ネクタイのオシャレな柄はこれで決まり!失敗しないネクタイの選びかた



ネクタイのオシャレな柄はこれで決まり!失敗しないネクタイの選びかた

ネクタイは、身体の中心に着用するものなので、一見すると非常に目につきやすいものです。

その日の気分や、スーツ・シャツなどに合わせて選ぶ事は大切ですが、チョイスした色・柄などによって相手に与える印象は大きく違ってくるので気をつけなければいけません。

特に、サラリーマンの方で、営業職の方は毎日、スーツに袖を通しますからネクタイも付ける人が多いでしょう。

一年中、同じネクタイを着用していると、相手からは「きちんと洗濯しているのかな?・清潔感がないな」とも思われかねません。 ですから、オシャレなものを着用する事も大切ですが、季節やシーンに合ったものを付ける事も重要です。

今回は、ネクタイのオシャレな柄や季節・シーン別に失敗しない着用方法などについてご紹介していきます。

1.サラリーマン必見!今どきのオシャレなネクタイの柄

ビジネスシーンにおいて、スーツを着用してオシャレなネクタイを締める事は、サラリーマンなら誰しも意識して欲しいところです。

そして、ネクタイの柄には様々な種類のものがあると言う事に、理解を深めておけば、環境が異なるビジネスシーンに似合ったタイプを選定する事ができます。

そうする事によって、商談相手・客先からの第一印象も良くなりますし、身だしなみに清潔感が出るばかりでなく、オシャレな印象を相手に与えることができるので、ファッションセンスが良い、仕事が出来そうな雰囲気だと思ってもらいやすくなるでしょう。

ご自身で、どんな種類の柄が似合うのかは、個々によって好みに違いがあったり、ビジネスシーンに違いがありますから、正直、人それぞれです。

あまり、自分に似合うネクタイの柄がわからなければ、とりあえず「無地」のものをチョイスして着用しておけば、無難ですね。

無地

無地のネクタイの柄は、どんな柄のスーツの時でも着こなすことができ、王道のファッションスタイルとも言えます。

また、シャツをシンプルな無地にする事で、より落ち着いた印象を相手に与える事ができるのでおすすめです。 そして、無地のネクタイの柄でおすすめの組み合わせは【青色シャツ☓紺色】になります。

コーディネートに自信がない方は、とりあえず無地タイプを着用してみて、ファッションを磨いていくのもいかがでしょうか。

ストライプ

無地のネクタイの柄は、どんな柄のスーツの時でも着こなすことができ、王道のファッションスタイルとも言えます。

ストライプのネクタイの柄は、柄の中でも多種多様なバリエーションが揃っていますので、色々なパターンでのお洒落さを醸し出す事ができるでしょう。

そして、ビジネスシーンにおいては、ストライプの幅が細いものが良いですね。 無地の柄と並び、ストライプ柄タイプも一般的に多く着用されています。

ですから、できるだけネクタイの柄選びで失敗したくない方は、無地やストライプの柄のものを選びましょう。

小紋柄

小紋柄のネクタイの柄は、日本の和服の種類として挙げられています。

柄は、規則性があるものや不規則に入っているタイプもあるので、細かいことを言いますと模様にも気を配ると相手に与える印象が大きく変わってきます。

つまり、小紋柄の柄が小さいとクラッシクな感じを演出でき、逆に小紋柄が大きくなると相手にカジュアルな雰囲気を与える事ができるのです。

そして、ビジネスシーンにおいては、柄が小さいデザインが良いでしょう。 その理由としては、柄が小さいものを選定する事で、コーディネートをする際にメリハリを出す事ができます。

小紋柄は、色々なデザインの種類がありますから、スーツと組み合わせる時のアクセントとしてふさわしいですね。

ドット柄

ドット柄のネクタイは、無地・ストライプの柄と比較すると、あまり認知度が高くなく着用している人も少ないです。

ですが、春・夏・秋・冬の全ての四季で楽しむことができる柄で、相手に爽やかな印象を醸し出す事ができるのでおすすめです。

そして、ビジネスシーンには、ドット柄が小さいデザインのものを選んだ方が無難でしょう。

ドット柄の大きいものも、仕事用として大丈夫ですが、でいるだけドットの数が少ないネクタイを選ぶ事が良いですね。

ドットの水玉の大きさによって、小(ピンドット)・中(ポルカドット)・大(コインドット)の3タイプに分けられています。

ペイズリー柄

ペイズリー柄のネクタイの柄は、植物模様が入ったタイプになります。

トレンドの柄として、毎年のように注目されているものもありますし、一般的に馴染み深いデザインですから着用している人も多いです。

ストライプ柄・ドット柄と比較して、ちょっと大きなデザインのものもありますが、スーツをお洒落に着こなしたい場合は、できるだけペイズリー柄のうっすらとしたものを選定する事で、スーツの雰囲気を壊さずに、かつファッションセンスの良さも出す事ができます。

ビジネスシーンにも最適な柄ですが、ネイビー系のスーツと組み合わせるのがおすすめです。

2.季節によってネクタイの柄を変えよう

ビジネスマンにとって、スーツとネクタイの着用する仕事をされている人は多いでしょう。 1年中、同じネクタイの柄や種類のものを付けていると、ネクタイが早く傷んだり相手からは「めんどくさがり屋なのかな・仕事ができなさそう・清潔感がなさそう」などの印象を持たれてしまう恐れがあります。 ですから、春・夏・秋・冬の季節に合わせて、ネクタイの柄を変える事も重要です。

四季に合わせて、ネクタイを変更する事で、一つのネクタイを着用する期間も短くなるので、ネクタイが痛みにくいです。

また、気づく人は気づきますから、季節によってネクタイの柄を変えていれば、オシャレな人だと思われる可能性も高まるでしょう。

特に、女性は男性の小物アイテムほど、しっかりとファッションチェックしているもので、細かいところまで気を配れるようになると、性格がマメそうで仕事が出来そうだと思われる事もあります。

ですから、季節ごとにネクタイを変える事は、マイナスな印象を相手に与える事はなく、ほとんどプラスな印象を与える事ができるでしょう。

しかし、柄ばかりに気を取られて、色や素材が不適切なものだと失敗してしまいますから、ネクタイの柄だけではなく色・素材にも気を配るようにしていく事が大切です。

3.シーン別でネクタイの柄を変えよう

ネクタイの柄は、シーン別で相応しいものがあります。 例えば、就職活動の場面では、面接時に「赤色・青色」などのストライプ柄のものが定番です。

また、1次面接の時は赤色のネクタイを締めて、やる気や情熱をアピールし、2次面接や最終面接の時は、青色のネクタイを着用して誠実さの印象を相手に与える事も、ビジネスマンにおすすめです。

そして、仕事の商談や客先での面談時には、ネイビー・青色などのネクタイの色で、無地・小紋柄のネクタイの柄が相手に良い印象を与える事ができると言われています。

結婚式やパーティーの時は、明るいピンク色や青色などのもので、ネクタイの柄は無地や柄の小さいタイプがおすすめです。

このように、ネクタイの柄に、相応しいシーンが色々ありますから、失敗しないように着用していきましょう。

ネクタイオシャレの柄のまとめ

ネクタイの柄の種類で、相手に与える印象は大きく変わってきます。

無地・小紋柄・ペイズリー柄・ドット柄・ストライプ柄など色々なタイプがありますが、最も無難なものは無地のネクタイの柄になります。

できるだけ、オシャレな印象を相手に与えるためには、季節に合わせた柄をチョイスしたり、様々なシーンやTPOに合わせたものを着用する事が重要です。


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。