ネクタイをプレゼントする意味って何?その知られざる真実に迫る!



ネクタイをプレゼントする意味って何?その知られざる真実に迫る!

職業柄、ネクタイをまったく着用しない人もいますが、スーツを着て仕事をするビジネスマンには必須のアイテムですよね。

特に、良くネクタイを締める人へは、間違いなくプレゼントとして贈ってあげると喜ばれるでしょう。

女性から男性へプレゼントするケースが多いと思いますが、きちんとした意味や意図を理解しないと異性の相手に誤解を与えかねません。

興味がない人へ、贈ってしまうと恋愛感情を持たれたり、好意があると思われたりしてトラブルの原因にもなるでしょう。

今回は、ネクタイをプレゼントする意味や、プレゼントする時の注意点などについてご紹介していきます。

1.何気なくプレゼントするアイテムには意味がある

何気なく、異性の友だち・上司・恋人・旦那さんなどへネクタイをプレゼントする女性も多いと思います。 確かに、贈り物を渡す行為自体は、大切な人を想うからこその気持ちがあるので、相手に悪い印象を与えるものではありません。

ただし、TPOをわきまえなかったり、相手の好みに反したネクタイをプレゼントしてしまうと、逆効果になることもあります。

また、特に恋愛感情がない相手だったとしても、ネクタイのギフトを渡してしまう事で、相手に恋心が芽生えたり勘違いされる恐れもあるので注意すべきです。

ですので、しっかりとネクタイをプレゼントする意味を理解しておきましょう。

ネクタイは特別な意味があるのって本当?

ネクタイには、特別な意味があるのをご存知でしょうか。 男性に対して、プレゼントをする意味としては【あなたに夢中・束縛させて】と言った真実が隠されているのです。

つまり、ネクタイは「首に巻くもの」と言う事から、そのようなイメージが定着していると囁かれています。 どうでしょう、凄く特別感がある意味合いですよね。

相手によっては、重いイメージを与えてしまいますから、場合によってはマイナスなイメージに捉えられてしまうのです。

しかしながら、ネクタイの語源としては、今から約400年前に、戦場に向かう家族の無病息災を願って首に巻いたスカーフから来ていると言われています。

ですので、その当時は、現代のような特別意味があったわけではなく、【お守り】のようなものとして扱われていました。

2.ネクタイをプレゼントするときの注意事項

ネクタイを、男性にプレゼントする女性は多いですが、相手の立場や着用する場面を考えてあげなければトラブルやマイナスの印象を与えてしまう事になります。 つまり、決して何気ない気持ちで贈ってあげてはいけないと言う事です。

また、ネクタイを贈る意味を知っていても、着用するシーンに相応しくないタイプを渡してしまったり、相手の事を考えられていないと、ありがた迷惑になってしまうでしょう。 ですから、ネクタイをプレゼントする時は以下のような注意が必要です。

恋人や夫へのプレゼントならOK

ネクタイを、恋人や夫(旦那)へプレゼントする場合は、お互いに相思相愛ですから、ほとんどトラブルを招きにくいです。

また、長く一緒の時間を過ごしていると、相手の好みもわかってきますから、より相手にあったネクタイをチョイスする事もできるでしょう。

ただし、人の好みは変わる事も十分ありますから、こちらの思い込みでネクタイを贈るのは止めたほうが良いです。

ギフトとして、恋人や夫(旦那)へ渡すのなら、購入前にそれとなく、どんな色・柄・素材のものが好きなのかリサーチしておくのが大切です。

遠回しに、直接、聞いてみるのも良いですね! あからさまに、「好きなネクタイってどんなもの?」と恋人や旦那(夫)に聞いてしまうと、すぐにプレゼント用に準備するんだなとバレてしまうので注意しましょう。

