名刺の自作!作成キットの値段(価格)はいくら?PC音痴でも大丈夫なのかや防水について



名刺の自作!作成キットの値段(価格)はいくら?PC音痴でも大丈夫なのかや防水について

社会人になると、お互いに名刺交換をする機会が多くなると思います。

特に、ホワイトカラーの営業職の方は、名刺を自作したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

自分で作成するには、PCを使って【Word・PowerPoint・EXCEL・Illustrator】などを使用しなければいけません。

そして、作成キットを使用して作れば自分でもお手軽に作る事が可能です。

もし、面倒な場合は印刷業者に依頼をする事で、綺麗なデザインと丁寧な文面で代わりに作成して貰う事ができます。

今回は、名刺の自作で、作成キットの値段(価格)はいくらなのかや、PC音痴でも大丈夫なのかと防水などについてご紹介していきます。

1.名刺の自作で作成キットの値段(価格)はいくら?

名刺を自作したい場合は、作成キットを使用したり、PCを使って【Word・PowerPoint・EXCEL・Illustrator】などを使用して作成キットを使わずに作る手段があります。

ですが、より早く綺麗で納得のいくものを自分で作りたい場合は、作成キットを使用する事をおすすめします。

そして、作成キットでおすすめのメーカーが【エーワン】です。

値段(価格)は【名刺作成セット180枚分+作成ソフト付き2490円/らくらく名刺作成キット1554円】などがあります。

PC音痴の人は、ツールや作成キットなどを使用して、自分でも本当に作る事ができるのか悩む人も多いでしょう。

ですが、名刺の自作はそこまで難しいものではありません。

社会人で働いている人が、名刺を持つことが多いと思いますので、ある程度、費用がかかってもこの位の値段(価格)なら手が出せる範囲ではないでしょうか。

2.名刺の自作で作成キットを使うメリット

名刺制作会社に依頼すれば、忙しい日常を過ごしていても代わりに作成して貰えるので手間が省けます。

ですが、必ずしも自分好みの名刺を作って貰えるとは限りません。

それに、作成費用もかかりますので、自作したいと思っている方もいるでしょう。

必要なPCやツールなどを自分で揃える必要があるので、どちらにしても費用はある程度かかってきます。

名刺の自作で作成キットを使うメリットをご紹介します。

・自分の職業や好みに合わせて作成できるのでオリジナリティーが出せる

・好きな枚数だけ名刺を作成する事ができる

・作成する値段(価格)を自分で調整したり抑える事ができる

・Wordを使用してお手軽に自作する事ができる

・緊急時や時間がない時に素早く自作する事ができる

などなど、上記のように名刺を自作する事で様々なメリットがあります。

もし、名刺制作業者に注文するとなると、100部ほど印刷する場合、ほとんどが1000円以上の費用がかかってくるでしょう。

ですが、自分で作成し管理するようにすると、例えば、プリンターを持っていない場合でも。コンビニでカラー印刷は800円ほどで、白黒印刷だと500円位の出費で済む事になります。

3.名刺を自作ではなく業者に依頼の値段(価格)はいくら?

名刺を自作する時間がない方や、苦手意識を持っている方は自分で悪戦苦闘して名刺作成をするのではなく、思い切って名刺制作会社に依頼をする事も大切です。

ただし、業者に名刺制作を注文する場合、予め名刺の入稿データが必要な場合と、名刺印刷会社のHPに記載してあるテンプレートから自分に合った名刺を選択する場合もあります。

自分で、名刺を作る場合、必ずしも成功する保障はありませんよね。

なので、例え名刺制作業者に依頼せずに自作した場合、何度も失敗すればそれだけ費用がかかってきます。

ですが、業者に依頼をすれば多少の費用はかかりますが、失敗する事はありません。

ただ、入念に打ち合わせをしないと自分の好みのデザインや文面通りに納品されない場合があるので注意が必要です。

そして、名刺を自作ではなく業者に依頼した場合は、通常の注文で100部が1000円以上の値段(価格)がかかってくる場合が多いです。

さらに、防水加工や特殊加工などの要望が多いデザインを注文すればするほど、納品日が長引く可能性がありますし、値段(価格)も上がります。

また、業者によっては、名刺のデザインを自由に作成できるサービスを提供している会社もあるので、業者にデータを入稿出来たら、後は代金を支払って印刷されて自宅に届くのを待つだけです。

4.名刺の自作で、作成キットはPC音痴でも大丈夫?

名刺の自作で、作成キットを使用した場合PC音痴の方でも大丈夫なのでしょうか。

実は、専用の作成キットがあれば、イラストレーターなどの画像編集ソフトを使うのが苦手な人でも、作成キットの種類によっては簡単に名刺を自作する事ができます。

一般的には、Wordで作成する事の方が簡単に出来るので、Wordで作成したら、後は自宅のプリンターかコンビニのコピー機で印刷する方法も良いですね。

なので、パソコンを扱うことが苦手な人でも、要領さえ掴めば比較的簡単に名刺を自作できるでしょう。

ただ、PC自体がまだまだ高価な物ですから、まだパソコンを持っていない人で、あまり名刺を作る機会が少ない方は、名刺制作会社に依頼をする事もありなのではないでしょうか。

逆に、PCは持っていないけど、会社でWebデザイナーの仕事をされている人や、絵を描く事が得意な方は、この機会にパソコンと作成キットを購入して、自作に挑戦されると楽しんで出来ると思います。

名刺は、自分の個人情報になる他、会社の看板を背負っている事になるので、あまり派手なデザインや奇抜な文面のものは作成しない方が無難です。

ですので、自分の独断と偏見で自作するよりも、会社の人達とデザインや文面をどういう風にするか相談して作成すると良いかもしれません。

名刺の作成キットやツールを使用して、自作する場合は、途中でデザインや文章を手軽に変更できますが、業者に依頼してしまうと、スムーズに変更するのは難しいでしょう。

その事も踏まえて、業者に注文するほうが良いのか、自作するべきか決断する事をおすすめします。

5.名刺の自作で、作成キット使用は防水製にできる?

名刺を自作する場合、作成キットやツールを使用してデザインや文面を作る事ができますが、名刺の材質も気にしたいところです。

もし、名刺が水や雨に濡れてしまった場合、インクが滲んだり汚れや折れ曲がったりしますから、名刺交換をする相手に渡すとなると失礼になります。

ですので、心配性な方は、防水製の名刺を作成しておくのも良いでしょう。

ですが、作成キットを使用して防水にする方法は現在ありません。

今後、防水製の名刺が作れる作成キットも登場する可能性はありますが、今の所、業者に依頼すれば【PET素材】で耐久性・耐水性があるものを作ってくれるところがあります。

PET素材とは、ポリエチレンテレフタレート樹脂で作られ、薄くて柔らかいですが破れにくく、紙と違って水に濡れても弱りにくいものです。

こちらは【名刺本舗】というサイト名で、和歌山県にある西岡総合印刷株式会社で防水製の名刺を作成して貰う事ができます。

そして、後は、名刺を自作するタイミングで名刺入れを新調したり購入すれば、心機一転にもなりますし、より名刺が汚れにくくなりますので、名刺入れを買う事をおすすめします。

名刺の自作のまとめ

名刺の自作は、PCを使って【Word・PowerPoint・EXCEL・Illustrator】などのツールや作成キットを使用して作る事が出来ます。

パソコンが苦手な人でも、作成キットを使えば使用しないで良いツールもありますし、わりと簡単に作る事が可能です。