かっこいい名刺入れってどんなの?一目惚れ間違いなしの名刺入れとは


かっこいい名刺入れってどんなの?一目惚れ間違いなしの名刺入れとは

ビジネスマンにとって、取引先の企業や商談相手と初対面の時に名刺交換をするのがスタンダードになっていますよね。

いわば、勤め先の会社情報・個人情報が書かれた名刺は仕事の「顔」となるわけです。

名刺交換の際は、名刺入れから名刺を出しますから相手に名刺入れを見られることも多いでしょう。

できるだけ、かっこいいものを持っておくと、相手との話のネタになったりオシャレな人だなと好印象に思われることもあります。

今回は、かっこいい名刺入れの特徴や、反対にかっこ悪い名刺入れの特徴などについてご紹介していきます。

1.かっこいい名刺入れってどんなの?

名刺には、「社名・氏名・所属先・連絡先」などが書かれています。

これは、初対面の取引先の企業や商談相手などに自分の情報や勤務先の情報を相手にわかりやすく伝えるためのツールになります。

とても大事な、個人情報や会社の情報が入っていますから、きちんと名刺入れに保管しなければいけません。

ただ、新入社員であればいきなり高価なブランドものや、派手でかっこいい名刺い入れを所持してしまうと、会社の人たちやお客様から生意気なビジネスマンだと思われる恐れもあるので注意が必要です。

ですので、新入社員の方はかっこいい名刺い入れを持つのは良いけど、シンプルなデザインで派手な色・素材のものは持たないようにすることが重要です。

ある程度、会社で重要な立場になってきたり、仕事ができる立ち位置の方は新卒者のようにシンプルすぎる名刺入れを選ぶ必要はないでしょう。

以下のような、タイプのものを購入するのがオススメです。

上品な素材

まず、新入社員におすすめな名刺入れの素材は「本皮」です。

ビジネスマナー的にも、名刺入れは本革のものが一般的ですから、社会人になりたての人が所持するものとしておすすめです。

そして、ある程度仕事が出来るビジネスマンの方にも革製品が良いでしょう。

上品な素材として、「牛革・羊革・馬革・クロコダイル」などの革素材が販売されていますが、それぞれに手触りや質感・柔らかさなどに違いがあります。

革製品は、ずっと使用し続けているとシワが入ってしまうことがあるので、定期的にメンテナンスが必要です。

スマートなタイプ

名刺入れの形状として、スマートなタイプを持っておくと良いでしょう。

例えば、一般的なものでは「二つ折りタイプの名刺入れ」です。

二つに折れるので、名刺を包むフタの役割が出来るので、名刺が汚れにくくなるという利点があります。

そして、かっこいい名刺入れですとブランドのロゴがついているタイプがおすすめです。

ですが、新入社員のうちは、ブランド商品をいきなり購入するのではなく、仕事が出来るようになってきたらブランド物の名刺入れを買うようにした方が、周りからの印象は良いでしょう。

