ネクタイの長さが解らない!カッコよく決められる長さはどれくらい?



ネクタイの長さが解らない!カッコよく決められる長さはどれくらい?

ネクタイを着用している方は、自分に似合う色やデザインのものを上手く着こなしている人は多いでしょう。 ですが、ネクタイの長さを気にしていない人は多く、その影響で魅力が半減している人もいます。

カッコよくファッションを決めたはずなのに、ネクタイの長さを意識していないとダサく見える事にも繋がります。 ですので、正しい長さを理解する事が大切です。

今回は、ネクタイの正しい長さや調整の仕方などについてご紹介していきます。

1.ネクタイの正しい長さは存在する

日本人は、あまりネクタイの正しい長さを理解していない人は多いでしょう。

なぜなら、スーツを着用する際にネクタイの上部しか見えない為、多少長くても隠す事ができるからですね。 ですが、スーツの上着を脱いだら、ダランの伸びたネクタイが否が応でも見えてしまう事もありますから注意が必要です。

ネクタイのマナーに合った長さは、大剣と呼ばれるネクタイの幅が太い方の先端が、ズボンベルトのバックルに半分乗る状態がベストだと言われています。

ですから、この長さよりも短くなったり逆に長くなってもマナー的にはよろしくないです。 例えば、大剣がベルトの位置よりも下の方に来てしまうと、ダラしなくそしてダサく見られてしまう恐れがあります。

また、カジュアルなシーンには、さほどネクタイの正しい長さは重要ではありませんが、仕事の場面はきちんとした長さのものを着こなさないと失礼に当たる事もあります。

ネクタイの下部は、普段隠れてあまり見えない事が多いですが、見えない部分のファッションこそ気を配った方が良いでしょう。

ベルトのバックルが隠れるくらいがちょうどいい

ネクタイの正しい長さは、ベルトのバックルが隠れるくらいがちょうど良いと言われています。

ですが、あまり些細なズレまでは拘らなくて良いですよ。 だいたい、1cm~3cm位であれば少々、長さがズレてしまっても着こなし方的には綺麗に見えますから、ネクタイの長さは小剣で微調整しましょう。

ネクタイが長すぎたり短すぎたりするのは超ダサい

極端に、ネクタイが長すぎたり短すぎると超ダサく見られてしまったり、胴長短足に見られてしまうので気をつけるべきです。 もう少し具体的に申しますと、ネクタイが長い場合は動きにくくなりますし、シワやヨレなどがついてしまう恐れもあります。

また、ネクタイが極端に短すぎてもNGです。 ネクタイの長さが短すぎると、チャラチャラした印象を周囲に与えたり、遊びに行くようなラフさを感じさせる事に繋がります。

ネクタイの正しい長さを選ぶ基準として、標準体型の人はネクタイが120cm・160cmなどの短すぎたり長すぎるネクタイは選ばない方が無難です。

2.ネクタイの長さがうまく調整できない場合は

ネクタイの正しい長さは理解しているけど、なかなか自分で結んだり調整したりするのが難しいという人も多いでしょう。

ですが、今の時代はYou Tubeでネクタイの正しい着用の仕方や長さなど、アップされていますから視聴しながら正しく着こなす事が可能です。 特に、1人で生活している人にとっては、自分のコーディネートをチェックしてくれる人が周りにいない事も多いですよね。

そんな時に、You Tubeを視聴しながら、ネクタイを正しく着用できるのはとても有り難いのではないでしょうか。 その他に、ネクタイを正しい長さに調整する時は、自分の身長に合った長さのものを選ぶ事が大切です。

日本人の標準体型に合ったものが、お店で販売されていると思いますが、自分の身長が高すぎたり低すぎる場合は標準体型には当てはまらないケースもありますから。

ですので、ネクタイを買う前に店員さんと相談したり、試着室できちんと着用してサイズや長さが合っているか確認する事が大切です。 その他にも、ネクタイの長さが上手く調整できない場合は、以下のような方法で簡単にできるので挑戦してみてください。

ネクタイの裏で調整する

ネクタイの裏の縫い目を、シャツの第3ボタンと第4ボタンの間に持ってくるように着用する事で見栄えが良くなります。 だいたい、ネクタイの長さが正しくない場合は、結び始めの位置がズレている事が多いです。

ですから、ネクタイをちょうど良い長さに結ぶ為には、縫い目を上手く利用する事がポイントになります。

また、着るシャツの種類によってボタンの間隔に違いがあります。 なので、ちょうど良い位置にくるように微調整が必要なシャツには注意するようにしましょう。

ネクタイの太い部分で調整する

ネクタイの正しい長さを調節する方法で、太い部分の大剣を上手く活用する手もあります。 特に、ネクタイが長い場合は大剣を調節する事で、ちょうど良い長さにしやすいです。

太い部分が調整できても、小剣が長くなってしまう事もありますが、その場合は折り込んでしまいちょうど良い長さにしていきましょう。

ブレードが長くなったらスラックスにINでもOK

ネクタイは、スーツを着用すると下部の部分は隠れて見えない事が多いです。 なので、ブレードが長くなったらスラックスにINでも大丈夫です。

小剣の方が大剣よりも長くなってしまう場合、スラックスの中へ入れて隠してしまえば、時短で調整できるのでおすすめですね。 また、その際はネクタイの結び方はシングルノットがネクタイの生地の厚さに関係なく活用できるでしょう。

しかし、若干手抜き感がある方法ですから、正しい調整の仕方を理解した上で、時間がない場合や緊急時に用いる手段としてこの調節方法を実践された方が良いと思います。

いくつものネクタイの正しい調整方法を知っていれば、様々なシーンで最適な手段をチョイスできる事になるからです。

どうしても調整が難しいなら切って調整する

あまりネクタイの調整をする時間がない人や、たくさんのネクタイを持っている人は、どうしても調整が難しいのであれば切って調節するという方法があります。

ですが、切ってしまうと正しいネクタイの長さが固定されてしまいますから、最終手段として活用されてください。 また、ネクタイの小剣が隠れて見えないからといって、ハサミで切断してしまう事は避けたほうが良いでしょう。

その場合は、切るよりもまずは購入した店舗に連絡して相談したり、洋服のリフォーム店で調整してもらう方が良策だと思います。

そして、プレゼントで頂いたネクタイであれば切断はしない方が良いでしょう。

贈った相手が、自分の渡したネクタイを着用しているところを見たいと言って来た場合、ネクタイを切ってしまっていると悲しむ人もいるのではないでしょうか。

相手によっては、ガサツで無神経な人だと思われたりする恐れもありますから、ストックがあるものや安価で手に入りやすいものなどの、長さ調整方法として切断する方が良いでしょう。

3.ネクタイの長さのまとめ

ネクタイの正しい長さは、日本人の標準体型でしたら大剣と呼ばれるネクタイの幅が太い方の先端が、ズボンベルトのバックルに半分乗る状態が最適だと言われています。

ですが、身長や体型などは個人で差がありますから、その他の長さ調節方法も理解を深めておく必要があるでしょう。 また、ネクタイの長さが短すぎると、チャラい印象やラフすぎる印象を相手に与えてしまいがちです。

逆に、長すぎると胴長短足に見えたり、ダサく見られがちですから、あなたにあった正しいネクタイの長さを調節する事が大切です。


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。