就活生はネクタイピンが必要?不要?少しでも印象に残るために



就活生はネクタイピンが必要?不要?少しでも印象に残るために

就職活動をする時に、就活生はたくさんの企業を訪問したり面接に赴きますよね。

ほとんどスーツを着用して行く方が多いと思いますが、ネクタイまで気を配ってもネクタイピンまで付けている人は多くはないでしょう。

ですが、訪問先の面接官や会社で働いている人達と話をする時は、身だしなみも厳しくチェックしているのでネクタイピンを付けていると良いアピールになるならば付けたいですよね。

最近の傾向としては、ラフな格好で別にカジュアルな感じの服装で面接を行っている企業もありますが、まだまだ、スーツが定番の社会です。

就活生は、少しでも相手の印象に残るために、周りの応募者達と差別化をはかりたいところですが、ネクタイピンを付ける事がスタンダードなのか気になる人も多いのではないでしょうか。

今回は、就活生はネクタイピンが必要か不要なのかについてや、付ける時の注意点などについてご紹介していきます。

1.ネクタイピンはぶっちゃけ就活生に必要?

就職活動中の、就活生は、これからの人生を社会人として居場所を作っていかなければいかません。

特に、ビジネスシーンで、正しい位置につけていなくて、ななめ付けや、変な位置につけてしまうと、たちまち相手からの印象が悪くなる恐れもあるでしょう。

ちょっとした事で、相手に対する印象がガラッと悪くなっては、商談や対談などに支障が出る場合もあります。 ですから、ビジネスシーンでのネクタイピンの付け方は基本に忠実に従った方が良いのですね。

ただい、カジュアルな場面で付ける場合は、あまりカッチリしすぎるのも良くありません。 ななめ付けや、自分でアレンジしてオシャレに見える位置にネクタイピンを付けるのもありです。

ビジネスマンは、シンプルなデザインが多い【ワニ口・クリップ式】のネクタイピンを着用するのが、おすすめです。

これらは、金属の摩擦力と中のバネでネクタイを挟んでいますから、何度も使用していると耐久性が劣ってきますから、呼びで複数個所持しておくと良いでしょう。 そして、素材はプラチナ・銀・金など錆びにくいものを選ぶのがコツです。

就活生はかならずしもネクタイピンは必要ではない

就職活動を行う、就活生にとって必ずしもネクタイピンは必要ではないですが、不要でもありません。 お伝えしましたように、勤める業界によっては付けていると面接官に良い印象を持ってもらいやすくなります。

ただし、ネクタイピンを付けている学生や就活生は少ないですから、きちんと正しい位置に付けたりスマートな使い方をしていると、面接官が気づいた際に会話のきっかけになる事もあるでしょう。

しかし、ネクタイピンの必要・不要かどうかを考えるよりも、しっかりと働きたい会社の志望動機を考えたり、何が自分は貢献できるのかを考えて面接官に伝える練習をする事の方が重要だと思います。

つまり、ネクタイピンで採用か不採用の選考に左右されるとは考えにくいですが、付けている事で面接官に興味を持ってもらいやすくなり、会話のネタになって話が盛り上がる可能性はあるという事ですね。

あまり派手なタイプを付けたり、ネクタイの変な位置に付けていたりすると就活生の第一印象が悪くなる恐れもあるので、諸刃の剣のようなものです。

ですので、ネクタイピンを付けて企業訪問や面接に赴く時は、しっかりと正しい位置やデザインなどに気を配って行くようにしましょう。

2.就活生がネクタイピンをつけるときの注意事項

就職活動をする際に、就活生は必ずネクタイピンを付ける必要ではありませんが、付けていく方は相手の印象が悪くならないように注意する必要があります。

身だしなみを整える時に、スーツや髪型などを気にする人は多いですが、ネクタイが曲がっているかやネクタイピンの位置やデザイン・素材まで気にする人は少ないでしょう。 人生をかけた一大勝負をするのですから、細かいところまで気を配る事はとても大切になってきます。

面接官は、就活生と話をして、どんな考えを持っているのか、癖・能力・性格・身だしなみなどをチェックしています。

ですが、ほんの短時間で就活生の人となりを完璧に判断するのは不可能なのです。 ですから、まずは第一印象の外見で社会人として相応しいのかや、うちの会社で真面目に働いてくれそうなのかを判断材料にするわけです。

