名刺入れの汚れ落としはある?賢いビジネスマンは名刺を分散して持ち歩く


名刺入れの汚れ落としはある?賢いビジネスマンは名刺を分散して持ち歩く

ホワイトカラーの職業の方は、名刺を持つ機会が多いと思いますが、ビジネスマンたるもの身だしなみを綺麗にしておかないと、名刺交換の時に他者からの第一印象は良くありません。

日本人は、綺麗好きな人が多いので清潔感に関しては問題ないですが、身につけている小物アイテムにまで、気を配っている人は多くはないのではと思います。 特に、名刺を入れる名刺入れは綺麗にしておかないと、相手からは信頼されにくいですし印象が悪くなります。

今回は、名刺入れの汚れ落としはあるのか?や、賢いビジネスマンは名刺を分散して持ち歩いている事!などについてご紹介していきます。

1.名刺入れの汚れパターン

名刺入れの汚れパターンをご紹介します。 ビジネスマンは、仕事で日々色々な人達と会って名刺交換をする事が多いですから、何度も名刺入れから名刺を取り出しています。

そうすると、だんたんと名刺入れや名刺が汚れてきますので、汚れたままの物を相手の目の前に置いたり差し出したりする事になりますよね。

自分は、それでも良いかもしれませんが、相手が汚れたままの名刺入れ・名刺を見たら不潔な人だと思われる恐れがあります。

【汚れのパターン】

・手アカや皮脂の汚れ

・名刺の擦れの汚れ

・水に濡れる

・ボールペンによる汚れ

・カビの汚れ

上記のように、名刺入れの汚れには色々な原因が考えられます。 そして、名刺が汚れる事によってその汚れが名刺入れについてしまったりするパターンもあります。

名刺が汚れる原因のひとつに、名刺の出し入れを繰り返している際に、摩擦により汚くなってしまう事がありますので、頻繁に名刺交換をするビジネスマンの方は気をつけてくださいね。

2. 名刺入れの汚れ落としはある?

名刺入れの汚れ落としはあるのか調査してみました。 名刺入れと言っても、金属製・レザー製・プラスチック製など多種多様のものが販売されています。

そして、もっとも手入れが難しいタイプは【レザー製】の名刺入れではないでしょうか。 レザー製のものは、使い込めば使い込むほど味が出て、色合いも変化していきますがメンテナンスを疎かにしたままだと汚れた時に非常に目立ちます。

なので、レザー製の名刺入れはデリケートクリーム・レザーローションなどを使って汚れを落としていきましょう。 油分が多いメンテナンスクリームを使用すると、シミ・色落ちする原因になりますので、水性クリームを使われた方が良いと思います。

また、革靴用のクリームを使用して名刺入れの拭き掃除をしてあげても良いでしょう。 ただし、お使いになる革靴用のクリームによって、名刺入れに適しているものかどうかが違いますので、よく確認されてから使用するようにしてください。

そして、クリームを名刺入れ全体に薄くまんべんなく塗ったら、必ずしっかりと乾拭きをするようにしてシミ・シワ・汚れなどの原因を防ぐことが大事です。

金属製・木製・プラスチック製などは、アルコール除菌ジェルも使用できます。
その他には、消しゴムも汚れ落としには使われています。

3.名刺入れの汚れは、ビジネスマン失格!?

名刺入れの汚れは、ビジネスマンにとって自分の品格や信用を落としかねないものになると思います。 考えて見てください、例えばあなたが取引先の企業の担当者から、初めましての挨拶をされ、名刺交換をする時に相手の名刺入れや名刺が汚れていたら受け取りたいと思うでしょうか。

受け取る分には問題はありませんが、相手の印象も自分の中であまり良くない方に考えてしまいませんか。 体裁良くしていても、細部まで気を配れない人は約束を守れない人も多い傾向があります。

そういう、だらしない性格が名刺交換で、名刺や名刺入れを見ることによってわかってしまうんですね。 それだけではありません。

折れた名刺を渡す行為も、ビジネスマンとして失格になります。 なので、相手と名刺交換をする時に名刺が折れていないか、名刺入れに汚れがついていないか、などを確認するのではなく、前もって点検しておくことが大切ですね。

4.名刺入れは汚れにくい素材はある?

名刺入れは汚れにくい素材はあるのかご紹介します。

名刺入れは、金属製・レザー製・プラスチック製など色々な種類のものがあります。 汚れてしまったら、金属製・プラスチック製はレザー製のものよりもメンテナンスがしやすいです。

そして、名刺入れで汚れにくい素材は【木製】のものになります。 木製のものは、名刺を出し入れする時に摩擦抵抗が少ない為、取り出しやすく汚れにくいという特徴があります。

また、摩擦抵抗が少ないので、スーツを痛める事も少ないです。 ですが、木製の名刺入れは収納枚数が少ないものが多く、下向きに向きを変えると名刺が落ちやすいという欠点もあります。

上記のような欠点は、できるビジネスマンだったら名刺入れ・名刺を分散させて持ち歩くようにしたり、名刺が落ちないように自分で工夫をしたりしているので上手くカバーしていますね。

ですので、不器用だけどマメな性格で掃除などを良くする人は、汚れにくい素材の名刺入れに拘らずに、金属製・レザー製・プラスチック製などを使用しても、きちんと手入れさえすれば汚れが付かないように対処できると思います。

逆に、掃除が不得意だけど器用な人は、木製の名刺入れを所持して木製の名刺入れの欠点をカバーしながら使用していけば良いのではないでしょうか。

5.賢いビジネスマンは名刺入れ・名刺を分散して持ち歩く

賢いビジネスマンは名刺入れ・名刺を分散して持ち歩いている人が多いです。 そうすれば、万が一どれか1つの名刺入れを忘れてしまっても鞄やスーツの中に別の名刺入れが入っているので、恥をかくこと無く相手に名刺を渡すことができます。

名刺交換は、お互い初対面同士でする事が多いので、こういうささいな失敗で第一印象を悪く取られたら最悪です。

また、名刺入れ・名刺を分散させる事で、名刺をギュウギュウ詰めにしてしまわなくて良いので、摩擦抵抗が減り汚れにくくなります。

賢いビジネスマンは、常に自分の身だしなみに気をつけています。 さらに、自分が応対する相手の事まできちんと考えている人が多いので、とても第一印象が良いです。 名刺や名刺入れが汚れていないビジネスマンは、仕事ができそうな雰囲気がしませんか。

名刺を渡す相手が多ければ、それだけ名刺入れ・名刺が汚れてしまうリスクも増えますので、名刺交換をする頻度が少ない方のほうが名刺や名刺入れが汚れにくいという傾向があります。

しかし、肝心なことは、相手と名刺交換をする時に限って「汚れていた」という自分の不衛生さに気づいてしまわないように注意しなければいけません。 できるビジネスマンの方は、コマメに名刺入れや名刺の状態をチェックしている方が多いので、相手と対面する前に汚れに気付けます。

ですので、名刺交換をする頻度が少ない方も、いざという時に失敗しないように定期的に名刺入れ・名刺の点検をする事をおすすめします。

名刺入れの汚れのまとめ

名刺入れの汚れは【手アカや皮脂の汚れ・名刺の擦れの汚れ・水に濡れる・ボールペンによる汚れ・カビの汚れ】などがあります。

名刺入れの汚れは、レザー製であればレザーローション・デリケートクリームなどを使用したり、プラスチック製・金属製・木製などのものはアルコール除菌ジェルなどを使って汚れを落としていきましょう。

名刺入れの汚れ落としはある?賢いビジネスマンは名刺を分散して持ち歩く

についてまとめてみました。