就活生必見!採用率アップ間違いなしのネクタイピンの選びかた


就活生必見!採用率アップ間違いなしのネクタイピンの選びかた

令和の時代になって、社会人の働き方改革などが進み多種多様な雇用形態になりました。

特にテレワークを推奨する企業も増えてきて、わざわざオフィスに出社しなくても自宅や周辺施設でリモートワークできる環境も整ってきています。

しかし、会社に入社する際はまだまだ直接会社に伺って面接をしている企業も多いです。

就職活動がスタートすると、ほとんどの方はスーツ・ネクタイを着用して就活する事が多いでしょう。

ネクタイを固定する為にはネクタイピンが重宝します。

面接は外見だけではなく内面も重要視されますが、第一印象を良くする為には身だしなみを整えておく事が大切です。

今回は、就活生のネクタイピンの選び方&付け方などについてご紹介していきます。

1.就活生はネクタイピンが必要ないって本当?

就職活動において、手を抜けないことの一つが身だしなみですよね。

社会人になったら自社の社員さん達の他に、取り引き先の企業の方たちとの関係も深まっていき、より良い人間関係を構築していかなければいけません。

スーツ&ネクタイを着用して、仕事をするビジネスマンの方達は特に外回りの営業活動をする事が多いですよね。

会社の看板を背負って仕事をさせて貰っているので、出会う人には良い印象を与えないと自分の評価に関わるだけでなく、会社の評判にも関わります。

スーツ・ネクタイを着用しているビジネスマンの多くは、外見の重要さを理解していますからネクタイひとつとっても、きちんとネクタイピンを付けて身だしなみを整えています。

ですが、就活生は必ずしも面接時にネクタイピンを付ける必要はありません。

ネクタイピンの役割は、ファッションとしての位置づけや、ネクタイのよれを防ぐ働きを持つという側面があります。

就活のような大切な場面では、ネクタイピンを着用していると、オシャレに気を使いすぎて調子に乗っているという印象を面接官に与えてしまう恐れもあるのです。

〇面接時にネクタイピンで会話が弾む可能性がある

もし企業の中途採用試験の就活中に、就活生がネクタイピンを付けてオシャレにスーツ&ネクタイを着こなしていると、初めて社会人になる人よりかは厳しくジャッジされます。

なぜなら、会社は即戦力を求めていますから身だしなみに気を取られすぎて、自己中心的な性格をしているんじゃないかと不安になる面接官もいるからです。

そして、採用してみて仕事をきちんとさばいてくれるのかまで面接官の方達は考えていますから、中途採用で企業に面接に行く時はネクタイピンを付けないほうが良いかもしれません。

新社会人の方も、ネクタイピンを付けていると同様に面接官が不安になる事もあるかもしれませんが、逆に面接時にネクタイピンの話題で会話が弾むケースも多いのです。

会話のきっかけになるかもしれませんので、就活生の方は緊張の糸がほぐれるかもしれません。

2.就活生のネクタイピンの選びかた

就活生は、できるだけ色・素材・柄などがシンプルで無難なものを選ぶ事が重要です。

しかし、どのようなものを選定すれば良いのか悩んでいる人も多いでしょう。

自分の周りの人に、スーツ・ネクタイを日々着用していて、きちんとネクタイピンを留めて仕事をしている人もいるでしょう。

ですが、就活生でないビジネスマンの方達はファッション感覚でネクタイピンを付けている方も多いので、参考にならないケースもありがちです。

あまり奇抜なネクタイピンや、派手なものをつけていると人生を左右する大切な面接の場面で、マイナスな印象を面接官に与えてしまい採用率に響いてくるかもしれません。

できるだけ採用率をアップさせたい就活生の方は、「ネクタイの大剣が7.5~8.5㎝のものなら、ネクタイピンの長さが4cm~5㎝のネクタイピン」を選んだ方が良いでしょう。

