名刺の肩書きでかっこいい名称は?英語版やプロフェッショナルに最適な役職名をご紹介



名刺の肩書きでかっこいい名称は?英語版やプロフェッショナルに最適な役職名をご紹介

社会人になって、企業で働き出したら自分の名刺を作ってもらう方も多いと思います。

新入社員であれば、まだ肩書きや役職名などは気にする必要はありませんよね。

徐々に、会社の仕事が出来るようになっていくと、昇格したり表彰されたりして肩書きも立派なものになっていきます。

肩書きや役職名は、日本語でも英語でもカッコいい響きのものが良いですよね。

今回は、名刺の肩書きでかっこいい名称や、英語版やプロフェッショナルに最適な役職名などについてご紹介していきます。

1.名刺の肩書きでかっこいい名称は?

名刺の肩書きとは、名刺の氏名の右上に書かれる地位・職名などの事を指します。

人によっては、役職名がそのまま肩書きになる事もあります。

長く勤め先の会社に貢献し、社内での評価もあがり昇格されたビジネスマンの方は、また新たな名刺を作成する事になると思います。

その際に、できれば肩書きはかっこいい名称を名刺に記載したい方も多いのではないでしょうか。

日本語でも、英語でも格好良い響きの名前は色々あります。

できるだけ、今の職種や仕事内容に合っている名称を選ぶようにしましょう。

評価だけが高すぎて、実力が伴っていなければ、せっかくの格好良い肩書が台無しになってしまいますので。

名刺の肩書きでかっこいい名称

・○○コンサルタント

・○○コーディネーター

・○○研究所

・世界の〇〇

・〇〇マン

企業で働いているビジネスマンもそうですし、個人でビジネスをされている方にとっても、名刺は重要な役割があります。

中でも、肩書きは自分自身の個性を表現できるアイテムですから、他人とは違うかっこいい肩書きを使って個性をアピールしていく事も大切ですよ。

2.名刺の肩書きで英語版のかっこいい名称

名刺の肩書きで、英語版のかっこいい名称をご紹介します。

日本語でも、十分、響きが格好良いものが多いですが、インターナショナルで活躍しているビジネスマンの方も多いです。

ですから、その様な方にとっては名刺は英語表記で作成されている方も多いでしょう。

また、日本では係長・課長・部長・社長などと言った地位の肩書きがスタンダードでしたが、国際的な世の中になるにつれ、世界でも通用できるように、かっこいい英語の名称をつける会社も増えてきています。

インターネットが、普及した事で社員数の少ないベンチャー企業の活躍の場も多いです。

かっこいい英語の肩書きや役職名を使用している企業は、外資系に多いイメージですが、特にベンチャー企業も、インターネットのお陰で、手軽に日本だけでなくグローバルに活躍できる機会が増えています。

ですので、格好良い英語の肩書きを採用している会社も多いのです。

名刺の肩書きで英語版のかっこいい名称

・Chairman(取締役会長)

・President(社長)

・Vice President(副社長)

・Director(取締役)

・Manager(本部長)

・Chief(主任)

3.名刺の肩書きでプロフェッショナルにおすすめのかっこいい名称

名刺の肩書きで、プロフェッショナルにおすすめのかっこいい名称をご紹介します。

仕事ができるビジネスマンであれば、一風変わった肩書きが欲しい方も多いでしょう。

特別感がある肩書きであれば、さらに仕事にも情熱を注ぎやすくなりますよね。

仕事によって、職人気質の方もいれば頭脳戦略を得意とする人もいるでしょう。

ですので、2パターンの格好良い名称をご紹介します。

名刺の肩書きでプロフェッショナルにおすすめのかっこいい名称

・マイスター(職人親方)

・Chief Strategy Officer(最高戦略責任者)

上記のように、職人気質の方はマイスターと言う、ドイツ語で職人・親方などの意味を表す名称がおすすめです。

そして、Chief Strategy Officerは、CSOと略されており、日本語で表す最高戦略責任者と訳されます。

頭脳重視の仕事をしている方には、ぴったりの名称ではないでしょうか。

どちらも、プロジェクトを引率していくプロフェッショナルなリーダータイプの人におすすめの肩書きです。

4.名刺の肩書きでプロフェッショナルに最適な役職名

名刺の肩書きで、プロフェッショナルに最適な役職名をご紹介します。

役職者の方は、企業の顔になるので人を束ねる事ができ、カリスマ性がある人が多いでしょう。

特に、プロフェッショナルな仕事をしている人は、かっこいい名称の役職名を名刺に記載する事で、さらに権威性が高まります。

名刺の肩書きでプロフェッショナルに最適な役職名

・取締役会長

・社長

・副社長

・専務

・常務

上記のように、名刺の肩書きでプロフェッショナルな方の役職名は、ほとんどの日本企業で、このようにかっこいい名称が採用されていると思います。

ここまで、地位を上り詰める人は頭脳明晰で体力があり、情熱家なのは間違いないでしょう。

なので、名刺の肩書きに拘らなくても、その人自身に、圧倒的なビジネスセンスや魅力が備わっています。

その他の、名刺の肩書きでプロフェッショナルに最適な役職名としては【理事長・最高経営責任者】なども、かっこいい名称です。

ベンチャー企業と、大企業を比較すると、ベンチャー企業の方は自分の実力で昇格する事が多いですが、大企業は年功序列制度の会社が多いです。

ですから、このようにプロフェッショナルな役職名に早くつきたい方は、ベンチャー企業の方が自分の実力があれば、早くに昇格できる機会があるでしょう。

5.名刺の肩書きで兼任(兼務)時にチョイスしたいかっこいい名称

名刺の肩書きで、兼任(兼務)時にチョイスしたいかっこいい名称をご紹介します。

社内で、一つの部門や仕事を担当している人もいれば、いくつも仕事を任されていて肩書きが複数ある人も多いです。

基本的に、複数の肩書きがある場合でも、全て記載するものです。

しかし、あまりにも兼任(兼務)している肩書きが多い場合は、最低限必要な肩書きや役職名だけを記載するようにした方が良いでしょう。

また、すべて記載する場合にも、情報整理してわかりやすく相手に伝える為にも、名刺に記載した肩書きを見やすくする事が大切です。

例えば【執行役員・取締役・統括部長】などいくつもある場合は、そのまま並列で記載する事もおかしくはありません。

ですが、できるだけ見やすくする為には【執行役員兼取締役 統括部長】と兼任(兼務)している事をアピールすると良いですよ。

また、海外企業のビジネスマン達の名刺では、例えば【Cairman & Managing Director】など言う風に英語表記で兼任している事を記載しています。

このように、相手に自分の立ち位置や明確な役割がわかりやすく示す事で、あなたの顔と肩書きを覚えやすくなります。

商談や対談する相手によって、兼任(兼務)時の複数のかっこいい名刺の肩書きを使い分ける工夫も良いですね。

そうする事で、ビジネスが有利に運ぶ事もありますし、ビジネスチャンスにも恵まれる可能性がありますよ。

名刺の肩書きのまとめ

名刺の肩書きで、かっこいい名称は日本語と英語でもたくさんあります。

国際的な仕事をしている方は、英語表記の名刺を使用すると相手にわかりやすいでしょう。

会社での立場が強くなっていくと、自分のオリジナリティーが出る肩書きを貰う事ができたり、より特別感がある役職名を貰う事もできると思うので、仕事が出来るビジネスマンを目指しましょう。


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。