会社の同僚や上司へのプレゼントは要注意

ネクタイを、会社の同僚や上司へのプレゼントする時は、細心の注意が必要です。 先程、ネクタイを贈る意味を理解して頂けましたね。

「束縛したい・あなたに夢中」など、恋愛感情があると言う意味合いが隠されているので、もし、同僚や上司が意味を知っていたら大きな誤解をしてしまう恐れもあります。

職場で、毎日のように顔を合わせる事にもなりますから、変に恋愛感情を持たれたり、自分の事に興味があると思われてしまっては、今後、態度がガラッと豹変してトラブルの原因になるでしょう。

ですから、もし、会社の同僚・上司へネクタイをプレゼントしたい場合は、「特に意味はないのですが尊敬の念を込めて渡します」と、あくまえ恋愛感情ではないと言う事を伝えながら渡すのもおすすめですね。

また、相手の好みや・仕事場の雰囲気・年齢などに合わせたネクタイを贈るようにする事で、渡された相手も気持ちよく着用できます。

友達へのネクタイのプレゼントも要注意

友だちへ、ネクタイをプレゼントする時は、異性の友人の場合は要注意になります。

特に、昔から仲が良い相手がいる人は、お互いに心理状態を良く分かる事もあるので、恋愛感情のトラブルには発展しにくいですが。

逆に、そこまで付き合いが長くない異性の友達へ、ギフトする場合はネクタイをプレゼントする事によって、特別な好意があるように誤解される恐れもあるので注意しましょう。

また、自分は特に恋愛感情を意識してなくて、相手に渡したけど、相手の友達は恋愛感情があるケースも考えられます。

そのような心理に気付かないまま、友人関係を続けてしまうと、ますます友達はあなたに恋心を燃やす可能性もありますので要注意しなければいけません。

3.ネクタイの種類がいっぱい!どれを選ぶべき?

ネクタイを、プレゼントする時に種類がいっぱいあると、どれを選定してプレゼントするべきか悩む人も多いのではないでしょうか。

できるだけ、相手の年齢・立場・好みなどに合わせたタイプを贈るべきですが、NGなものもあります。

一番無難なネクタイは、やはり無地のシンプルなタイプですね。

ネクタイは、着用して外出する時のファッションでもありますから、変なものをプレゼントしてしまうと周囲の人達から偏見の目で見られたり、ファッションセンスが良くないと思われてしまう恐れもあるでしょう。 キャラクターものや可愛すぎるネクタイのプレゼントはNG

特に、ビジネスの場面に相応しくない、ネクタイの種類は「キャラクターもの・可愛すぎるタイプ」です。 キャラクター柄のものは、相手に子供っぽい印象を与えてしまいます。

つまり、渡した相手がキャラクター柄や可愛すぎるネクタイを着用して、仕事をしてしまうと、その渡した相手と会う他人から、幼稚な人だな・子供っぽい・仕事できなさそうだなという印象を持たれる恐れがあるのです。

ですから、渡した相手がダサく見られたくない方は、贈るのはNGでしょう。

シンプルなネクタイだとどんなシーンでも利用できる

逆に、どんなシーンでも相性抜群なネクタイはシンプルな【青色・紺色】の種類のネクタイでしょう。

特に、ビジネスシーンにおいて、年齢も選びませんし「清潔・真面目・誠実」という印象を、他人に与える事ができる為、プレゼント用としては最適です。

そして、無地の柄が無難ですね。 ネクタイは、できるだけシンプルな色・柄で選ぶのが賢いネクタイの選び方です。

スーツやシャツに幅広く合うので、どんな種類のものを贈ってあげようか迷っている女性は、シンプル・イズ・ベストの考え方にしましょう。

ネクタイのプレゼント意味のまとめ

ネクタイの意味としては、「束縛したい・あなたに夢中」など、恋愛感情が秘められた意味合いがあります。

ですから、異性の男性へプレゼントする場合は、何も興味がない男性への贈り物としては、あまり相応しくないでしょう。

相手の男性が、ネクタイの意味を知っていたら、好意を持っていると誤解されたり、相手に恋愛感情を芽生え、後々、トラブルの原因にもなりかねません。


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。