いつもキレイに使うためのネクタイの収納方法!ネクタイがシワだらけにならないために



いつもキレイに使うためのネクタイの収納方法!ネクタイがシワだらけにならないために

社会人になると、日々の仕事に追われて自宅に帰ってスーツやズボン・ネクタイを綺麗に洗ったり、整理整頓して収納するのを忘れがちなります。

ズボラな毎日を送っていると、日常化してしまいどうでも良くなってしまう恐れがあります。 ネクタイを、いつもキレイに使うためには適当に収納しない様にする事が大切です。

適当に保管すると、ネクタイにシワが入ったり汚れたりする原因になりますし、どこにしまって置いたのか探す時に手間がかかったりする事もあるでしょう。

また、一本のハンガーにそのまま吊るして置くと、選びにくいですし、ハンガーから落ちてしまって型崩れしてしまいます。

今回は、ネクタイをキレイに正しく収納する方法や、整理整頓術などについてご紹介していきます。

1.ネクタイを適当に収納するとシワだらけになる

ネクタイを自宅で収納する時に、床に直接直置きしている人はいないと思いますが、適当にハンガーに吊るしたり収納ケースに放置している人は多いのではないでしょうか。

小物アイテムは、整理整頓するのが面倒くさいですが、適当に収納するとシワだらけになる恐れがあります。

ネクタイを着用する時は、特に、ビジネスマンであれば商談や客先に伺う事も多いですから、シワが入ったものを付けていると、たちまち相手からの印象が悪くなります。

身だしなみを清潔に出来ない人は、仕事も雑にされそうに思われるでしょう。 外見の印象が良い人と、悪い人とではどちらとお付き合いしていきたいでしょうか。

絶対に、外見の印象が良い人ですよね。 ネクタイの収納方法は、大きく分けると【吊るす・丸める】があります。

自宅の部屋の広さは、人それぞれ違いがありますから、どちらが良いのかはご自身で判断しましょう。 ネクタイの収納スペースが、あまりない方は「吊るす」収納方法がおすすめです。

ネクタイ用ハンガー・ワイヤーネット・突っ張り棒などを使用して、シワにならないようにネクタイを保管しましょう。

そして、比較的収納スペースが部屋にある方は、「丸める」収納方法がおすすめです。

ネクタイを丸めて保管する事で、色々な種類のものを素早く選定する事ができるので忙しいビジネスマンの人にも良いですね。

最近では、100円ショップに入れやすい収納ケースが売っていたり、専用のネクタイラックを購入して使って見るのも良いでしょう。

2.ネクタイの正しい収納方法

できるだけ、お使いのネクタイにシワ・汚れ・虫などがつかないようにする為には正しい収納方法を実践しなければいけません。 また、定期的にアイロン掛けをしたり、クリーニングに出して、より清潔感を維持するように心がける事も大切です。

ネクタイの着用頻度が少ないビジネスマンの方は、たくさんの種類を持つ必要はありませんが、複数個持って置くと何かと便利ですよ。

それに、同じものばかり付けていたら、何度も会う相手からは「いつも同じネクタイでお金がないのかな・ちゃんと洗濯しているのかな」など、心配になったり印象が悪く見られてしまう恐れもあります。

なので、ネクタイは複数個持っておけば、気分によって替える事ができ気持ちも引き締まりますし、一つのネクタイを着用し続けるよりも傷みにくくなります。

かつ、正しい収納方法を実践していけば、さらに身だしなみをキレイに整える事ができるでしょう。

丸める

ネクタイの正しい収納方法の一つは、「丸める」事です。 たくさん入る収納ケースを購入しておけば、何十本のネクタイを保管する事ができます。

また、丸めてキレイに並べられたものは、選びやすいので、どんなネクタイがあるのかひと目で判断できますから、忙しい朝に最適です。

丸めて収納する時は、ネクタイを中心で二つ折りにし、折った部分を内側にネクタイの先端が外側にくるように丸めていきましょう。

丸める時は、ギュッと圧縮して小さくするのではなく、ゆるく丸めるとシワや型崩れしにくくなるのでおすすめです。

平置き

ネクタイの正しい収納方法の一つに、「平置き」があります。

その際は、透明なプラスチック製のカバーに、ネクタイを二つ折りにして保管するようにすると、ホコリや虫などがネクタイに付きにくくなります。

平置きの場合は、ネクタイをあまり重ねて収納するようにしない事がコツです。 何個もまとめて、カバーに入れると二つ折りにのシワが残ってしまう恐れがあります。

ですので、シワがつかないように保管したい方は、ネクタイを重ねて平置きしないように注意しましょう。

吊るす

ネクタイの正しい収納方法の一つは、「吊るす」事です。

あまり、自宅の部屋に収納スペースが無い方は、ネクタイ用のハンガーを邪魔にならないような場所にセットしておくと良いですね。

クローゼットがある人は、クローゼットの内側の側面に突っ張り棒を2本セットして、ネクタイを吊るして置くと良いです。

1本でも良いですが、もう1本突っ張り棒をセットする事で、ネクタイの広がりを抑えたり、引っかかる事を防止できる為、ズリ落ちてくる事がありません。

一つのハンガーに、かける際は何本もネクタイをかけるのではなく、シワが入りにくいようにネクタイを一本ずつかける事ができるハンガーに収納するようにしましょう。

3.必要なネクタイをすぐに取り出せるために整理整頓をしよう

ネクタイの正しい収納方法を実践する事は大切ですが、必要な時にサッと取り出せる為の整理整頓もとても重要です。

ビジネスマンにとって、無駄な時間をいかに減らす事がいかに大切なのかわかりますよね。 整理整頓を面倒くさがってしない人は、会社のデスク周りも物で溢れかえっていませんか。 仕事の効率も下がりますし、相手からの印象も悪くなってしまいがちになりますから、定期的に断捨離や整理整頓をするようにしましょう。

色や柄でわける

ネクタイの収納方法では、色々な手段がありますが保管する時に予め、色や柄で分けて置くと取り出す時に手間がかかりません。

どうしても、ビジネスマンの中には、自分の好みのネクタイばかりを着用している人もいますが、それは、キレイに収納や整理整頓できていないから、面倒くさがって同じネクタイを着用し続けてしまう人もいます。

ですが、ビジネスシーンやTPOに相応しいものを着用しなければいけませんので、行く場所に最適なネクタイを選べるように、色々なものを所持して、きちんと色や柄で分けて整理整頓しておきましょう。

シーズンに合いそうなネクタイでわける

オシャレ上級者のビジネスマンは、季節シーズンに合わせたネクタイをチョイスしています。 例えば、夏の時期でしたら相手に涼しい印象を与える麻素材を付けたりですね。 また、衣替えをする方にとっても、入れ替えの時にネクタイを選定する楽しみもあるでしょう。

専用のハンガーを利用する

ネクタイを、すぐに取り出せるようにする為にはネクタイ専用のハンガーに吊るして置くのが良いです。 最近では、滑り落ち防止のものも販売していますから、ネクタイをかけて置いても自然落下するのを防いでくれます。 そして、専用のネクタイハンガーに吊るして置くことで、選ぶ時にもすぐに取り出せるので便利です。

ネクタイ収納のまとめ

ネクタイの収納方法は、平置き・吊るす・丸める方法などがあります。

家に収納スペースがあまりない人は、ネクタイ用のハンガーを使用したり、朝、すぐに会社に出勤しなければいけない人は丸めて収納ケースに保管して置く事をおすすめします。