就活ネクタイは選びかたが超重要!?好印象で採用されるためにやるべきこと


就活ネクタイは選びかたが超重要!?好印象で採用されるためにやるべきこと

就職活動中は、リクルートスーツ・ネクタイを着用する服装がスタンダードになっていますが、どうしても周りと同じ様な格好になってしまいます。

ですので、身だしなみを清潔にしたまま面接に臨んでも、面接官からの外見の印象はマイナスになる事はなくても、プラスになる事もないでしょう。

だからこそ、簡単に印象を変えることができるネクタイを着こなす事で就活が有利になるケースもあります。

確かに、周りの皆んなと同じ服装をして無難に面接に臨むのも良いですが、たくさんの就活生を審査する面接官からすると個性が無い人と見られてしまう恐れもあります。

あまり奇抜なネクタイや、TPOに合っていないものは着用してはいけませんが、好印象で採用される為にオシャレ度をアップさせておくと一目置かれる存在になれるでしょう。

今回は就活ネクタイの選び方や、色・柄・素材についてと、注意点などについてご紹介していきます。

1.就活生はなぜネクタイ選びが重要なのか

人間は視覚からの情報がほとんどを占めていますから、特に初対面の第一印象は外見で人柄まで判断されがちです。

就職活動中は、ほとんどの就活生がスーツ&ネクタイを着用して企業の面接に行きますから周りと同じ服装になります。

そこで、ネクタイの色・柄・素材などに気を配っている就活生は少ないでしょう。

ネクタイの選び方次第では、相手の印象をある程度コントロールできる事にも繋がります。

もちろん、就活中に着けていくネクタイの種類にはNGなものもあります。

NGなネクタイを避けて、ベストなものを着用する事で明るい性格だと相手に思わせたり、爽やかな印象を相手に与えたりする事ができ好印象で採用されるかもしれません。

それほど、きちんとしたネクタイを選ぶ事は重要なんですね。

ただし、学生のうちから高価なブランド物を身につける必要は全くありません。

服装のコーディネート次第で、十分魅力をアップさせる事ができるのです。

着用するネクタイに気を配り、面接官の目に好印象で映れば、厳しい審査や質疑応答も柔らかな雰囲気で進んでいくでしょう。

2.証明写真用のネクタイ選び

就職活動をするにあたり、志望先の企業に履歴書を送る事が必須のところが多いです。

その時に、スーツ&ネクタイを着用して証明写真を撮りますが、皆さん似たような色・柄のネクタイを着けている事が多いため、同じ様な格好になってしまいがちです。

また、証明写真用のネクタイと面接時に臨むネクタイを同じにしていない就活生も多いですが、基本的にはどちらとも統一した方が無難です。

必ずしも、証明写真用と面接時に身につけるスーツ&ネクタイは同じものでなければいけないというルールはありません。

ですが、面接官は最初に履歴書の写真を見て、就活生の外見からの印象を判断しますので、同じ印象を与えたい場合は同じネクタイを着用した方が良いでしょう。

そして、証明写真用のネクタイは「グレー系・ブルー系・イエロー系・レッド系」などが一般的です。

就活用の証明写真は「黒色・紺色・無地のスーツ」・「上記のカラーネクタイ」・「白色シャツ」を着用して撮る事が基本になります。

その際は、きちんとネクタイを結んで斜めになっていないかや、ヨレたり傷んでいないか確認してから証明写真を撮るようにしましょう。

3.就活用のネクタイの色を決めよう

就職活動中の、ネクタイの色は上記でお伝えしましたように「グレー系・ブルー系・イエロー系・レッド系」などのカラーが定番です。

グレー系は、落ち着いた印象を相手に与える事ができ、ブルー系は爽やかな印象を相手に与える事ができます。

そして、イエロー系はポジティブな印象を相手に与えたり、レッド系はアグレッシブさ、情熱的な印象を面接官に与える事ができるでしょう。

それぞれのネクタイのカラーの特徴を理解して、自分の性格に合ったものや、自分に合った雰囲気のネクタイを選んで、ライバルの就活生よりも好印象を与えられるように工夫してみる事をおすすめします。

