コードバンの財布はどれがいいの?基礎知識や種類について公開


コードバンの財布はどれがいいの?基礎知識や種類について公開

コードバンは、馬の革が使われており欧州の農耕馬の臀部からのみ採取できる貴重な皮です。

繊維が一方向に揃っているのが特徴で、耐久力がありツヤが綺麗な光沢感もあります。

レザーマニアの方に人気なファッション小物アイテムと言えば、コードバンの財布です。

オシャレ初心者の方は、ブランド物の財布はどれが良いのか悩む人も多いです。

コードバンは、「革のダイヤモンド・革の宝石」などと呼ばれており、手にして見ると絶対に購入したくなるくらい心が惹きつけられることでしょう。

今回は、コードバンの財布の基礎知識とはについてや選ばれる理由と、種類・おすすめ財布などについて紹介していきます。

1.コードバンとは?

コードバンは、欧州の農耕馬の臀部からのみとれる希少価値が高い素材です。

ローマ字表記で「Cordovan」となり、アルファベットなので外国だけしか浸透していないと思う方も多いのではないでしょうか。

実は、日本でも兵庫県姫路市にある新喜皮革が取り扱っており、外国ではアメリカのHorween(ホーウィン)社などが生産業者として存在します。

コードバンの素材をファッション小物アイテムとして使用する場合は、約半年間ほどの生産期間が必要になってきます。

馬の革から、靴数足分くらいの量しか採取できない貴重な皮ですから大量生産はできないのですね。

その独特な光沢や上品な質感に魅了される人が多く、毎年人気のコードバン。

良質なコードバンを採取する為には、生産者が丁寧に愛情を注いで肥育生産しなければいけませんし、綺麗なツヤを出したり高級感ある質感を実現する為には、高度な知識と技術を習得した職人さんの力が必要です。

