【2021年最新版】テレワークで仕事をサボる人の特徴や解決法について徹底検証!


【2021年最新版】テレワークで仕事をサボる人の特徴や解決法について徹底検証!

テレワーク業務では、会社の従業員が出勤せずに自分の好きな時間・場所で働いている人が多いです。

一人でビジネスをする時間も多くなりがちですから、普段、会社の仕事をサボりながらしている人はテレワーク(リモートワーク)で生産性を上げるのは困難になるでしょう。

実は、すでにテレワークでサボる人がどのくらい居るのかの割合が出ていて、サボる人の94%が会社に出社してもサボる人だったと言われています。

サボって何をする時間が多いのかと言いますと、自分の趣味に没頭したりゲームなどをしている人が多いのだとか。

今回は、テレワークで仕事をサボる人の特徴とは何なのかや、ホテルと家はどっちが捗るのかと、サボり放題でもバレるのかなどについてご紹介していきます。

1.テレワークで仕事をサボる人がいる衝撃の事実!

テレワークは、最先端の働き方として現在、注目されています。

まだまだ、取り組み始めて間もない会社が多いので社員一人一人の行動をあまり把握できていないところが多いです。

よくビジネスにおいて、「2:6:2」の法則があると言われていますね。

つまり、2割りの優秀な社員が居て、6割りが普通の能力を持つ社員。

そして、残りの2割りの人が会社でお荷物状態といったものです。

残りの2割りの人達は、そもそも仕事が出来なかったりサボり癖がある人達のことです。

会社に出社して、サボり癖がある人は一人作業をする機会が多くなるテレワーク業務を遂行することは難しいでしょう。

事実、テレワーク業務をしてサボる人の94%の人が会社に出社して仕事をしてもサボっていたというデータもでています。

中には、仕事がさばけていて、早めに自分の業務が終わったのでサボっている人もいます。

そのような人は、テレワークをしても生産性が著しく低下したりする可能性は低いでしょう。

2.テレワークで仕事をサボる人の特徴とは?

テレワークをしている人を、会社の同僚や上司はなかなかどのような行動をしているのか把握するのは難しいでしょう。

そこで、成果物で仕事内容を把握したり、サボっていないか判断することになりがちです。

テレワークで、仕事をサボる人の特徴としては、ダラけ過ぎてその日のビジネスの成果や報告が一切無ければサボっていたと思われることもあります。

会社や同僚・上司に対して、「報・連・相」がスムーズに行われていない人もサボり癖がある人に多いでしょう。

就業時間内は、パソコンやIT機器をほとんど扱っているでしょうから、会社や同僚・上司との連絡は、少しはレスポンスは悪くなることはあると思いますがあまりタイムラグは発生しないでしょう。

ですが、テレワークで仕事をサボってしまう人は、パソコンやIT機器を置いている場所から離れて休憩したり、仕事と関係のないことをしてしまうので 報連相を忘れていたり、会社から連絡が来てもわからないのです。

3.テレワークはホテルと家はどっちが捗る?

テレワークは、会社に出勤せずに家や外出先の場所で行うことができます。

ですが、在宅勤務の場合だとついつい気が緩んでダラけて仕事が捗らなかったり、子供の育児で集中できない人もいます。

あまり、外部要因に左右されたくない人は外出してカフェやホテルなど出先の場所でビジネスをするのも仕事を捗らせる一つの手です。

自己管理が出来ていて、毎日、目標を持って仕事をしている人は家でも仕事が捗るように何か工夫をするでしょう。

逆に、家に居ることで仕事に集中できない人は、ホテルに籠もってテレワークをしてみてはいかがでしょうか。

ホテルでサボる癖を解消

ホテルでテレワークをするにあたり、仕事に必要な物しか持っていかなようにすることでサボる癖を解消することができます。

できれば、スマホや娯楽道具は一切持って行かないほうが良いですが、どうしても仕事でやり取りする必要がある人は、見えない位置に置いたり消音にしておいて、仕事が一区切りついたら確認するようにしてみましょう。

そして、ホテルの机の上には必要最低限の物だけ置くことも大切です。

仕事に不必要な物が置いてあると、目障りになりますし誘惑される恐れがあるからです。

そして、ホテルでサボる癖を解消するには作業に集中できるBGMを流しながらテレワークをしたり、正しい姿勢を維持しながら取り組むことが大切です。

家でサボる癖を解消

家でテレワークをする人は、ホテルで作業する人よりもサボってしまう人が多いです。

自宅ですと、自分の好きな物に囲まれていますし、安心感がありますから仕事モードになりにくいですよね。

家でサボる癖を解消するには、まず、起きたままのパジャマや服装のままテレワーク業務をしないようにしましょう。

会社に出社する時は、きちんと制服に着替えたりTPOに合った服装を着用して行きますよね。

ですので、在宅勤務の時でもきちんと洋服を着替えて、リラックスモードから一気に仕事モードにスイッチを入れることが大切です。

ホテルでのテレワークでもそうですが、テレビをつけて作業をするとあまり仕事が捗りにくいでしょう。

人の声は、集中力に影響を及ぼしますから、集中力が乱れないようにテレビはつけないようにすることが大事です。

このように、テレワークでサボり癖がある人は、自分なりにどのような状況でサボってしまうのか考えて、対策を練っておくとビジネスの生産性を著しく低下させずに済みます。

人間の集中力は、何時間もずっと続くものではありません。

ましてや、一人作業をずっとする環境では強力な自制心が求められますから自己管理が苦手な人はサボってしまいがちです。

4.テレワークはサボり放題でもバレる?

テレワークは、パソコンやIT機器を使って作業をするので企業によっては、社員が本当に仕事をしているのか把握する為に「管理アプリ」を入れているところもあります。

ですが、テレワーク中に仕事をしているのかしていないのか、四六時中会社が気にするのは、個人的人権を尊重していないと言った声もあがっているので難しい問題でもあります。

ですので、テレワーク中でも真面目に仕事をしているのかは、従業員の信用に任せているといった会社もあります。

管理アプリを入れていない会社では、従業員がテレワーク中はサボり放題でバレないのかと言いますと常習化していればバレる可能性は高くなるでしょう。

また、「MicrosoftのTearms」といったソフトウェアでは自分の状況を第三者にリアルタイムで伝えることができます。

このソフトを使うことで、テレワークをしている従業員がずっと席を立ったままであればサボっているのがバレるでしょう。

そもそも、会社から雇われて働いている身であればテレワークだからサボりまくってバレないようにしようという気持ちを持つこと自体不謹慎なのではないでしょうか。

就業時間の間に、少しくらい休憩を挟んだりするのは良いでしょうが、サボり癖を常習化してしまうとバレるリスクが高まりますから注意しましょう。



 


5.テレワークで仕事をサボる人のまとめ

テレワークで、仕事をサボる人は普段、会社に出勤して労働時間中にサボっている人が多いと言われています。

会社の仕事をサボっている人の94%が、テレワーク業務中に同じ様にサボってしまうといったデータが出ています。

在宅勤務や、外出した場所で自己管理が苦手な人は何か制限を設けたり工夫したりしてビジネスの生産性を落とさないように意識していきましょう。

コメントする

コメントは承認され次第、表示されます。

カート

利用可能なすべての在庫はカートにあります

カート内に商品がありません。