ポケットチーフの意味って何?効果や意味について徹底解説!


ポケットチーフの意味って何?効果や意味について徹底解説!

主にスーツスタイルをさらにカッコよく魅せる効果を出すファッション小物アイテムが「ポケットチーフ」です。

スーツの胸ポケットや、カジュアルな服装の上着のポケットなどに挿して使うハンカチのような物です。

胸元にボリュームを出したり、フォーマルな印象を相手に与えることができる飾りとしての役割があります。

仕事の場面や結婚式・パーティーシーンなど、華やかな場面で活躍します。

ファッション上級者を目指すのであれば、ポケットチーフの扱い方や意味を知っておくと、さらに自分の価値を高めることができるでしょう。

今回は、ポケットチーフの意味とは何なのかや効果や、ハンカチ代わりに使用してもよいのかなどについてご紹介していきます。

1.ポケットチーフとは?

ポケットチーフとは、中世ヨーロッパ時代からファッションアクセサリーの一つとして用いられてきました。

スーツスタイルをより洗練させ、魅力的な姿にすることができるもので、胸ポケットに挿入して使用するものです。

胸元を華やかにすることで、インスタ映えや写真映えも狙えるでしょう。

ファッションアイテムが豊富に流通している女性と違って、男性はどうしても身につけられる装飾品の数は少ないです。

そこで、手軽に胸元にボリュームを出せるポケットチーフです。

ポケットチーフは、紳士的な雰囲気を出したり、より魅力的な姿になれる貴重なアクセサリーと言えるでしょう。

小さな小物アイテムですから、さり気なくオシャレ度をアップさせることができ、相手に見栄を張りすぎだという印象を与えにくいという利点もあります。

ポケットチーフは実は日本語

ポケットチーフとは、中世ヨーロッパ時代から流行っているアクセサリーなので外国名がそのまま日本に伝わったと思っている方も多いのではないでしょうか。

ところが実は日本語なんです。

外国では、ポケットチーフと呼ぶところは少なく、国によって名称が異なる場合もあります。

例えば、アメリカではポケットチーフのことを「ショウハンカチーフ・ポケットスクエア・ディスプレイハンカチーフ」などと呼ばれています。

また、イギリスでは「ポケットハンカチーフ」が一般的だと言われています。

私達、日本人はハンカチという言葉を日常的に使用していますが、正式名称は「ハンカチーフ」なんです。

もっと細かく分けると「ハンド・カチーフ」になり、ハンド=手、カチーフ=特に女性が頭に被ったり首にまく布という意味合いがあります。

2.ポケットチーフの歴史について

ポケットチーフは、中世ヨーロッパ時代に身分が高い貴族だけが所有を許可されていたもので、正方形のハンカチと同じ起源だったと言われています。

元々は、最初からポケットチーフが流行っていたわけではなく、貴族たちはハンカチを袖口やベストに隠し持って使用していたそうです。

そうして、時は流れ20世紀に入ってから、ハンカチを挿すための胸ポケット付きの上着が登場し、ハンカチを胸ポケットに挿入する習慣が徐々に広まっていったことで、ポケットハンカチーフと呼ばれるようになっていきました。

ですが、中世ヨーロッパ時代は、一般庶民がポケットチーフの役割を担うハンカチを気軽に所持できなかったことで爆発的には流行しなかったようです。

昔の人々にとってはポケットチーフは高級品だったという歴史があるわけなんですね。

今では、ポケットチーフの種類も豊富に揃っていて、私達は手軽に所持することができるので恵まれた時代にいるのではないでしょうか。

3.ポケットチーフを胸にさす理由

ポケットチーフは、スーツやカジュアルな服装の胸元に挿入することで上半身を華やかに魅せる効果があります。

胸元にボリュームを与えることができると、スーツスタイルでは立体感が出せますし、オシャレ度を上げる為のファッション小物アイテムの中では、とても手軽にそしてしっかりと魅力をアップさせることが可能なのでおすすめです。

また、オシャレ度を上げる為だけだと思われがちなポケットチーフですが、実はハンカチとしての役目も担っています。

なので、手拭きとして使用できるんです。

胸ポケットに入れておくことで、服を濡らさずにすぐに取り出すことができたり、次に使いたい時にはすでに乾いていることが多いのでアクセサリーとしての役割だけではなく、実用性も兼ね備えている優れたファッションアイテムなんですね。

カッコよく見える

ポケットチーフは、ファッション小物アイテムとして今でこそ重宝されていますが中世ヨーロッパ時代は、ハンカチを袖口やベストの中に入れていたので、目立つものではありませんでした。

なので、現在の方が堂々と胸ポケットに挿入して使用することができるので目立ちやすく、またカッコよく見えるでしょう。

中世ヨーロッパ時代の紳士たちもファッションとしてのかっこ良さを女子にアピールすることを考えていたと思いますが、堂々と身につけることはできなかったので、ポケットチーフの効果を最大限に有効活用はできていなかったのではないでしょうか。

ファッション性が高くなる

元々は、被り物として使用されたり、手拭きとして使用されることが多かったハンカチですが現在では、胸ポケットに挿すことでポケットチーフとして普及していて実用性よりもファッション性が高くなっています。

中世ヨーロッパ時代では、貴族たちの間でファッションのオシャレ度をアップさせる為に用いられてきましたが、現在の方がポケットチーフの種類も豊富ですし、TPOに合わせた様々なものが販売されています。

昔の貴族たちよりも、オシャレを自由に楽しめる世の中なのは間違いないでしょう。

4.ポケットチーフのかわりにハンカチを利用してもいい?

ポケットチーフは、手軽にオシャレ度をアップさせることができる反面、手を拭いたり汗を拭いたりする用途にもできます。

ということは、ハンカチの役割も担っているのですね。

ただ、ポケットチーフとハンカチに使用されている生地の素材には違いがあります。

・ポケットチーフの生地素材=麻/シルク

・ハンカチの生地素材=コットン

ポケットチーフは、ハンカチの代用品として十分、利用できますが生地素材が異なりハンカチの方がより吸水性が良いコットンが使用されています。

ですので、最初から汗や手拭き用として拭きものを所持しておきたい場合は、ポケットチーフよりも水を吸水しやすいハンカチも一緒に持っていた方が良いでしょう。

また、ポケットチーフの代わりにスーツスタイルの胸ポケットにハンカチを挿入していても、別にマナー違反にはなりません。

ですが、ハンカチですとポケットチーフよりもサイズが大きく厚みもあるものが多いので、ポケットに膨らみができやすく見栄えに影響を及ぼす恐れがあるので注意が必要です。





5.ポケットチーフの意味のまとめ

ポケットチーフとは、スーツスタイルやカジュアルな服装の胸ポケットに挿して使用するファッション小物アイテムです。

中世ヨーロッパ時代から歴史がありますが、当時はポケットチーフとしての役割があったわけではなくハンカチとして男性貴族たちは、袖口やベストの中などに隠し持っていて女性達の前で、カッコ良さをアピールするためのファッション小物アイテムでした。

ポケットチーフは、オシャレ度をアップさせる目的で使用することがほとんどですが、手を拭いたり汗を拭いたりすることもできるので実用性も兼ね備えています。

コメントする

コメントは承認され次第、表示されます。

カート

利用可能なすべての在庫はカートにあります

カート内に商品がありません。