【2023最新版】名刺入れの選びかた。コードバンや本革素材について

ビジネスマンシーンにおいて大切なアイテム、名刺入れ。

特に、名刺入れを初めて持つ場合、"どう選ぶのがいいの?"と悩みますよね。

今回はビジネスマンにおすすめの名刺入れをご紹介します。

使いやすい名刺入れとは

名刺入れには、選ぶ際のポイントがいくつかあります。

ビジネスシーンでスマートに名刺交換するための「収納力」だけでなく、

長く使い続けるための「素材」、話題になる「デザイン」など自分に合った名刺入れを探してみましょう。

1.名刺入れの素材

名刺入れを長く使い続けるためにも名刺入れの素材には注意が必要です。

レザーや合皮などの高級感のある素材から、ナイロンやポリエステルなどのシンプルで軽量な素材まで様々あります。

使い方に応じて選ぶことが大切です。

レザー(革)

レザー(革)は高級感があり、長く使うことができる素材です。

牛革、馬革、豚革、羊革など様々な種類があり、質感も異なります。

中でも馬革の一部「コードバン」は革製品において定番の素材で、

大変希少な部分の皮素材のため、その繊細で光沢感の溢れるオシャレな見た目は日本のみならず世界中から愛されています。

レザー(本革)を使用したおすすめ名刺入れ
https://store.styleequal.com/products/blcdc2100
https://store.styleequal.com/products/blcdc24
https://store.styleequal.com/products/blcdc26
合皮(人工皮革)

レザーに近い質感を持ち、色やデザインが豊富で、手頃な価格で購入できるため高い人気があります。

近年では合皮を作る技術が向上しており、本革に負けない耐久性や質感があるものも存在します。

高級ブランドでも使用されることがあり、コスパと機能性という部分でおすすめができる素材です。

レザー(本革)を使用したおすすめ名刺入れ
https://store.styleequal.com/products/blcdc2100
https://store.styleequal.com/products/blcdc24
https://store.styleequal.com/products/blcdc26
プラスチック・金属

プラスチックや金属も名刺入れには利用されます。

形が崩れにくいことや、加工が簡単なことから人気が高く、カジュアルな印象を与えます。

表面に傷がつきやすく、革素材と比べると見た目の劣化が早い印象があります。

キャンバス(生地)

名刺入れの中にはキャンバスなどの生地を使用したものも存在します。

軽量で扱いやすく、おしゃれな印象を与えますが、崩した印象があるため、かっちりしたビジネスシーンにはおすすめできません。

しかし、デザイン性が高いものもおおいため好みの名刺入れが見つかるかもしれません。

2.名刺入れに必要な収納数は?

名刺入れの選ぶポイントに「収納力」があります。

実際にどれくらいの名刺が収納できると良いのでしょうか。

一般的な名刺の収納数

名刺入れは一般的に、名刺を約20~30枚程度収納できるサイズのものが多いです。

名刺が入りすぎてしまうとカバンやポケットに収納がしづらくなってしまうため、注意が必要です。

収納のポイント「角マチ」 角マチ

名刺を綺麗にかつ大容量を収納するために「底」に注目しましょう。

この「角マチ」のある名刺入れなら名刺の型も崩れず綺麗に収納・保管が可能です。

大容量収納のおすすめ名刺入れ
https://store.styleequal.com/products/blcdc24
https://store.styleequal.com/products/ns-newno37
まとめ

名刺入れは、ビジネスシーンに欠かせないファッション小物アイテムです。

また、ギフト用としての贈りものにも最適です。

より長持ちをさせて、使い勝手がよいものを選ぶ為には、素材・仕様・質感の良さ・機能性の良さなどを重視し、ライフスタイルやビジネススタイルに合わせた選び方が大切です。

コメントを残す

コメントは公開する前に承認する必要があることに注意してください

お友達登録はこちらをクリック

;" data-enable="" data-cookie-name="popup-1-popups" >

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません