外出時にベルトを忘れてしまって超大変!?応急処置をしよう!


外出時にベルトを忘れてしまって超大変!?応急処置をしよう!

自宅から急いで外出しなければいけない時って、慌ててしまいズボンベルトを着用しないまま出かける方もいるのではないでしょうか。

特に、冬の時期は上着に丈の長いコートや厚手のカーディガンを着る機会もあるので、ズボンベルトの部分が隠れてしまうこともあります。

ですから、ベルトを着用するのを忘れてしまっても自分の体にズボンがフィットすればズレ落ちることがないので問題はないでしょう。

しかし、夏場は半袖のシャツや上着を着る機会が多いので、上着でズボンベルトが隠れるということは少ないですよね。

ベルトを着用していないまま、外出してしまうと周りの目が気になる人も多いでしょう。

今回は、外出時にベルトを忘れてしまった時の応急処置や購入方法などについてご紹介していきます。

1.そもそもなぜベルトを忘れてしまうのか

ファッション小物アイテムの中では、ベルトは上着で隠すことができますし、そこまで目立つものではありません。

それでいて、自分の身体にジャストフィットするズボンを履いていれば別にベルトを使って位置を固定しなくても済む為に、ズボンベルトをするのを忘れてしまう人も中にはいます。

また、急用で自宅から急いで外出しなければいけない時とかも、ベルトを着用することを忘れてしまいがちです。

ズボンベルトは、上着で上手く隠すことが出来るという点が、ベルトをすることを忘れてしまうことになる原因としてあるでしょう。

ただし、ビジネスシーンや、ファッションセンスが高い人と会う時とかには、きちんとズボンにベルトを通しておかないと印象が悪くなってしまう恐れもあります。

2.ベルトを忘れたときの応急処置

冬場でしたら、ズボンにベルトを通すのを忘れてしまっても「スーツ・ロングコート・セーター」などの中に、上手くズボンのベルトの部分を隠すことが出来るので、相手にバレる確率も減ります。

ですが、夏場は基本的に丈の短い洋服を着る方がほとんどですから、そうするとズボンベルトの位置は丸見えになってしまいます。

できるだけ、ズボンベルトをするのを忘れたら隠すことは避けて、以下で紹介する店舗で購入するという応急処置をとってみましょう。

100円ショップ

100円ショップは、現在、店舗数もドンドン増えていますから緊急時にズボンベルトを探す時に見つけやすいお店です。

しかも、商品の値段(価格)がとても安いです。

大きい店舗であれば、ズボンベルトは500円くらいで販売しているでしょう。

100円ショップは、「ダイソー・セリア・キャンドゥ」などが有名ですね。

近くの紳士服店

応急処置として、ズボンベルトを探しているけど、できるだけちゃんとした商品を買いたいと思っている方には「近くの紳士服店」で購入するのがオススメです。

「紳士服のAOKI・洋服の青山・UNIQLO」などは、服屋さんですから、ちゃんとしたズボンベルトが販売されています。

特に、ビジネスマンは身だしなみはきちんとしとくべきです。

あまり安価なズボンベルトを購入すると、すぐに壊れてしまったり自分のファッションに合ったベルトじゃなかったりとトラブルの原因にもなるでしょう。

ですから、紳士服店で洋服のサイズや着用感などを店員さんと相談しながら合わせていき、その上でズボンベルトをコーディネートすれば、仕事の場面に相応しいみだしなみができるでしょう。

