テレワークの課題や問題点がヤバい?改善方法や在宅勤務に向かない人について徹底検証


テレワークの課題や問題点がヤバい?改善方法や在宅勤務に向かない人について徹底検証

テレワーク業務が、日本では徐々に普及してきていますが、今までの働き方とは違う為、課題や問題点も多いです。

昔から、日本では企業で働く時は、会社に出勤して社内でデスクワークをしたり、外回りの仕事をしている社員が多かったです。

しかし、最近ではIT機器やパソコンを導入している企業が増えてきて、働き方改革の促進もあり、労働者は多様なことができるようになりました。

会社に出社して働かなくても、自宅や外出先の場所で仕事ができるテレワークは、最先端の働き方として注目を集めています。

テレワークをする社員達にも、出勤してオフィスワークをする人たちと同じ様に「労災保険法」が適用されるので、仕事中の不慮の事故や怪我にも対応でき安心なんですね。

ですが、同時に課題や問題点も多く導入するハードルが高い企業もあります。

今回は、テレワークの課題や問題点についてと、改善方法・在宅勤務に向かない人などについてご紹介していきます。

1.テレワークの課題がヤバい?

テレワークは、時間と場所にとらわれずに自由に個人で仕事ができる環境ですが、社員同士や上司とのコミュニケーション不足に陥りがちです。

「Skype・チャット・ZOOM・You Tube」などの、ツールを使用して会話やオンラインビデオ通話などが出来るので、全く社内外の人たちと会話できないといったわけではありません。

ですが、社員同士が集まって直接朝の挨拶が出来なかったり、朝礼・終礼や会議などを直接、相手の表情を見ながらできないので、イマイチ意思疎通が上手くいかなかったりするといった課題があります。

特に、危ないのはテレワーク中に誰かがトラブルを起こした時です。

会社に出社して仕事をしていたら、誰かがトラブルを起こした時は他の人がすぐにカバーをしてくれたり、報連相を迅速に行う事が可能ですが、テレワーク中はタイムラグが発生して、すぐに状況を把握できないケースも起こってしまいがちです。

また、テレワークの課題として「時間管理」の把握や区別をつけにくいです。

特に、在宅勤務の場合、働いている時間とそれ以外の時間との境界線が曖昧になりがちなことから、長時間労働になりがちです。

そして、一人で作業をすることが多くなるので、サボり癖がある人は自分の欲求を抑制できなくて、ダラダラと休憩をはさみながら仕事をしてしまうことで生産性が低下して効率よく仕事が出来なくなってしまうという課題もでてきます。

会社に出勤して仕事をすれば、自分の仕事ぶりを上司や上の立場の人間の耳に入りやすいやすいですが、テレワーク中はなかなか把握できなくなり評価 をするのも難しい環境にあるとも言えるでしょう。

このように、テレワークは最先端の働き方と注目されていますが、色々な課題があるのも事実なんですね。

2.テレワークの問題点がヤバい?

テレワーク業務は、IT機器やパソコンなどを用いてしなければいけないので個人情報や会社の情報が社外に出てしまう危険性があります。

つまり、パソコンやIT機器の中にデータを保管することになるので、情報漏えいのリスクが高まるわけなんですね。

また、自分ではパソコンやIT機器の取り扱いに十分気をつけていても、盗難や紛失してしまうと、個人情報や企業の重要なデータが第三者に渡ってしまうという問題点もあります。

ですので、情報セキュリティー対策がとても重要になってくるでしょう。

企業の従業員が多ければ多いほど、そういった情報漏えいのリスクは高まってきますから、大企業になればなるほどこういった問題点を早急に解決しなければいけません。

働いている社員達の仕事ぶりや生産性も気にしなければいけませんし、企業には色々な課題や問題点が出てきます。

テレワークを実施すると、社員同士のコミュニケーションが難しくなったり普段、重要な情報は紙の書類に印刷していてるところは急にデータをIT機器やパソコンに保管するといったペーパーレス化を行うのは難しくなります。

昔から、あるていどテレワーク業務を実施している企業ではそのような問題点がでることで、改善方法を考えて次に活かしているでしょうが、ほとんどの企業では、初めてテレワークを導入しているところが多いでしょう。

ですので、何かトラブルが起きた時にすぐに上記のような課題や問題点を解決できる仕組み作りをしていないところが多いです。

というか、基本的に何かトラブルが起きてからではないと良い改善方法は思いつきにくいので、まだ手探り状態でテレワークを行っている会社ほど課題や問題点が多いでしょう。

3.テレワークの課題・問題点の改善方法とは?

多くの企業が、まだテレワークを導入して日が浅いので様々なトラブルが起きた時に、課題や問題点が多く発生しています。

出来るだけトラブルが起きても、スムーズに解決させる為には社員一人一人の自己管理の徹底が求めらたり、「クラウドサービス」を利用することが重要な鍵となるでしょう。

クラウドサービスとは、利用者が自分で使用しているコンピューターにデータやソフトウェアなどを、インターネット上で必要に応じて利用できる仕組みになっています。

「グループウェア・プロジェクト管理ツール・オンラインストレージ・ワークフローシステム・勤怠管理システム・ビジネスチャット・ウェブ会議システム」などがあります。

テレワークの課題・問題点を、スムーズに解決するためにこのようなクラウドサービスを用いるという改善方法があります。

ただし、これらを使いこなせる人と、全く向いてない人とで一定数別れるでしょう。

普段、パソコンやIT機器を使っていない人は、在宅勤務になることで生産性が著しく低下したり、クラウドサービスを使いこなせなくて、結果的にセキュリティー対策不足に陥ってしまう恐れもあるのです。

4.テレワーク(在宅勤務)が向かない人とは?

テレワーク(在宅勤務)は、IT機器やPCなどを扱える人でないと向かない場合も多いです。

なぜなら、テレワーク自体、インターネットを利用して仕事をすることがほとんどですから、デジタルなことに関する知識をある程度持っていなければ、仕事をするのが困難になってしまうからです。

そして、企業に出社しなくて良い分、社員や上司とのコミュニケーションが少なくなり、テキストやチャットで文字を入力して報告したりすることが多くなります。

その結果、普段、報連相を会話ですることが多く、IT機器やパソコンの使用が苦手な人はテレワーク(在宅勤務)は向かなくなります。

業務連絡や、会話をパソコンやIT機器で文字にして会社に報告することになるので、キーボードの入力が苦手な人はテレワーク業務をすることで相手に報告するレスポンスが悪くなり生産性が低下してしまうのですね。

まだまだ、テレワークには問題点・課題がたくさんある企業が多いですが、改善方法を考えながら徐々に対応してるところもあるので、将来的には会社全体の生産性が上がる可能性も秘めているでしょう。



 


5.テレワークの課題や問題点のまとめ

テレワークの課題や問題点は、まだ実践して日が浅い会社ほどたくさんあります。

一度、何かのトラブルが起きると、改善方法を考えてトライ・アンド・エラーを繰り返しながらテレワーク業務を遂行している企業も多いです。

従業員全員が、ITリテラシーがあるわけではないです。

必ずしも在宅勤務や外出先の場所で自由に仕事をすることで、生産性の向上や情報漏えいのリスクを軽減できるわけでなく、そこがテレワークの難しさでもあるでしょう。

コメントする

コメントは承認され次第、表示されます。

カート

利用可能なすべての在庫はカートにあります

カート内に商品がありません。