また、就活用のネクタイの中にはNGな色もありますので注意しましょう。

〇NG系のネクタイの色

就職活動中に、着けないほうが良いネクタイの色は「黒色・白色・ピンク色・ゴールド色」などです。

黒色のものは、お葬式の時に着用する事がほとんどですから、面接官に良い印象を与えられないでしょう。

逆に白色は、何かのイベント・行事などに着用するのが一般的で、ビジネスシーンには相応しくありません。

そして、ピンク色・ゴールド色は入学式とかには大丈夫ですが、就活用としては派手すぎますしカジュアルな雰囲気を出しすぎる事になります。

企業の面接時に、面談の雰囲気が良くてもNG系のネクタイを着けている事で、採用審査となると減点対象になりかねません。

ですので、NG系のネクタイは絶対に就職活動中には着用しないように気をつけましょう。

4.就活用のネクタイの柄を決めよう

就職活動中は、ネクタイの色に気を配るだけではなく柄にも注意しなければいけません。

一般的に無難なものは、「ドット柄・ストライプ柄・チェック柄」などです。

そして、ネクタイの柄の中で最も主流になっているものはストライプ柄です。

ストライプ柄はシンプルな分、その人の持つ雰囲気をさらに強調させる事ができるのが特徴なんですね。

ストライプの線は、太ければ太いほどカジュアルな印象を相手に与えてしまいますから、できるだけ細い線のものを選びましょう。

また、NG系のネクタイの柄もあるので注意が必要です。

〇NG系のネクタイの柄

就職活動時に避けたほうが良いネクタイの柄は、「キャラクター柄・ブランドロゴ入りの柄・ペイズリー柄・クレリック」などです。

ブランドロゴ入りやキャラクターものは、柄のインパクトが強いので就活向きではありません。

そして、ペイズリー柄もおしゃれですが面接時に着用していると、あまり面接官から良い印象を受けないでしょう。

クレリックは、大剣と小剣で柄が違うデザインのネクタイになります。

このような奇抜なネクタイは、面接の時につけるのはNGです。

5.ネクタイの太さや素材にも気を付けよう

就職活動中のネクタイは、太さや素材にも気をつけた方が良いです。

ネクタイの幅は、「約7cm~9cm」の間のもので、スーツの襟の部分と同じ太さのものを選ぶのがおすすめです。

7cm~9cmの間だと、どのスーツにもマッチしやすく就職活動や証明写真用にもバッチリです。

そして、ネクタイの素材も大切です。

就職活動中は、一般的なシルク素材のものを選ぶ事が良いでしょう。

安価で、洗濯が可能なポリエステル素材も良いですが、光沢があって質素すぎる印象を面接官に与えがちです。

6.落ち着いて面接をすれば採用率はアップ!

全てネクタイを含め、服装で採用面接の合否を左右される事は少ないですが、ゼロだとは言い切れません。

面接で、しっかりと自分の意見を言ったり、面接官と相性が良くても就活生の人間性の全てを理解する事は短い面談では不可能だからです。

なので、面接官は就活生が自社で働いている姿を想像しながら、就活生の面接を勧めているものですから外見の清潔さやTPOに合った服装をしているのかも重要なのです。

就活生の性格も見つつ、仕事をしているシーンを思い浮かべながら、外見や雰囲気が自分の会社と上手くマッチしているのか考えているのです。

就職活動ネクタイの基礎知識情報を理解して、ベターなものを着こなしていれば、後は落ち着いて面接をすれば採用率はアップする可能性はあります。

7.就活生におすすめのネクタイ
〇【超撥水で洗わなくてもいいネクタイ】全15種類

こちらのネクタイはメリットがたくさん。

まず、色がいいです。就活時に適しているカラーが豊富で、ネイビー系だけでも6種類から選べるので、自分にぴったりなものを選べるでしょう。

またこのネクタイは汚れがつかない優れものです。 表面に撥水加工を施してるので、食事の油や、こぼしてしまったコーヒー、全て弾き飛ばします。

就活という大事な面接の日に汚れたネクタイなんてご法度ですよね。絶対に汚れて欲しくない!と言うときにつけるべきネクタイです。

〇京都シルクのソリッドネクタイ

柄無し、無地のネクタイです。

派手に見せず、でも安っぽさもなく。

シルク100%、日本製と素材と品質がよく、肉厚でほどよい光沢感が手に取った瞬間実感いただけます。

品質がいいネクタイなのでディンプルもきれいにでき、周りとの差別化ができるでしょう。

あまりにも貧相な胸元は活気がないですが、胸をしゃきっと張ったときに見える美しいネクタイは、あなたの自信をさらに向上させます。

あなたの内側から沸いてくる自信で内定がもらえる!なんて事も。そんな胸を張りたくなるほど品質のいいネクタイです。


8.就活ネクタイのまとめ

就活生のネクタイは、色・柄・素材・太さなど色々なところに気を配る必要があります。

ビジネスシーンに相応しいものを選んで、面接官から好印象に見てもらえるように気をつけましょう。

また、証明写真用のスーツ・ネクタイと、面接時の服装は必ずしも同じである必要はありません。

ですが、面接官は履歴書の写真を見て人柄を把握していますから、同じ印象を相手に与えたい人はどちらも統一する事をおすすめします。

コメントする

コメントは承認され次第、表示されます。

カート

利用可能なすべての在庫はカートにあります

カート内に商品がありません。