ちょっとした遊び心がある

名刺入れは、名刺を収納する小物アイテムですが、ちょっとした遊び心を持たせる場合、「収納ポケット」が何個もあるタイプがあります。

また、メインポケットの他に、フタの裏にポケットが付いていたり、ボタン付きのフタのものがあったりします。

例えば、他の収納ポケットには、肩書が凄い人だけの名刺の収納専用にしたり、自分の名刺の種類を複数個作って、分けて収納してみるというのも良いのではないでしょうか。

シンプル

特に、社会人になったばかりの人は、名刺入れはできるだけシンプルなデザインのものが良いでしょう。

例えば、「ロゴ入・装飾されたもの・派手なデザインや色」の名刺入れなどは持たないようにした方が良いです。

ビジネスシーンでは、あまりカジュアルな印象を相手に与えてしまうと、相手に悪い印象を持たれてしまう恐れがあります。

ですから、相手に不信感や悪い印象を持たれないためにも、新入社員の人はかっこいい名刺入れでも、デザインがシンプルで無地のものがおすすめです。

2.かっこ悪い名刺入れの特徴

新入社員や、仕事に慣れてきたビジネスマンは、かっこいい名刺入れを持つことで清潔感を出したり、よりオシャレさを演出できるでしょう。

また、逆に「かっこ悪い名刺入れ」を購入しないようにすることで、ビジネスマナーを守り、相手に不快な印象を与えないことに繋がります。

かっこ悪い名刺入れについて、知識を深めた上で、さらにかっこいい名刺入れについて理解して頂けると、取引先の企業や商談相手に失礼のないものを選ぶことが出来ます。

一目見て高価なもの

かっこいい名刺入れは、一目見るだけで一目惚れするようなものもあるでしょう。

ただし、高価なものを買う必要はありません。

特に、立場が低い新入社員の人が高価なブランド商品を持っていると、仕事が出来るかわからない時期なのに、外見ばかり気にしていると評価をされて印象が悪くなる恐れもあります。

また、有名ブランドのロゴが大きく入っているような名刺入れですと、人柄ではなくブランドの印象が残りがちになることもあるので、立場によっては控えたほうが良いでしょう。

派手すぎる

派手な色やデザインの名刺入れは、自分ではかっこいい名刺入れだと思っていても、相手から見たらかっこ悪い名刺入れに思われることもあります。

そして、ビジネスシーンに使うものは、できるだけシンプルなものの方が真面目な性格だと思われるので印象が良いでしょう。

特に、新入社員の人は派手すぎる名刺入れは絶対に使用しない方が良いです。

ブランド商品ではなく、例え値段が安いものであっても派手すぎる名刺入れですと、やはり相手によっては生意気な人だと思われることもあります。

あきらかに100円ショップで買ったもの

あまり派手すぎず、かつ高価な名刺入れでない方が良いものの、あきらかに100円ショップで購入したものは使用しない方が良いでしょう。

あまりに安すぎるのも相手に失礼ですし問題です。

新入社員の人は、名刺入れを選定するのが難しいと思われる方もいるでしょうが、そのような場合は会社の先輩や同僚に相談してみましょう。

安すぎず高すぎず、かつシンプルな名刺入れを使用するのがオススメです。

ボロボロで汚い

どんなにハイブランドで上品な素材の名刺入れを使用していても、ボロボロで汚いものであったら、相手がガッカリしますし勤め先の会社のイメージダウンにも繋がります。

名刺入れは、自分の名刺を入れるだけではなく、お客様の名刺も収納することになりますから、ボロボロで汚い名刺入れを使用していたら、お客様は名刺だけではなく自分との仕事や関係も大切にしないタイプの人なんだなと判断される恐れがあります。

ですので、ビジネスマンにとって清潔感はとても大切になるので、きちんと名刺入れは定期的に掃除やメンテナンスをするようにしましょう。

3.かっこいい名刺入れ〇選


4.名刺入れかっこいいのまとめ

かっこいい名刺入れを、ビジネスマンであれば持ちたいと思う人が多いのではないでしょうか。

ですが、新入社員の人は見栄えばかり気にして「派手すぎる色・デザイン・素材のもの・ハイブランドのもの」などを購入する必要はありません。

確かに、かっこいい名刺入れにはなりますが、社会人になりたての方はできるだけシンプルなデザインで無地のものが、相手に真面目な印象を与えることになるのでオススメです。

また、ボロボロで汚い名刺入れは、いかにも仕事が出来なさそうな印象と不潔感を相手に与えてしまいますから、絶対に所持するのは止めた方が良いでしょう。

「安価すぎず・高価すぎず・シンプル」な、かっこいい名刺入れ名刺入れを購入してください。

コメントする

コメントは承認され次第、表示されます。

カート

利用可能なすべての在庫はカートにあります

カート内に商品がありません。