ビジネスシーンに相応しいベルトの選び方と5つのポイント!スーツベルトのNGなことは?

公開日2022/10/29

ズボンベルトは、ズボンを固定させるという機能性だけではなく、外見を整えて見栄えを良くしてくれるファッションアイテムです。


ビジネスの場面では、あまり派手なデザインや色のものはビジネスマナー的にNGです。


シンプルで使いやすいベルトを選ぶことが大切ですから、オシャレ度を高める必要は別にありません。


さりげないオシャレさを演出するだけで、大人っぽさが出て魅力を高めることができます。


今回は、ビジネスシーンに相応しいベルトの選び方と、その役割についてと5つのポイントやスーツベルトのNGなことなどについて紹介していきます。


目次
¥1,810

ビジネスシーンに付けるベルトの役割

ズボンベルトは、パンツがズレ落ちないように固定する役割があることは誰でも知っていることです。


ビジネスシーンでは、他にもワイシャツがズボンから出ないようにすることだったり、スーツに合わせて最適なカラーのベルトを身に着けて、さりげなくおしゃれを演出するのも可能です。


スーツスタイルですと、常にワイシャツはズボンの中に入れるのがスタンダードな着こなし方ですよね。


ズボンベルトが無かったら、仕事中に動き回っているとワイシャツが外に出てしまったり、上にズレ上がってブカブカ状態になって身だしなみがだらしなく見えてしまう恐れがあります。


私生活であれば、多少は着崩れしていても別に誰かに迷惑がかかるわけではないので、あまり問題ではないでしょう。


しかし、ビジネスシーンで身だしなみが整っていないと、特に初対面の相手には第一印象で仕事ができなさそうだなとか、雑な作業をされそうなどの判断をされがちですから気をつけなければいけません。


初めましての状況で、人となりを深く理解できるはずないのですから、それは仕方がないことなのです。


ですので、仕事中はベルトループが付いているズボンを履くのであれば、しっかりとベルトを着用して身だしなみを整えることが大切です。

¥8,580

ビジネスシーンで付けるスーツベルトのNGなことは?