2.コードバンが財布で選ばれる理由

コードバンの財布が、本革製品の中でも最も高いです。

その理由とは、革素材の中でも一番、馬の革を採取することが困難だからなのです。

お伝えした通り、馬一頭から靴数足分くらいの量しか採取できない為、希少性が高いのですね。

牛の革と比べて、強度が数倍も強いですから傷が入りにくく、コードバンの財布は本革製品の中でも長持ちしやすいものとなっています。

また、コードバンが財布で選ばれる理由として以下のようなことが挙げられます。

丈夫

コードバンの素材は、とても丈夫で耐久力が高いレザーとして有名です。

牛の革よりも、数倍も強度があるコードバンの財布ですから、同じ本革でも長持ちさせやすいとわかればコードバンのものを購入したいと思う方は多いのではないでしょうか。

使い込むほどに愛着も湧いてきますから、人によっては一生モノの財布になる方もいます。

使えば使うほど深みがでる

コードバンの財布は、美しい光沢感を実現するグレージング加工が施されています。

そして、新品の状態ではキラキラと輝く光沢が出るのは当然ですが、使えば使うほど深みがでて光沢が味わい深く変化していき、ますます魅力的なものになっていくでしょう。

もちろん、そのためには定期的なメンテナンスが欠かせません。

3.コードバンの財布には種類がある

コードバンは、ファッション小物アイテムに使用されていますが、全ての製品が同じ種類ではありません。

それぞれ、以下のように特徴を活かして最適なものが生産工程で用いられているのです。

顔料仕上げコードバン

「顔料仕上げコードバン」とは、必要最低限の油のみを内部に浸透させタンニン鞣しを施します。

その後、表面に顔料を上乗せして色付けしたものがコードバンの財布を作る作業工程で用いられています。

顔料仕上げされることにより、革の表側が覆われているので水が付着した際に素材の内部に浸透することを防止する働きがあります。

基本的には、財布は水に濡らさないことが大切ですが、顔料仕上げを施すことで防水力や撥水力が高まるので安全性がより高まるのですね。

オイルシェルコードバン

昔から認知されているものが、「オイルシェルコードバン」です。

海外では、「シェルコードバン」とも呼ばれています。

コードバンの繊維の中に、天然オイルを浸透させるオイル加工が施されているので、ツヤ感や折り曲げに対する耐久力を実現することができます。

ウレタン染めコードバン

「ウレタン染めコードバン」は、防水力・撥水力が高いのが特徴的です。

表面にウレタンがコーティングされているので、水を弾き耐久性も高いです。

長期的に、ウレタン染めコードバンの製品を持っていると、樹脂が劣化してベタ付きや色ムラなどが起きてしまう恐れがあります。

なので、定期的な手入れを怠らないようにすることが大切です。

コードバンではないもの

財布に使われている素材は、コードバンだけではありません。

また、コードバンは馬の臀部の革が使われていますが、他にも「ホースハイド・ホースフロント・ポニーレザー」などが馬の革として使われています。

財布だけではなく、革ジャケットなど色々な製品に使用されています。

4.選んでよかった!コードバンおすすめ財布

ビジネススタイルにも、大切な人や気になる人へのプレゼント用としてもコードバンの財布であれば、シンプルなデザイのものが多く悪目立ちするものがないので安心です。

コードバンのおすすめ財布3選を紹介します。

ココマイスター

<下記引用です>

クラシックな長財布の定番として、ココマイスターから「コードバンクラシック・シャーラック」が販売されています。

デザインは、英国にあるアスコット競馬場をモチーフにされており、ビジネススタイルやドレスコードなどに似合うものとなっています。

・商品名:ココマイスター コードバンクラシック・シャーラック

・サイズ:縦9.4cm×横19.2cm×厚さ2.6cm

・色:クラシックブラック/クラシックボルドー

・製造元:日本製

・素材:外装=ロウ引きコードバン/内装=アマンデルレザー



GANZO

<下記引用です>

ただでさえ、上質な光沢感が出るコードバンの素材ですが、GANZOの「CORDOVAN(コードバン)ファスナー小銭入れ付き長財布」は、その光沢がより引き立つように内側と外側の素材の明暗や色彩が絶妙な組み合わせです。

ビジネススタイルにマッチし、スーツの胸ポケットに収納しても不自然さを感じにくい作りとなっています。

使い込んでいくうちに、徐々に透明感が増してくるのでユーザーの目を飽きさせず、本革が好きな方にはぜひ手にとって頂きたい製品です。

・商品名:GANZO CORDOVAN(コードバン)ファスナー小銭入れ付き長財布

・サイズ:縦9.0cm×横19.0cm×マチ1.8cm

・色:ブラック/ヘーゼル/ダークブラウン/ダークグリーン/ネイビー

・製造元:日本製

・素材:馬革(コードバン)×牛革ヌメ



STYLE=

STYLE=からは、ハイブランドに比べるとお手頃価格なのに、引けを取らないコードバンの長財布が出ています。

ポケットも多いので、無理なく収納できて使い勝手も◎

グレージングと呼ばれる仕上げがされているので、表面がとても滑らかで上品な光沢感があり高級感が増しています。

カラーは、使い込むほどに重厚な光沢を放つブラックとボルドーの様な深い色味とコクが出てくるブラウンの2色展開。

手に入れた一瞬の喜びだけでなく、育てる喜びがずっと続きます。

・商品名:長財布 コードバン

・金額:¥35,000

・サイズ:縦10cm×横19.5cm×マチ2cm

・色:ブラック/ブラウン

・製造元:日本製

・素材:コードバン





5.コードバン財布のまとめ

独特な光沢感が魅力のコードバンは、欧州の農耕馬のお尻の部分の皮からしか採取できない貴重な素材です。

ローマ字表記で「Cordovan」と表記されています。

世界的に有名なコードバンですが、日本でも人気があり兵庫県姫路市にある新喜皮革が取り扱っています。

海外では、アメリカのHorween(ホーウィン)社が生産業者として有名でしょう。

ファッション小物アイテムで、革製品が好きな方にコードバンの財布が人気です。

丈夫で長持ちするので、使い込んでいくうちに愛着が湧くこと間違いなしです。

一生モノの財布として、ぜひコードバンを選んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

コメントは公開する前に承認する必要があることに注意してください

カート

これ以上購入できる商品はありません

カートは現在何も入っていません

配送オプション