名刺入れはどんな基準で選ぶべき?初心者でも失敗しない選びかた


名刺入れはどんな基準で選ぶべき?初心者でも失敗しない選びかた

社会人となって、企業で働くようになると特に営業職に就いている人は「名刺」を持ち歩くようになりますよね。

名刺は、会社の看板でもあり自分自身の自己紹介ツールとしての役割があります。

名刺交換の際には、名刺は手帳やノートなどに挟んでおくのではなく、きちんと名刺入れから出して相手に渡す心掛けが必要です。

名刺入れは、品質が良いものを選ぶことが大切ですが、何も高価なものやブランド品をいきなり所持する必要はありません。

ビジネスマナーとして、NGな名刺入れを選んで使用してしまうと取引先の企業の信用を傷つけたりや自身の評価も下がりかねません。

それくらい、名刺入れというのは社会人にとって大切な所持品なのですね。

今回は、初心者の人は名刺入れはどんな基準で選ぶべきなのかや、ビジネスシーンでダメな名刺入れなどについてご紹介していきます。

1.名刺入れとは?

名刺入れとは、社会人となって勤め先の会社から名刺を貰った時に、清潔にそして安全に保管しておく物です。

名刺入れの役割は、名刺を綺麗に収納して汚れないように持ち運べることですから、ただ名刺を持ち運べれば良いというものではありません。

適量の名刺が入れれるのかや、入れた名刺が取り出しやすいのかなど、使っている時の機能性も必要になってきます。

ビジネスシーンで、よく名刺交換が行われているところを見たことがある社会人の方は多いのではないでしょうか。

その時に、ほとんどいっていいほどみなさん、名刺入れを持ち歩いているでしょう。

ですから、現在は、「名刺入れ」にきちんと名刺を収納して持ち歩くということが当たり前のビジネスマナーになっています。

もし、名刺入れを持ち歩いていないで、名刺を裸のまま所持していたり、何かに挟んで収納しているといった状況であれば、名刺が汚れたり折曲がったりするリスクも高まります。

それに、取引先の企業や面談する相手に、自分が名刺入れを持っていないことが知れると、たちまちその会社や名刺交換する人の評価が下がってしまうでしょう。

そして、名刺交換をするということは、お互いに初対面同士で行われることが多いため「第一印象」がとても悪くなってしまいます。

人間は、相手の第一印象次第で今後の人間関係に影響を及ぼしてしまうと言っても過言ではないくらい最初の印象というのは大切なんですね。

2.プロが選ぶ!名刺入れの選びかた

いきなり、社会人になりたての人が相応しい「名刺入れ」を選ぶことは難しいです。

なぜなら、ビジネスマナー的にダメなものがあったり、会社の規則・ルールなどで使用して良いものが決まっていたりするからです。

取引先の企業や対面する相手に、失礼のない名刺入れを選んでいても、例えば新社会人の方がいきなり高価なブランドものを持っていたら会社の先輩・上司よりも値段が高いものを持っていて生意気だと思われたりすることもあるでしょう。

このように、取引先の企業や相手に対しては何も問題がないけれど、勤め先の会社の人たちからは良く思われないこともあるのですね。

初めて名刺入れを購入する初心者の人や新社会の方は、あまり派手な色のものは買わない方が良いでしょう。

ビジネスでは、オシャレさを求めるよりも先に仕事が出来るようになることが大切です。

ですので、ある程度仕事ができるようになってきたら、おしゃれを重視して明るい派手な色の名刺入れを選べば良いでしょう。

特に、初心者の人や新社会人の方は「黒色」を選んだ方が無難です。

素材

名刺交換をする機会の多い、営業マンは基本的に勤め先の会社を外出して色々な取引先の企業に赴いたり客先で相手と商談しますよね。

雨の日もあれば、気温が低い日もありますし、晴れて気温が高い日に外回りをしたりするので、基本的にどんなビジネスシーンでも使用できることと、見た目の良さを考えて名刺入れを選ばなければいけません。

