名刺の作り方!自作と制作会社に注文はどっちが安い?出先でスマホ・コンビニ利用編



名刺の作り方!自作と制作会社に注文はどっちが安い?出先でスマホ・コンビニ利用編

社会人になると、特にホワイトカラーの職業の方は、取り引き先の企業やお客様と名刺交換をする機会が多いでしょう。 ですので、普段から名刺入れに名刺を入れて肌見放さず持ち歩いていると思います。

しかし、時には外出して名刺を忘れてしまう事もあるのではないでしょうか。 そんな時は、出先でもスマホやコンビニを利用して簡易名刺を作成する事もできます。

ですが、名刺を自作する場合の費用が気になる方もいるでしょう。 今回は、名刺の作り方で自作と制作会社に注文はどっちが安いのかや、出先でスマホ・コンビニを利用した作成方法などについてご紹介します。

1.名刺の作り方で自作の場合の注意ポイント

名刺の作り方で自作の場合の注意ポイントをご紹介します。 ビジネスマンにおいて、必須アイテムといえば名刺入れや名刺がありますよね。 取り引き先の企業やお客様との商談やアポイントメントが、スムーズに行くためには名刺は欠かせません。

名刺交換をする事で、特に初対面の人であれば相手を信用させるための判断材料になりますし、今後の付き合いも安心してできる事に繋がります。 そして、名刺は制作会社に依頼するパターンと、自分で作り方を覚えて自作するやり方があります。

名刺の作り方で自作の場合の注意ポイント

・本人の氏名・会社名・役職・所属・ロゴ等を記載する

・業界・業種のイメージに沿ったデザインを描く

・営業職であれば、個人の連絡先の電話番号を記載

・白色を基調とし派手な色で作成しない

・会社のホームページがあればアドレスを記載

名刺は、自分だけの情報だけではなく、勤め先の企業の情報も記載するのが常識ですから間違った情報を載せてはいけません。 会社の看板を背負っている事にもなりますから、名刺を自作する場合は上記の注意点を意識していきましょう。

 

 

2.名刺の作り方で制作会社に注文する時の注意ポイント

名刺の作り方で、制作会社に注文する時の注意ポイントをご紹介します。 ほとんどのビジネスマンは、名刺を外注して印刷会社に作成していますよね。

自宅でパソコン・印刷機械を使用したり、出先でスマホやコンビニを利用して自作して作る事もできますが、プロの業者に依頼をする事で質が良い名刺が手に入ります。

なにより、仕事ができるビジネスマンほど忙しい日々を送っていますから、自分で作成するよりも制作会社にお願いした方が、時間の節約にもなります。

そして、名刺の作り方で制作会社に注文する時は、以下の注意ポイントを実践する事でクオリティーの高いものを作ってもらえます。

名刺の作り方で制作会社に注文する時の注意ポイント

・インターネットで口コミが良い業者に頼む

・予めかかる費用の見積もりをとってもらう

・納期の期日を聞いておく

・デザインやテンプレート・テキストの書き方など打ち合わせする

・複数の名刺制作会社と相見積もりをする

上記のような、注意ポイントを意識して名刺を制作会社に依頼する事で、業者側はこちらの事をしっかりと仕事ができるビジネスマンと認識してもらいやすくなります。

3.名刺の作り方!自作と制作会社に注文はどっちが安い?

名刺の作り方で、自作と制作会社に注文はどっちが安いのか比較してみました。 名刺を大量にストックしているビジネスマンであれば、わざわざ制作会社に注文しなくても良いでしょう。 ほんの何枚かであれば、自作の方が早く作る事ができますし費用や時間の節約にもなります。 制作会社に名刺を注文する場合は、50枚・100枚単位など大量に作成する必要がある時に利用をおすすめします。 そして、名刺の作り方で制作会社にお願いする事になったら、名刺業者を複数ピックアップして値段を比較した方が良いです。 なぜなら、制作会社ごとに若干、名刺作成費用が違うからです。

以下は、有名な名刺作成業者に100枚を依頼した場合の価格の比較になります。

・プリスタ/片面印刷/モノクロ/140円

・ラクスル/両面印刷/カラー/500円

・アスクル/片面/カラー/950円

上記のように、名刺の作り方で制作会社に頼んだ場合は、100枚単位で1000円以下で注文する事ができます。 また、名刺100枚をパソコンで自作する場合は【用紙代540円・プリンターのインク代】などの費用かかります。 場合によっては、1000円以上の出費がかさむ事もありますから、自作と制作会社に注文は業者に依頼をした方が安く済む事が多いでしょう。

4.名刺の作り方で、出先でスマホ・コンビニ利用した自作方法

名刺の作り方で、出先でスマホ・コンビニ利用いした自作方法をご紹介します。 遠方に出張したり、交流会などで名刺交換をするビジネスマンも多いです。 外出先で、名刺入れや名刺を忘れてしまう事もあるでしょう。 そんな時は、スマホ・コンビニエンスストアを利用する事で、30分もあれば名刺が作れます。 ただし、全てのコンビニで名刺を作成できるわけではないので注意しましょう。

名刺の作り方で、出先でスマホ・コンビニ利用いした自作方法

・スマホで名刺作成アプリを利用する

・コンビニでマルチコピー機を使用する

・BiziCardを右の矢印を押して名刺作成をする

・何十枚も印刷するのであれば、カッターと定規を使って綺麗にカットする

上記のような手順で、スマホ・コンビニを利用して名刺を自作できます。 田舎の地域であれば、なかなかコンビニが見つかりにくいと思いますが、全くない地域というのはよっぽどの場所でない限りコンビニはあると思います。

そして、一番ベストなコンビニは、取り引き先の企業やお客様の近くの店舗を利用するという事です。

そうすれば、仕事で会う前の時間を最大限に使うことができます。 ただし、取り引き先の企業の従業員やお客様と鉢合わせする事のないように、十分注意する必要もあります。

 

5.名刺の作り方で、出先でスマホ・コンビニ利用して自作と制作会社注文はどっちが安い?

名刺の作り方で、出先でスマホ・コンビニ利用して自作と制作会社注文はどっちが安いのか比較してみました。 先程、制作会社に名刺を注文した場合、良心的な業者では100枚単位【1000円】以下で作成できるとお伝えしました。

そして、名刺の作り方で出先でスマホ・コンビニを利用して100枚単位で作成すると数千円ほどかかる事があります。 ですので、基本的には制作会社に注文をした方が安く済む事が多いでしょう。

ですが、外出先で名刺を作るという事は、緊急的に必要な場合が多いですから、お客様と今後の付き合いがスムーズに繋がるようにする為には、自作する方が良い場合もあります。

また、その際は名刺入れも新しい物に変えるチャンスでもあります。 ですから、できれば名刺を作成する時に、運気上昇や気持ちをリフレッシュする意味も込めて新品の名刺入れを買ってみてはいかがでしょうか。

名刺の作り方のまとめ

名刺の作り方で、制作会社に依頼する場合は100枚あたり1000円以下で作成してくれる業者が多いです。 個人で自作したり、出先でスマホ・コンビニを利用して作成した場合は1000円以上の費用がかかる場合もあります。

ケース・バイ・ケースで、緊急的に名刺が必要であれば自作をおすすめします。 また、何枚か作れば良いのであれば、制作会社に頼むよりも自作をした方が費用や時間の節約にもなるでしょう。