ベルトがゆるい時の応急処置とは!普通とは違うウエストの詰め方(余り調整)や対策法をご紹介



ベルトがゆるい時の応急処置とは!普通とは違うウエストの詰め方(余り調整)や対策法をご紹介

ズボンを履いていて、痩せたり体型の変化が起きるとズボンがブカブカになって履きにくくなる人も多いのではないでしょうか。 そうなると、ベルトもゆるい状態になるのでウエストを詰めたり余り調整をする必要があります。

また、普段使用しているものとは違うベルトをはめる機会もあると思いますが、そういう時はベルトの長さが調整されていない時もあります。 穴を開けたり切ったりする余裕がない時は、応急処置をして一時的に対策できます。

今回は、ベルトがゆるい時の応急処置・普通とは違うウエストの詰め方(余り調整)や、対策法などについてご紹介していきます。

1.ベルトがゆるい時の応急処置について

ベルトがゆるい時の応急処置についてご紹介します。 ズボンベルトが緩くなっている時って、ほとんどのケースがウエストが細くなっているからだと思いますので、緊急措置としてベルトを使用して対処しましょう。

まず、普段、ズボンのバックルにベルトを通して締めているけど、体型が変わりいつのまにか定位置で固定していたらユルユルになっていたという事も多いです。 なので、その場合はベルトを締める時に少しキツめに締めてあげる事でズボンが落ちにくくなります。

ベルトが緩い時の応急処置として、一番簡単で時間もかからない対策法ですし製品を傷めないので、アレコレ考えて余り調整(詰め方)もする必要がありません。 続いてご紹介したいのは【ボタン】を使用したズボンの対策方法になります。

元々、ついているボタンよりも、ちょっとだけ外側(チャックと反対側)に新たにボタンを縫い付けていきます。 そうする事で、内側までボタン穴を持ってきて留める事が可能になりますから、ズボンがズリ落ちるのを防ぐ事ができるようになるでしょう。

また、ベルトをがゆるい時は、ズボンベルトに穴を開けたり切断して長さ調整をする方法がありますが、応急処置としては時間がかかるので、時間に余裕がある時にする事をオススメします。

2. ベルトがゆるい時の応急処置で長さ調整は、穴あけ・切るのどちらが良い?

ベルトがゆるい時の応急処置で長さ調整は、穴あけ・切るのどちらが良いのかご紹介します。 ズボンベルトに、穴をあけたりカットする方法は、どちらも少々時間がかかりますし慎重に作業しないと見栄えも悪くなってしまいます。

特に、ベルトの詰め方(余り調整)で切断に失敗してしまうと、またベルトを買い直さなくてはいけない状況になりますので取り返しがつかなくなる恐れがあります。 その点、穴を開ける応急処置は、穴をあける場所を失敗してしまっても新たに別の穴をあければ良いだけなので取り返しがつきますよね。

ですが、穴を開ける箇所が多すぎると今度は見栄えが悪くなってしまうので、周りから穴だらけのズボンベルトを見られるとダサく思われてしまいます。 なので、長さ調整をする時はYou Tube・詰め方(余り調整)の記事などを参考にしながら作業をされる事をオススメしますね。

ベルトがゆるい時の応急処置で長さ調整は、ズボンベルトを切ってしまうと、あなたの体型が太ってしまったらベルトを締める事ができないという恐れもあります。 なので、穴あけの方が失敗しても大丈夫ですし、取り返しがつきますので穴開けの方が応急措置的には良いと思います。

3. ベルトがゆるい時の応急処置で、ウエストの普通とは違う詰め方(余り調整)

ベルトがゆるい時の応急処置で、ウエストの普通とは違う詰め方(余り調整)をご紹介します。 ズボンベルトに穴をあけたり、切る対処法は確実に長さ調整ができる点は良いのですが、いざ作業に取り掛かると失敗したり作業時間がかかりすぎてしまう恐れもあります。

そこで、ベルトが緩い時は安全ピンを使用してウエスト調整をしてあげると早く仕上がります。 耐久性が心配な方は、複数の安全ピンをズボンに使用してあげる事で、ズボンがズレ落ちる事を防いでくれますよ。

ですが、あくまでベルトがゆるい時の応急処置ですので、後で、きちんとした詰め方(余り調整)や長さ調整をしなければいけません。 安全ピンであれば、100均でも販売しているので費用も全然かからないので経済的ですね。

また、ベルトがゆるい時の応急処置では、メッシュベルトを着用すれば長さ調整は自由自在にできるのでオススメです。 メッシュベルトであれば、あなたの体型が痩せても太ってもどちらでも対処できますよね。

切ったり、穴をあけたりする必要もないですし、とても簡単に行なえます。 ただし、ビジネスシーンで使用するのはマナー的に良くないのでTPOに合わせたベルトを選ぶ事が大切です。

そして、ズボンベルトの応急処置をしたまま、きちんと手直ししないのもいけません。 プライベートでは良いかもしれませんが、仕事の時にまで不備があるものを着用していると、周りが気づいたらズボラな人と思われてしまい印象が悪くなる恐れがありますよ。

4.ベルトがゆるい時の応急処置で、自分でできない時の長さ調整の対策法

ベルトがゆるい時の応急処置で、自分でできない時の長さ調整の対策法をご紹介します。 ビジネスマンの方は、普段の仕事が忙しすぎて、なかなかズボンベルトの手直しやきちんとした詰め方(余り調整)ができない人も多いでしょう。

ベルトが緩い時に応急処置をするのは、だいたい時間的な余裕がない方がすると思います。 そのような方は、緊急処置としてズボンベルトの長さ調整をしても、今度は、きちんと手直しする時間が取れなくて、どんどん時間だけが過ぎてしまい対処できなくなってしまう人もいます。

ですので、後々、自分でベルトの長さ調整ができない人は、プロの修理屋さんにズボンやベルトのサイズ直しをしてもらう事をおすすめします。 できるだけ、購入した店舗で直してもらった方が安心ですが、大手のスーツショップやデパートの洋服店などで仕立て直してくれるところもあります。

費用はかかりますが、自分で応急処置をするよりも、しっかりと直してくれるので安心感があると思います。

5.ベルトとウエストの両方がゆるい時の応急処置方法

ベルトとウエストの両方がゆるい時の、応急処置方法をご紹介します。 あなたのウエストが変化しやすい体質でしたら、ズボンベルトの長さ調整をしても定位置が変わる度に、また直さなくてはいけません。

なので、お腹の体型が変わりやすい人は、腹巻きを着用してウエストに厚みを持たせる事でベルトの長さ調整が楽になりますよ。 しかも、腹巻きは洋服の中に着用するので、周りからは気付かれにくいですし簡単にできる応急処置方法です。

ベルトとウエストの両方がゆるい時は、腹巻きや肌着・ヒートテックなどの重ね着をする事で、ある程度対処できると思います。 また、すぐに体型が変わる人は、ベルトを使用するのではなく、ズボンにゴムが使用されている製品を着用するのもオススメですね。

ベルトがゆるい時のまとめ

ベルトが緩い時は、安全ピンを使用したりメッシュベルトを使用する方法が一番手軽な応急処置方法になります。

ですが、メッシュベルトはビジネスシーンには不向きですので、TPOに合わせたベルトを着用しなければいけません。 穴をあけたり、カットをする方法もありますが、失敗する事もあるので、時間に余裕がある方は最寄りの洋服店やスーツショップなどで修理してもらう事をオススメします。

ベルトがゆるい時の応急処置とは!普通とは違うウエストの詰め方(余り調整)や対策法をご紹介

についてまとめてみました。