そういうことを考えると、プラスチック製・アルミ製でしたら名刺入れが変形したり傷が入ったりしてしまう恐れもあります。

ですので、どんなビジネスシーンでも使用できるもので丈夫な名刺入れは「革製」の素材のもが相応しいでしょう。

収納

名刺交換をする機会は、ビジネスマンであれば仕事での機会がとても多いですが、異業種交流会やビジネスパーティーなどに行く機会があるかもしれません。

ですので、名刺入れはある程度の収納力があった方が良いです。

名刺の収納目安としては、「名刺が20枚~30枚」くらい入る収納力が欲しいところです。

また、頻繁に名刺交換をする機会がある社会人の方は、自分の名刺が無くならないように「50枚」くらいの収納ができる名刺入れを選ぶことがコツになります。

機能

名刺入れを1つをとっても、色々な種類があり機能性も様です。

名刺交換をするということは、自分の名刺を取引先の企業の方や商談相手に渡すだけではなく、相手からも名刺を貰いますよね。

ですので、相手様の名刺も名刺入れに収納しなければいけません。

その時に、自分の名刺が名刺入れにたくさん入ったところに、そのまま相手の名刺を入れてしまうと、後で、別の取引先の企業の人に間違えて渡してしまう恐れもあります。

それだけではありません。

もし、自分の名刺がたくさん入った名刺入れに、そのまま受け取った名刺を突っ込んでいる姿を、相手に見られてしまうと自分の名刺が乱雑に扱われていると思われて、とても印象が悪くなってしまうことにも繋がりかねません。

ですので、名刺入れを選ぶ基準として機能面では「仕切りがある・奥行にゆとりがある」ものを選ぶことが大切です。

ブランド

新社会人の人は、いきなり高価なブランドものの名刺入れを選ぶ必要はありません。

先ほどもお伝えしましたが、名刺交換をする機会というのは初対面同士で行われることが多いです。

ですので、新社会人の人が高価なブランドものや派手目な名刺入れを持っていると生意気だと思われたり、仕事が出来ることをきにしているよりも自分のオシャレの方を重視しているんだなと相手に誤解を招く恐れもあるでしょう。

ですので、初めからブランドものはおすすめしませんが、どうしても所持したいのであれば「ポールスミス」が、シンプルなデザインにブランドのロゴも控えめなデザインのものが多いのでおすすめです。

3.ビジネスシーンでダメな名刺入れ

特に、新社会人のビジネスマンは仕事中のファッションを気にするよりも、まずは仕事の成果を出すことに専念した方が良いでしょう。

会社は社員が、仕事の成果をあげることによって回っていますし、その対価として給料が支払われます。

ですので、ビジネスシーンで生意気だと思われるような名刺入れを持ち歩くのはおすすめしません。

派手すぎる

例えば、商品を売りに来た営業マンが、高級ブランドの派手な色合いの名刺入れを持っていると相手からは「生意気・チャラチャラしてそう・真面目に仕事しなさそう」とネガティブな印象を与えてしまう恐れがあります。

派手な名刺入れを持っていることがダメというわけではありませんが、できるだけシンプルなデザインの名刺入れを持っていた方が、初対面の印象は良くなる傾向があるということですね。

汚れている

ビジネスシーンでダメな名刺入れとして、派手目のものは選ばない方が良いですが逆に安っぽすぎるものもNGです。

ある程度品質が良いもので、安すぎないものが良いですね。

また、名刺入れが汚れていると、名刺が汚れてしまうことになったり、相手からの印象も悪くなるので常に名刺入れは清潔にしておきましょう。


4.名刺入れの選びかたのまとめ

名刺入れは、ただ名刺を保管できれば良いという考えで持つのではなく、ビジネスマナー的にダメなものもあるので注意しなければいけません。

名刺は、自分の顔でもありますし、勤め先の会社の大事な看板を背負っていることと同じなので、名刺や名刺入れの取り扱いには気を配る必要があるのです。

名刺入れを購入する初心者の方や、新社会人の方はいきなり高価なブランドものを選んだり、派手な色のものは選ぶ必要はありません。

ビジネスシーンで、ダメな名刺入れを使ったり買わないように気を付けて、仕事が出来るビジネスマンになっていきましょう。

コメントする

コメントは承認され次第、表示されます。

カート

利用可能なすべての在庫はカートにあります

カート内に商品がありません。