ドン・キホーテ

ズボンベルトをするのを忘れてしまった時が、夜中や深夜帯であれば洋服屋さんを見つけるのは大変になりますよね。

もちろん、100均ショップや紳士服店などは閉店しているでしょう。

ですが、コンビニのように24時間開いている店舗は無いと諦める必要はありません。

実は、24時間開いている店舗に「ドン・キホーテ」があります。

お住まいの地域によって、ドン・キホーテの店舗があったりなかったりありますが、もしあれば応急処置としてドン・キホーテでズボンベルトを購入するのもオススメです。

値段も比較的安く、大通りや国道沿いにある店舗が多いので見つけやすいでしょう。

雑貨屋

開店時間が遅めで、閉店時間が夕方まででも大丈夫な方は『ロフト・東急ハンズ』などの雑貨屋さんでズボンベルトを応急処置として買ってみても良いでしょう。

あまり急いでいる方にはオススメできませんが、ズボンベルトの種類も豊富で品揃えが良いので、取りあえず忘れてしまったベルトの代わりでも納得できる商品も多いです。

また、地域によっては市町村に個人が経営している「雑貨屋さん」も色々あります。

個人経営の雑貨屋さんにも、種類や品数は少ないかもしれませんがズボンベルトを取り揃えている店舗はあるので、応急処置として立ち寄って見るのも良いでしょう。

3.意外にコンビニにベルトは置いていない

私達の生活用品を取り揃えている店舗は、色々ありますが最も店舗数が多くて身近なところと言えば「コンビニエンスストア」ではないでしょうか。

「セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップ」など、大手企業がありますよね。

地域によっては、オリジナルブランドのコンビニもあります。

また、外出して何百メートルか移動するだけで、よっぽどの田舎でなければ次のコンビニが見つかるはずです。

そして、コンビニは24時間稼働していますから、ズボンベルトを忘れてしまって応急処置として時間帯を気にせずに入店できるので助かると思う方も多いのではないでしょうか。

ですが、残念ながらコンビニにベルトは取り揃えられてはいません。

主に、食用品を販売している店舗ですから洋服の取り扱いはしていませんよね。

ですので、コンビニにズボンベルトが販売してはいないのです。

私達が食事をする際には、大変便利なコンビニエンスストアですが、ズボンベルトは取り揃えられてはいないので、24時間開いている店舗であれば「ドン・キホーテ」とかで購入された方が良いでしょう。

4.どうしてもベルトを忘れて応急処置ができないのなら気にせず過ごす

どうしても、ベルトを忘れてしまって応急処置が出来ない方も多いのではないでしょうか。

わざわざ、忙しい合間をぬってお店を探す時間がもったいない方もいますよね。

ビジネスシーンや、大切な方と会う時は、忙しくても最大限の努力で代わりのズボンベルトを買って着用した方が良いでしょう。

ですが、そこまで身だしなみに気を配らなくて良い場合は「今日はすみません、ベルトを忘れてしまいました」と口頭で相手に伝えてしまうのも手です。

自分から謝っておけば、相手も必要以上に攻めたりはしないことが多いです。

相手に何も伝えずにモヤモヤした気持ちを抱えていると、ズボンベルトを忘れてしまったことの罪悪感で、相手の話が上の空で耳に入らなくなることもあるでしょう。

そうなってしまうと、相手からの印象も悪くなってしまいます。

ですので、最初からズボンベルトを忘れたことを伝えれる相手であれば伝えたり、忘れたことをあまり気にならないのであれば気にせずに過ごした方が良いでしょう。




5.ベルト忘れたのまとめ

ベルトを着用するのを忘れて、外出してしまっても応急処置として「紳士服店・雑貨屋・ドン・キホーテ・100円ショップ」などの店舗でズボンベルトを購入することができます。

お住まいの地域によりますが、24時間開いているお店として「ドン・キホーテ」があります。

どうしても、ベルトを忘れて応急処置ができないのであれば、相手との挨拶の時に「本日はベルトを忘れてしまいました」と一言誤ってみて、身だしなみのことを突っ込まれないようにするのも良いでしょう。

また、そこまで身だしなみにうるさくない人に会ったり場所に行った時は、逆に開き直って堂々と気にせずに過ごした方がストレスが溜まりにくいでしょう。

コメントする

コメントは承認され次第、表示されます。

カート

利用可能なすべての在庫はカートにあります

カート内に商品がありません。