なので、ネクタイピンの正しい使い方をしていないと、外見での印象が悪くなります。

派手なネクタイピンはNG

基本的に、ビジネスシーンにおいて、派手なネクタイピンを付けるのはNGです。 派手と言うのは、形や大きさ・デザインが奇抜すぎるものという事です。

具体的には、ゴールド色のネクタイピンは避けて、シルバー色でかつ小ぶりなタイプを付ける事をおすすめします。

あまり、正しい使い方をわからないという就活生は、外に出て街行くビジネスマンを人間観察してみてください。

すると、スーツを着用してネクタイにネクタイピンを付けている、ほとんどの方がシルバー色のものを付けていると思います。

また、自分が着ているスーツ・ネクタイと似ているタイプを着用したビジネスマンを参考にすると、もっと良くわかるのではないでしょうか。

細かいところの身だしなみまで、気を使える様になる事は一流の社会人になれる可能性を秘めています。 なぜなら、そのようなマメな人は、仕事も出来る方が多く他人からの印象も抜群に良い傾向があるからです。

ですから、ネクタイピンを付ける時は自分の思い込みで付けるのではなく、正しい知識をしっかりと学んで付けるようにしていきましょう。

ネクタイが曲がらないように注意する

どうしても、スーツ着用時はネクタイが曲がってしまう事もあるので、曲がったままの状態でネクタイピンを正しい位置に付けたとしても見栄えが悪くなります。

特に、ネクタイピンをネクタイに挟む時に、ネクタイを曲げてしまい、そのまま気にせず面接に行く就活生も中にはいますので注意しなければいけません 。

ネクタイの、大剣・小剣とシャツをきちんと揃えて、ネクタイピンを右側から取り付けて固定し、ネクタイが曲がらないようにしましょう。

自分で、直接、下を向きながらスーツ・ネクタイ・ネクタイピン・シャツなどの身だしなみを整えていると、なかなか正しい位置にセットし辛いです。

ですから、自分の身体全体が映る鏡の前に立って、きちんと身だしなみを整える事が大切です。

服装をきちんと着こなしている就活生は、面接官が見ると性格も真面目で仕事が出来そうだと思ってもらえる可能性があります。

第一印象で、相手に良い印象を与える事ができると、面接も有利に働く事がありますから、身だしなみには気を抜かずにしましょう。

あまりにも不格好な位置につけないようにする

ネクタイピンは、今や装飾品として付ける事がスタンダードになっていますが、あまりにも不恰好な位置につけているとダラシない印象を相手に与えてしまいます。

自分で、アレンジしてネクタイの上の方に付けたり、ななめ付けなどをしてカッコつけたくなる就活生もいると思いますが、基本に忠実な使い方をした方が無難です。

また、ジャケットを着用している時と、脱いだ時とでは、ネクタイピンの基本的な正しい位置は違います。 ですが、面接は短時間で終わる事が多い為、面接官から「上着を脱いで大丈夫ですよ」と言われても、位置は変えなくても大丈夫です。

上着を脱いで、食事をする時や手洗いをする時に、前かがみになってしまう事で、ネクタイが汚れるのを防ぐためにピンの位置を調節する使われ方をしています。 ですから、就活生は短時間で終わる面接時には、いちいちネクタイピンの位置をズラす必要性はないのですね。

3.就活生がネクタイピンを選ぶならシンプルなブランドを

就職活動時に、就活生がネクタイピンを付けていくならば、高価なものは付ける必要はありません。

ですが、シンプルなブランド物をつけて行くのは個性を相手に感じさせる事ができるのでおすすめです。 ネクタイは、あまりにも奇抜なデザインのものは止めましょう。

例えば、馬がデザインされたネクタイを就職活動で訪問先の企業に付けて行ったら、面接官が馬好きでしたら話のネタになるかもしれません。

しかし、そうでない面接官だったら、気取って面接には相応しくないネクタイを締めていると判断されて悪い印象を与えてしまうでしょう。

ネクタイのブランドやデザインに拘るよりかは、ネクタイピンのシンプルなブランドをチョイスして付けて行った方が安心です。

おすすめなのは、「ダックス」というイギリスで生まれたネクタイピンのブランドです。 デザインは派手ではなくシンプルですし、就職活動で悪い印象を与えないようなタイプのものが揃っています。

ネクタイピン就活のまとめ

ネクタイピンは、就職活動時に就活生は必ず必要といったものではありませんが、不要でもありません。

航空業界や観光業・ホテル業界などに、面接に行く時には付けて行った方が、マナーや礼儀を心得ていると面接官から思われて良い印象を持ってもらえる事もあるでしょう。

あまり派手な素材・色・デザインのものは付けないようにする事が大切です。

多くのビジネスマンは、シルバーを付けている事が多いので、就職活動中に付けるならばシルバーのような無難なネクタイピンを付けましょう。