コードバンの名刺入れはどれを選ぶべき?おすすめブランド3選


コードバンの名刺入れはどれを選ぶべき?おすすめブランド3選

ビジネスマンにとって、大切な小物アイテムの一つに名刺入れがあります。

希少価値があり、革素材の王道として憧れるものと言えばコードバンの名刺入れでしょう。

光沢感があり、繊細でオシャレな質感から多くのユーザーから愛されています。

コードバンは、馬の革(馬の臀部)が使われており日本だけではなく世界中の方達から選ばれているものです。

名刺入れと言っても、人によって質感を重視したり機能性が大切など選ぶ基準は様々です。

特に、名刺入れを初めて手にする初心者の方ほど、どんなものを選んで良いのか選び方に悩んでいる方が多いです。

今回は、コードバンの名刺入れの選び方や、注意事項とおすすめブランド3選などについて紹介していきます。

1.コードバンとは?

コードバンの名刺入れは、2022年も人気のファッション小物アイテムです。

馬の革は、牛の革よりも約2~3倍ほど強度に優れているため傷みにくいので、長持ちさせたいビジネスマンにはぴったりなんですね。

使用頻度が多くなるほど、深みが出て愛着も湧いてきます。

ビジネスマンともなれば名刺交換をする機会がある人は、とても多いでしょう。

毎日のように名刺入れを使う人もいるので、意外と摩耗しやすいものでもあります。

取引先や客先の方と、名刺交換をする際にコードバンの名刺入れを持っていれば、光沢が美しく高級感のある質感に目を惹くくらい魅力があります。

また、ギフトの定番として誕生日・記念日・バレンタインデー・クリスマスなどにも選ばれています。

2.コードバンの名刺入れの正しい選びかた

ビジネスの場面では、あまり派手なデザインや色の名刺入れは好まれません。

できるだけシンプルで落ち着いたものを選ばないと、相手からの信用を落としてしまう恐れがあります。

コードバンの名刺入れの正しい選び方として、見栄えばかり気にするのではなく、日々の仕事で使う場合にどのようなものが相応しいのか考えてから購入しましょう。

例えば、以下のような選び方があるので参考にしてみてください。

全素材でコードバンが使われている

牛革の素材よりも、耐久力や強度が数倍も優れているコードバンですが全素材で使用されているものを選ぶと、全体的に美しい光沢感が出て上品で誠実なビジネスマンという印象を与えてくれます。

全素材が、コードバンであれば経年変化した時に、色の変わり方が偏らないので見栄えが悪くなりません。

新品のものは、油分がたくさん素材に含まれていて表面がザラザラしているものもありますが、それは使い続けるうちに繊維が寝て馴染んでくるので問題ありません。

定期的に手入れを怠らずに、使い続けることでコードバンの名刺入れの魅力をさらに味わうことができます。

質感の良いコードバン

できるだけ、30代・40代・50代と年代に相応しいコードバンの名刺入れを選ぶことが大切です。

上品さやオシャレさを出すためには、質感の良いコードバンの名刺入れを選定することがコツです。

基本的には、名刺入れは年代によって極端に選び方を変える必要はありませんので、シンプルな色・デザインのものであれば30代で使用していて、40代になってもわざわざ買い換える必要性もないでしょう。

ただ30代の頃に、少し遊び心を出して若者チックなコードバンの名刺入れを持っていたら、40代や50代で管理職など重要なポジションについた時に似合っていないかもしれません。

なので、威厳を出すためにも年代ごとに買い換える人も中にはいます。

機能性の良さ

営業職をしているビジネスマンは、特に取引先や客先の方との名刺交換の頻度が多いはずです。

ですので、そのような方はコードバンの名刺入れの見栄えを気にするのではなく機能性の良さを重視した方が良いでしょう

必要な枚数の名刺が、十分入るコードバンの名刺入れを選んだりして、いつでも名刺交換できるようにするのがベストです。

見栄ばかり気にして、あまり機能性を気にしないでいると厚みのない名刺入れを選んでしまって、名刺をたくさん入れるとパンパンに名刺入れが膨れ上がって余計に見苦しく見えます。

