スーツとサスペンダーは相性抜群!その理由とおすすめアイテムを公開!


スーツとサスペンダーは相性抜群!その理由とおすすめアイテムを公開!

日本人は、スーツをカッコよく着用する人は多いですが、サスペンダーはあまり着ない人が多いです。

その理由としては、サスペンダーの服装は太っていて普段、ズボンベルトが入らない人が着けるものと認識されていたり、おじさんぽくてダサいファッションだというイメージがあるようです。

お笑い芸人や、芸能人が個性を出すためにサスペンダーを着用していることはありますが、私達、一般人にはまだあまり受け入れられていないようです。

ですが、実は、スーツスタイルとサスペンダーは相性抜群なのをご存知でしょうか。

オシャレ上級者を目指すのであれば、サスペンダーの着こなし方や利点を知っておくとダサく思われずにカッコよく仕上げることができます。

今回は、スーツにあうサスペンダーについてや、組み合わせ方と理由・おすすめアイテムなどについてご紹介していきます。

1.サスペンダーとブレイシーズとは?

サスペンダーとは、パンツに取り付けて両肩で吊り下げるファッションアイテムです。

役割としては、パンツを固定させることができるので服装のズレ落ちを防止することができます。

そして、サスペンダーという呼び名が日本では当たり前となっていますが、イギリスでは「ブレイシーズ」と呼ばれています。

日本では「サスペンダー(Suspenders)」ですね。

イギリスでは、英語名で「ブレイシーズ/ブレイシス(Braces)」などと呼ばれています。

このように、サスペンダーという名称は日本で当たり前に浸透していますが、イギリスでサスペンダーというと「ガーターベルト」を表すことになり、全く違う意味になってしまうので注意が必要です。

そして、サスペンダーは「シックなタイプのH型・フォーマルな服装に似合うX型・カジュアルな洋服にぴったりなY型・個性を出したい人や運動をする人に最適なサイド吊り型」などいろいろな種類があります。

2.スーツとサスペンダーを合わせるメリットについて

サスペンダーは、洋服のパンツがズレないようにするファッションアイテムですが、服装の中で抜群に相性が良い組み合わせが「スーツ」です。

スーツスタイルは、特に営業職のビジネスマンが着用する頻度が多いですが、仕事先にサスペンダーを着用していくのに抵抗がある人もいらっしゃるかもしれません。

ですが、スーツを着用するシーンは、仕事の時だけとは限りません。

婚式などのお祝い事や、記念日デートなどレストランにスーツを着ていったり、様々な場面で出番があるので、その時にサスペンダーと組み合わせるとよりオシャレさをアップさせることもできます。

そして、サスペンダーとスーツを合わせることは以下のように、色々なメリットがあります。

パンツの長さを保てる

スーツを着用して、ズボンベルトを使ってパンツを締めると長時間動いていたらパンツの位置がズレてくることもあります。

サスペンダーを使用することで、「パンツの長さを保てる」働きが出来るのでパンツの位置がズレにくく固定できます。

鞄を手に持っていたり、両手が塞がっている時はスーツのズボンがズレているとスムーズに直すことが困難になりますが、サスペンダーとスーツを組み合わせていたらパンツがズリ落ちるということがなくなるので楽です。

人前でパンツがズリ落ちて恥ずかしい思いをしない為にも、サスペンダーとスーツを合わせるのは最強なんですね。

パンツの折り目がキレイ

スーツを着用して、ズボンにベルトを締めているとベルトのバックルが変な位置にきていたり、上着の裾からバックルが変な風に見えたりして不格好になってしまう人もいます。

サスペンダーを正しく着用すれば、「パンツの折り目が常にキレイ」ですからスーツをより着こなすことができますし、他人から清潔感がなさそうに見られなくなります。

身につけているファッションアイテムが、オシャレなものだったとしても着こなし方がダメですと身体全体のシルエットがダサくなります。

高価なブランドアイテムを身につけたり、色の組み合わせやサイズ・種類を気にしてオシャレ度をアップさせることも大切ですが、見栄えも気にしたいのであれば常にキレイな状態で着続けられる工夫も大切です。

ベルトで締め付けられない

スーツスタイルでは、ズボンにベルトを巻かないと下半身をキレイに見せることができませんが、長時間動いているとベルトで締め付けられている部分が痛くなってしまう恐れがあります。