ビジネスシーンで付けるベルトの選び方を理解すると同時に、どんなベルトがNGなのかも併せて知っておくことで失敗しにくくなります。


例えば、初対面のお客様や取引先の担当者と初めましての挨拶をする時は、お互いに外見で誠実そうな人なのか不誠実そうな人なのか判断することが多いです。


スーツを着用しているビジネスパーソンは、営業職が多いですから初対面の方と名刺交換する機会も多いのではないでしょうか。


その時に、NGなスーツベルトを着用していると相手に不快感を与えてしまったり、印象が悪くなったりしてせっかくのビジネスチャンスを失ってしまう恐れがあります。


ですので、ビジネスシーンで失敗しないようにするために、普段の仕事中の時から仕事に相応しいベルトを身に着けていることが大切です。


ビジネスシーンで付けるスーツベルトのNGなことは、まずカジュアル感が出過ぎている場合のプレーンベルトの着用です。


メッシュベルトも、相手にチャラチャラした印象を与えてしまう恐れがあるので避けた方が良いでしょう。


そして、ベルトの幅にも注意した方が良いです。


ビジネスシーンに最適な幅は約2.5cm~3.5cmですから、それ以上の幅があるものは避けたり、奇抜や派手な色、デザインのズボンベルトはNGです。

¥8,580

ビジネスシーンに相応しいベルトの選び方

基本的に、ビジネスシーンにはスーツスタイルに合わせやすいプレーンベルトがおすすめです。


ただ、先程お伝えしたようにプレーンベルトでも、カジュアル感が強すぎるものは着用しない方が良いです。


忙しい日々を送っているビジネスパーソンは、何年間も同じ種類のベルトを使い続けていることが多いので、そのことにベルトが壊れるまで気付きにくい場合があります。


ベルトを所持している本数も1本とか2本位しか持っていなくて、ずっと新しいベルトを買っていない人は多いです。


そして、久しぶりにベルトを購入しようと思ってもどれを選んだら良いのか、悩んでしまうビジネスパーソンもいるでしょう。


ビジネスシーンに相応しいベルトの選び方として、スーツスタイルにはシンプルで使い勝手が良いプレーンベルトを合わせるようにすれば、ビジネスマナー的にも大丈夫です。

¥3,190
¥4,180

ビジネスシーンに相応しいベルトを選ぶコツは5つのポイントが重要

ビジネスの場面で、スーツスタイルならシンプルなプレーンベルトが良いとお伝えしました。


あくまでおすすめであって、絶対にプレーンベルトしか着用できないというわけではありません。


その他のベルトも、ビジネスマナーやTPOに相応しいものであれば問題ないでしょう。


そのうえで、さらに細かいポイントを理解していないと、職場で着用するベルトがなかなか認められない可能性があります。


ビジネスシーンに相応しいベルトを選ぶためには、5つのポイントが重要です。


ベルトの色


仕事中に身につけるズボンベルトは、派手な色でなくても構いません。


外見のおしゃれさや、華やかさが直接仕事に関係している社会人の方は少ないのではないでしょうか。


ほとんどのビジネスパーソンは、会社の制服を着用したり決まった服装を着るように指示されているので、当然、ベルトもシンプルなものでなければいけません。


ビジネスシーンに相応しいベルトの色は、「こげ茶色・黒色」などの暗めのカラーを選択すると、コーディネート全体にまとまり感がでます。


ベルトの素材


毎日、コツコツと仕事を頑張るビジネスパーソンは、ベルトも同じものを何年も使っている方が多いです。


何年も使い続けるためには、ベルトの素材は耐久性が高い必要があります。


ビジネスパーソンにおすすめのベルトの素材は「本革」です。


本革のズボンベルトは、耐久性が高く使い続けていくことで、経年変化も楽しめます。


ベルトのバックル


ズボンベルトを締めると、必ず「バックル」が前にきます。


ベルト自体は、そんなに目立たない色だからと安心していても、バックルが派手なデザインだったり光沢がありすぎると主張しすぎてしまいます。


ですので、バックルは光沢があまり出ない銀色やゴールドなどのカラーが無難です。


そして、ピン留めタイプのものがおすすめです。


ベルトの幅


ズボンベルトの幅も、ビジネスシーンで気にしておいた方が良いです。


仕事の時に着用するベルトは、スーツスタイルなら3cm以下の幅のものを選ぶのが無難です。


それ以上の幅は、カジュアル感が強くなってしまいがちなので、上着を脱いだ時にズボンベルトが目立ってしまう可能性があります。


ベルトの幅は、細いほどフォーマル感が出て、太くなるほどカジュアル感が出てしまいます。


ベルトのサイズ


人間ですから、一年間ずっと毎日のようにベルトを着用していたら太ったり痩せたりなど体型の変化で、サイズが合わなくなってしまいがちです。


基本的に、ベルトには5つの穴があり、真ん中の穴でベルトを留めるとバランスが整っている感じに見えます。


ですが、ずっと使い続けていくうちにサイズが合わなくなって、ベルトの穴の位置もズレてしまう人は多いです。


体型の変化が激しい人は、長さ調整が容易にできる「カット式タイプ」のベルトを着用するのがおすすめです。

¥8,580

ビジネスシーンに相応しいベルトの選び方のまとめ

ビジネスパーソンは、毎日のようにベルトを着用して出社する方が多いので、耐久性が良い本革でこげ茶色・黒色などのカラーのものがビジネスマナー的にも良いと言われています。


ビジネスシーンでベルトを着用するなら、「色・素材・バックル・幅・サイズ」なども気にしましょう。


職場に着ていくスーツや制服と合わせても、違和感が無いようなものを選ぶことが大切です。

ブログ作成者

石澤大


「商品の本当の良さは作り手の熱い思いと考え方。

それを引き、伝えるだけ。」


- 略歴 -

1979年福島県生。

同志社大学心理学専攻卒。

大阪デザイナー専門学校プロダクトデザイン科卒。

プロダクトデザイン事務所、

アパレルメーカーを経て「DESIGN=」設立。

人の心を何よりも大切にする

ブランド戦略のトータルプロデューサー。

楽天市場1位受賞商品30以上創出。

人気商品
Sale Off
【1時間で389本完売】伝説のビジネスベルト|働く人のために製造
¥1,810
Sale Off
【栃木レザー】とちぎレザーベルト|デザインも素材も妥協なし|
¥8,580
Sale Off
【牛革】ベルト|長さ調節が可能|選べるデザイン 全12種類
¥2,750
Sale Off
【牛革】ロングベルト|最大140㎝まで対応|見た目と使い勝手を追求
¥3,190
Sale Off
リングベルト【栃木レザー】|スタイルイコール
¥4,180

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません

配送オプション