ポケットや仕切りがついているタイプですと、自分用の名刺と相手の名刺とを分けて収納できるので、名刺交換が多いビジネスマンには機能性の良さは大切です。

3.コードバンの名刺入れの注意事項

コードバンは、希少価値が高い馬の革(馬の臀部)が使用されていますが実は水分にめっぽう弱いです。

雨に濡れたり、汗がつくとアンモニアが発生して色落ちや染みが着く原因になります。

さらに、水分が着いた状態でそのまま放置してしまうと水ぶくれのようになってしまい、原型に戻すのが困難になります。

また、コードバンの素材は傷が入りやすいので、綿100%以外の化学繊維の布等で拭き上げたり、コードバン専用のブラシ以外のものを使って汚れやホコリを除去してしまうと余計に傷が入ってしまいますので注意しましょう。

コードバンの名刺入れを購入したばかりの頃は、鮮やかな光沢感が出て上質な質感があってもユーザーの使い方次第やメンテナンスのやり方で、ボロボロになってしまう恐れがあります。

気になる人や、大切な人へのプレゼント用にもコードバンの名刺入れはピッタリな商品です。

贈り物として渡す場合の注意事項は、丁寧に加工が施されているかです。

とても丈夫で長持ちする素材ですが、最初から丁寧な加工がされていないものは劣化が早まりますので、あまり寿命は長くないこともあります。

4.絶対におすすめのコードバン財布3選

コードバンの名刺入れとして、おすすめのブランド3選を紹介します。

PaulSmith

<下記引用です>

ファッション小物アイテムの、豊富なラインナップが揃っているハイブランドの「PaulSmith」から、ビジネスマンにぴったりのコードバン名刺入れが登場しています。

裏側と表側の鮮やかなコントラストが見事で、さりげなく施されたカラースティッチにポール・スミスの拘りがキラリと光っています。

中国製ですが、侮ることなかれその品質は確かなものです。

・商品名:PaulSmith コードバン 名刺入れ

・サイズ:フリー

・色:バーガンディー/ブラック

・製造元:中国製

・素材:馬革×牛革



GANZO

<下記引用です>

柔らかい素材の牛ヌメ革と馬の革を融合させた、「GANZO」のCORDOVAN(コードバン)通しマチ名刺入れ。

独特な光沢感が出ていて、所持する人の品格をワンランクアップさせてくれるファッション小物アイテムです。

ビジネスの場面で、初対面の相手に深い印象を与える効果が抜群なので、上品さとともに真面目な印象を持ってもらいやすくなるでしょう。

細部にまで、拘りを持って仕上げられていて、マチだけでなく縦横方向にも大きさに余裕が出ています。

そして、軽量なので使いやすい製品です。

・商品名:GANZO CORDOVAN(コードバン)通しマチ名刺入れ

・サイズ:縦約7.5cm×横約10.7cm×マチ1.6cm

・色:ブラック/ヘーゼル/ダークブラウン/ダークグリーン/ネイビー

・製造元:日本製

・素材:馬革×牛革ヌメ



STYLE=

『あなたと共に成長し、あなたの可能性を広げる存在』を目指すSTYLE=からは、ハイブランドに比べるとお手頃価格なのに、引けを取らないコードバンの名刺入れが出ています。

使い込むほどに光沢と重厚感が増していき、質感もハリがほぐれ、手に吸い付くようなしっとり感が出てくるコードバンの名刺入れは、上品さが引き立ってきます。

まさに、あなたと共に成長するので、手に入れた一瞬の喜びだけでなく、育てる喜びがずっと続きます。

・商品名:名刺入れ コードバン

・金額:¥15,000

・サイズ:縦7.5cm×横11.0cm×マチ1.7cm

・色:ブラック/チョコ

・製造元:日本製

・素材:コードバン





5.コードバン名刺入れのまとめ

コードバンの名刺入れは、2022年もトレンド的なファッション小物アイテムです。

ビジネスマンだけではなく、ギフト用としてお祝い事・クリスマス・バレンタインデー・誕生日などにもぴったりな製品です。

できるだけ、長持ちさせて使い勝手がよいものを選ぶ為には、全素材でコードバン仕様・質感の良さ・機能性の良さなどに気を配り、ライフスタイルやビジネススタイルに合わせた選び方が大切です。

コメントを残す

コメントは公開する前に承認する必要があることに注意してください

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません

配送オプション