名刺の自作のメリット・デメリットが凄い!作成でおすすめの無料アプリは?



名刺の自作のメリット・デメリットが凄い!作成でおすすめの無料アプリは?

名刺は、自分の大切な個人情報が記載されていますし、勤め先の会社の看板も背負っている事になります。 ですから、正確な情報をわかりやすくシンプルに書いていなければいけません。

そして、名刺を渡す相手というのは基本的には初対面の方が多いと思います。 人は、相手の第一印象をほんの数十秒で決定してしまうと言われています。

その際に、自分の名刺がわかりにくかったり、汚れたり折れ曲がったりしていると相手からは仕事ができない烙印を押される事にもなりかねません。

ゆえに、名刺入れから拘り、綺麗で見やすい名刺を作成して置かなければいけません。 名刺を作成する方法は、制作会社に依頼するか自作する方法もあります。

今は、スマホやパソコンを使用して名刺作成アプリを利用して簡単に作る事ができます。 今回は、名刺の自作のメリット・デメリットや作成でおすすめの無料アプリなどについてご紹介します。

1.名刺の自作のメリットが凄い!

名刺の自作のメリットをご紹介します。

名刺を自分で作成する事で、オリジナリティあるデザインやテキストを入れる事ができますから、個性的なものができやすいでしょう。

しかし、仕事で使用するものですから、あまり奇抜なデザインや派手な色を使った文字などを入れると、取り引き先の会社やお客様から良い印象は持たれにくいので注意しましょう。

名刺の自作のメリット

・自分で作成する費用を調整できる

・色・紙質・デザインなどを自分好みにできる

・世界で一つだけのオリジナルの名刺を作れる

・勤め先の会社と細かく相談しながら自作できる

・自分で時間を決めて作成できるのでマイペースで作成できる

上記のように、名刺を自作する事でメリットがたくさんあります。自分で、研究して試行錯誤しながら作れる楽しみもあるので、納得するものが作りやすくなるでしょう。

2.名刺の自作のデメリットが凄い!

名刺の自作のデメリットをご紹介します。

どうしても、自分で名刺の構成からデザイン・文字色・紙質まで拘ってしまうと、出来上がるまでにかなりの時間がかかってしまいます。

また、緊急時にすぐに名刺が必要な場合は、自作するよりも制作会社に注文した方が早い場合が多いです。

名刺の自作のデメリット

・オリジナリティを出そうとすると時間と手間がかかる

・緊急時にすぐに作成できない

・アプリ・パソコン・印刷機械・用紙などを揃える必要がある

・50枚、100枚単位で作成するとなると業者より費用が高くつく場合がある

名刺の自作のデメリットは、上記のようなものがあります。 ですが、趣味でモノ作りが好きな人は楽しんで作成する事ができるでしょうから、ストレス発散にもなるかもしれません。

時間に追われて名刺を作成しなければ、いけない場合はあまり自作はおすすめできませんが、ある程度自由時間を確保できるビジネスマンにはおすすめです。

3.名刺作成を業者依頼した時の費用相場は?

名刺作成を業者依頼した時の費用相場をご紹介します。

基本的に、制作会社に名刺を依頼する時は何十枚単位で発注をした方がお得です。

業者は、名刺の作り方のプロですから印刷機械の性能も良い物を使用していますし、失敗したものは納品されませんので安心です。

名刺の作成費用を抑える事も大切ですが、自分で作ってしまうと必要な道具や設備などを揃えないといけませんし、設定なども面倒な場合があります。

ガジェット好きな人や、IT関係に詳しい人ならば名刺作成は簡単な事だと思いますが、全てのビジネスマンがそうではありませんよね。

ですので、できるだけ名刺作成で失敗したくない人は、自作で探り探り作成するよりも制作会社にお願いをした方が安心でしょう。

そして、名刺作成を業者依頼した時の費用相場は100枚単位で【1000円以下】で制作してくれるところが多いです。 できるだけ、安い費用で名刺作成をしたいのであれば、複数の業者に相見積もりをお願いして慎重に決めるようにしましょう。

全て業者におまかせするのではなく、名刺は自分の顔ですし会社の看板でもありますから綿密に打ち合わせしてクオリティーが高いものを作成するようにしてください。

4.名刺の自作費用の目安は?

名刺の自作費用の目安をご紹介します。

ネットリテラシーが低い人であれば、名刺を業者に注文する時は手間取ってしまう事もあるでしょう。 そうなると、費用だけではなく、時間も奪われてしまい結果的には自作で名刺作成をした方が早かったり費用も安く済む事があります。

ですが、自作で名刺を作る場合は、スマホやパソコンの名刺作成アプリを使用してできますので、そこまで難しい工程ではありません。

忙しいビジネスマンであれば、自作よりも制作会社に注文をした方が良いと思いますが、時間に余裕がある人は、自分で作れるようになっておけば、いざという時に自分で何とか対処できます。

だいたい、名刺100枚をパソコンで自作する場合は【用紙代540円・プリンターのインク代】などの費用が必要です。 なので、1000円~数千円の費用がかかる事が多いです。

制作会社に注文をするよりも、自作の方が高くつく場合がありますが、大量に作る必要がないのであれば、自作の方が費用を安く抑えることも可能です。

また、趣味で名刺を作れば、仕事のストレス発散になったり、より勤め先の会社に愛着が湧いたりして気持ちがポジティブになる場合もあるでしょう。

5.名刺の自作でおすすめの無料アプリは?

名刺の自作でおすすめの無料アプリをご紹介します。 自分で作成する場合は、スマホやパソコンで名刺作成アプリをダウンロードする必要があります。

私のおすすめは【BiziCard】というアプリで無料で利用する事ができます。

スマホに、名刺作成アプリを入れておけば、出先で万が一名刺を忘れて1から作り直ししないといけなくなった場合に、コンビニを利用して自作する事ができます。

このアプリは、テンプレートの文字や写真・画像を変更したり、移動やサイズ変更などもできます。 なので、自作に慣れてきたらテンプレートをいくつか作っておけば次回、作成する時に作り方に悩んだり手間取ったりする必要がありません。

制作会社に依頼するか、自分で無料アプリをインストールして名刺を自作するのかは、個人個人で生活環境や仕事内容が違いますから、どちらが良いとは断言できません。

ケース・バイ・ケースで、自分の環境にあった作成方法をされてください。 もし、業者に名刺作成を何度も依頼する機会があるのならば、長年、注文していく事でお得意様になって費用を安くしてくれる事もあるでしょう。

ですが、いつの間にか制作会社が倒産していた!という事も有りえますから、できれば自作と業者の両方を交互で名刺作成をしていくのもおすすめです。

また、せっかく名刺を作るのですから、名刺入れも新しくして心機一転すると、さらに気持ちよくビジネスができると思います。

名刺の自作のまとめ

名刺の自作は、100枚単位であれば1000円~数千円の費用の範囲で作成可能です。

ただし、作成枚数が少ないのであれば自作がおすすめですが、大量に作成する場合は制作会社に注文した方が時間と費用の両方を節約できる場合があります。 それぞれに、良い点・悪い点がありますから、ケース・バイ・ケースで作成していきましょう。