めて取り組む


マナーの種類は、たくさんあるので一度に全て学ぼうと思ってもビジネスビジネスは覚えきれません。


人それぞれに働き方が違いますから、ビジネスで必要なビジネスマナーの重要度も違ってくるものです。


ですので、学ぶビジネスマナーのテーマの優先順位を決めて、どの位の期間がかかるのかを把握して取り組むことが大切です。


報告・連絡・相談の必要性を理解して実践する


社会人になって、会社の仕事でミスやトラブルなどを起こす確率を減らすためには、報告・連絡・相談の必要性を理解して実践することが大切です。


人間、ロボットのように常に完璧に作業できるわけではありません。


誰でもミスをしたりトラブルに見舞われるなど、ヒューマンエラーが起きてしまう可能性があります。


仕事で失敗しても、報告・連絡・相談などをきちんとしていれば、真面目な人柄だということを会社側からはわかります。


会社の先輩や上司からフィードバックをもらう環境をつくる


先勤務の会社の先輩や上司も、同じようにビジネスマナーを学んでいる人が多いでしょう。


勤続年数が長い先輩や上司ほど、ビジネス経験が豊富なので仕事の中でビジネスマナーとして、おかしいと感じる点が無いか見てもらうのも良いですね。


月に1度、改善した方が良いビジネスマナーを教えてくださいと、時間を作ってくれるようにお願いをして、フィードバックをもらう環境をつくるのも大切なポイントです。

まとめ

昔に比べて、社会人の働き方は多様化してきましたが、働く現場のビジネスマナーは変わらず大切だとされています。


研修で学ぶだけではなく、社会人であればずっと意識していくことが重要です。


マナーは、社会人として対人関係や信頼関係の構築に必要なものですので、しっかりと頭で理解して身につけることが大切です。

ブログ作成者

石澤大


「商品の本当の良さは作り手の熱い思いと考え方。

それを引き、伝えるだけ。」


- 略歴 -

1979年福島県生。

同志社大学心理学専攻卒。

大阪デザイナー専門学校プロダクトデザイン科卒。

プロダクトデザイン事務所、

アパレルメーカーを経て「DESIGN=」設立。

人の心を何よりも大切にする

ブランド戦略のトータルプロデューサー。

楽天市場1位受賞商品30以上創出。

人気商品
Sale Off
【京都シルク100%】純日本製ポケットチーフ|カラー18色|伝統の高級素材
¥1,320
Sale Off
【名入れ可能|11色】本革名刺入れ|大容量でチャンスを逃さない
¥2,980
Sale Off
【本革】55枚収納名刺入れ|名刺をはさむ専用ポケット付|心を掴む名刺入れ
¥3,980
Sale Off
【本革|日本製】国産にこだわるベルト|カラー5色|糸の製造まで徹底的に
¥8,580
Sale Off
【本革|カラー9色】BOX型コインケース|手のひらサイズで「接近戦に強い。」
¥2,480
Sale Off
【京都シルク100%】日本製ポケットチーフ|全20柄|スーツを彩るポケットチーフ
¥4,180
Sale Off
【国産本革】革小物専門店の名刺入れ|使うほど手になじむ|ずっと、そばにおいて欲しい
¥6,980

ギフトにおすすめ

大切な日に届けたい

ギフトにおすすめの商品を出品しました。

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません

配送オプション