そしてカラーは、「銀色(シルバー)」が最もオーソドックスで一般的です。

あまりオシャレばかりに気を取られてしまうと、就活の練習や仕事のスキルを向上させる時間も削られてしまう恐れもあります。

身だしなみは、最低限清潔に保たれていれば問題ありません。

ですので、ネクタイピンでアレコレと悩むよりもどうやったら志望する会社に入社できるのかを考えたり、自分のスキルを磨く事に時間を使った方が良いです。

〇シンプルなデザインを選ぼう

ネクタイピンはネクタイを留めるだけの小物アイテムですから、そこまで目立つものではありません。

ですが、仕事ができるビジネスマンほどしっかりと相手の身だしなみをチェックしているものですから、ネクタイピンにも気を配っていた方が良いです。

ネクタイピンは、色々な種類がありますがキャラクターものやサイズが大きすぎるもの、奇抜で目立つものは付けないようにしましょう。

できるだけシンプルなデザインのものを付けた方が無難です。

ましてや就職活動中は、ファッションセンスを良くしたいと思ってオシャレに気を使いすぎて肝心の志望動機や内面のアピールが疎かになってしまっては良い結果は得られません。

必ずしも企業の面接官の方は、就活生がネクタイピンを付けているのを見て、清潔感を出す為にオシャレに気を使っているのだなと思わない事もあります。

先程もお伝えしましたように、TPOに合っていないネクタイピンを付けてしまった事で、マイナスな印象を与えてしまう事もあるのです。

ですので、ネクタイピンはシンプルなデザイン・無難な色・素材のものを付けるようにしましょう。

3.就活生のネクタイピンの付けかた

ネクタイピンは、ファッション用途で付ける事もありますが、主な役割はネクタイが曲がらないように固定させるものです。

ネクタイを真っ直ぐに固定させる為にネクタイピンを留めていても、ネクタイが曲がっていないか確認が必要です。

正しいネクタイピンの付け方を知らないと、ネクタイが斜めに固定されたり、ネクタイがヨレたりする原因になります。

取り付け位置としては、ジャケットを着ている時は第一ボタンよりも少し上側に留める事が大切です。

そして、ジャケットを脱いだ時は食事や手を洗う時などが多いのでネクタイが汚れるのを防ぐ為に、ネクタイピンの位置を下の方に付け替えるようにしましょう。

就活生が面接時にネクタイピンを留める位置は、ネクタイの真ん中辺りにつける付け方が無難です。

4.就活生におすすめのネクタイピン
〇スワロフスキーネクタイピン【ランキング1位!】

シンプルさと洗練の極み、フェデラーネクタイピン。

フェデラーネクタイピンは見た目はとてもシンプルで就活生にもぴったりのネクタイピンです。

フェデラーという名前の由来は、テニス界の最強王者ロジャー・フェデラーからきています。フェデラーと言えば歴代最高と言われるフォアハンド。その閃光のようなストロークで輝かしい数々の成績を納めています。

このネクタイピンも実はもう何年も1位を取り続けている。フェデラーのように絶大な人気を誇るまさに「最強王者」なのです。

就活も最強王者で勝つ勇気をこのフェデラーネクタイピンからぜひもらってください。

〇ネクタイピン【真の男のカッコよさを見せつける】

落ち着いた雰囲気を出してくれるデルタネクタイピン。

目立つような派手な柄やデザインがなく、切り込みやシェイプだけで個性を表現するネクタイピンです。

それぞれの面で磨き方が違うので、角度により色の見え方が異なり、また普通のネクタイピンより、立体的な形なのでシンプルながらも控えめに存在を放つネクタイピンです。

柄が入ってるものや、色が奇抜、というわけではないので、スタイリッシュに就活シーンでも使えます。

少しだけ個性を出したい。というときに使ってみてはいかがでしょうか。


5.就活のネクタイピンのまとめ

就活生はネクタイピンを必ず付ける必要はありません。

なぜなら、現在ネクタイピンはファッション感覚で付けている人と、ネクタイのヨレを防ぐ為に付けている人がいて、圧倒的にファッション感覚で身につけているビジネスマンの方達の方が多いからです。

面接時にネクタイピンを付けている事で、企業の面接官によってはTPOに合っていないものを付けていると判断されたり、個性的すぎるファッションをしていると捉えられてマイナイスな印象を相手に与えてしまう恐れもあります。

しかし、就活生がネクタイにきちんとネクタイピンを留めている事は珍しい事でもあります。

ですので、他のライバルの就活生と差別化を図るためにネクタイピンを付けて、面接官の印象に残るようにするのもアリでしょう。

その際は、ネクタイの大剣が7.5~8.5㎝のものなら、ネクタイピンの長さが4cm~5㎝のシルバー色のネクタイピンを付けて無難な印象を相手に与えるようにしましょう。

コメントする

コメントは承認され次第、表示されます。

カート

利用可能なすべての在庫はカートにあります

カート内に商品がありません。