その点、サスペンダーとスーツの組み合わせであればベルトは使用しなくて良く、パンツから両肩に吊り下げるだけで固定できるので締め付けられるということがありません。

洋服や身体が締め付けられないことで、服装のズレを防げますし常に快適に動き続けることが可能です。

足長効果がある

スーツのパンツを、ベルトで締め付けているとお腹周りで固定させているので動いていると段々と下にパンツがずれ落ちてしまい短足に見られてしまう恐れもあります。

また、ウエストに近くなればなるほどパンツの折り目のセンタークリースが変形してしまい不格好になってしまうこともあります。

パンツをキレイに見せたい場合は、折り目のキレイさが大切です。

サスペンダーを使用することで、パンツの折り目が曲がらずキレイに保持することができるので「足長効果」が期待できます。

3.サスペンダーにはボタン留めとクリップ留めがある

スーツには、サスペンダーが相性抜群だとお伝えしましたが固定の仕方で「ボタン留めタイプ・クリップ留めタイプ」があります。

一般的な、スーツのズボンはベルトを締めることを前提として製造されていますから、サスペンダーを留める為のボタンは付いていません。

ですから、サスペンダーの方にズボンを固定させるものが付いています。

ボタン留め

サスペンダーの、「ボタン留めタイプ」はウエスト部分に布製ループ・革などの素材をボタンに留めて使うものです。

サスペンダーのパンツにボタンが付いているタイプもあれば、自分で付けるものもあります。

ボタン留めタイプのものは、外れにくいというメリットがあるのでよく身体を動かすことが多い人はボタン留めタイプがおすすめです。

クリップ留め

一般的に普及しているタイプが、「クリップ留めタイプ」です。

クリップの素材は、金属・プラスチックなどが使用されていて金属製のものの方がプラスチック製よりも破損しにくいというメリットがあります。

ただし、ボタン留めタイプと比べて、サスペンダーのクリップ留めタイプはズボンの生地を痛めやすくなってしまいやすくなります。

4.スーツにあうサスペンダーの組み合わせ

スーツのカラーの定番として、グレー・ブラック・紺色などがありますがサスペンダーもスーツに合わせるなら白色・黒色などが基本になっています。

その他には、スーツにあうサスペンダーの組み合わせとして以下のようなものがあります。

ネクタイの色に合わせる

サスペンダーを選ぶ時は、フォーマルな場面では黒色や白色が無難ですが、基本として「ネクタイの色に合わせる」ということでも問題ありません。

ビジネスシーンに、派手な色のネクタイを着けるのはビジネスマナー的によろしくないので、きちんとTPOにあったネクタイの色にサスペンダーの色を合わせるようにしましょう。

スーツの裏地と合わせる

スーツのカラーの定番と、サスペンダーの基本的なカラーを合わせるのが王道ですが実は、サスペンダーは「スーツの裏地と合わせる」ということもアリです。

サスペンダーの色がスーツの裏地と一緒の場合、裏地がさり気なく見えることで違和感なく自然な雰囲気を出すことができるので服装のカラーを主張しすぎだと思われにくいです。

5.スーツに似合うサスペンダーのおすすめ商品

刑事サスペンダー|スタイルイコール

日本の職人が作る高品質な日本製ホルスターサスペンダーです。

X型にもY型にもない魅力があり、手放せなくなります。

Point1.背筋がキレイに美シルエット

Point2.他のサスペンダーに比べ肩がこりにくい

Point3.2点留めだからジャケットを羽織ってるときはみえない配慮

Point4.アジャスターで長さの調節可能

・商品名:刑事サスペンダー

・幅:2.5cm

・革部分:フェイクレザー(合成皮革) ※合皮は色落ちしません。

・ベルト部分:ポリエステル ※伸縮性があります。

・生産国:日本

・色:ブラック/グレー/ベージュ/ダークブラウン/ネイビー/ダイヤ×ブラック/ストライプ×ブラック/ヘリンボーン×グレー



ホルスターサスペンダー|スタイルイコール

こちらも同じく、日本の職人が作る高品質な日本製ホルスターサスペンダーですが、フィット感がさらに増す作りとなっています。

そのヒミツは、背中の4点留めレザーベルト。

4本の帯がそれぞれ自由に可動するので、上半身全体にぴったりフィットするのに引っ張られるような違和感を感じません。

・商品名:ホルスターサスペンダー

・幅:3cm

・全長:100cm(最大135cm)

・革部分:牛革

・ベルト部分:レーヨン/ゴム

・金具:鉄/樹脂

・色:無地織柄×ブラック/無地織柄×シルバー/ウェーブ×ブラック×グレー/ウェーブ×ブラック×ベージュ/マルチストライプ×ブラック×グレー/マルチストライプ×ブラック×ベージュ/マルチストライプ×ブラック×ブラウン/ウェーブ×ブラック×ブラウン





6.サスペンダースーツのまとめ

サスペンダーは、日本でサスペンダー(Suspenders)で親しまれていますが、イギリスでは英語名で「ブレイシーズ/ブレイシス(Braces)」などと呼ばれています。

イギリスで、サスペンダーのことを話すと「ガーターベルト」という意味になってしまい大きな誤解をうむことになるので注意が必要です。

サスペンダーは、スーツスタイルとの相性がとても良いので、ネクタイやシャツなどのファッションアイテムの色やスーツ自体のカラーの組合わせを意識して、派手な色にならないように見栄えを整えることが大切です。

コメントする

コメントは承認され次第、表示されます。

カート

利用可能なすべての在庫はカートにあります

カート内に商品がありません。