クリスマスにネクタイをプレゼントしたい!絶対に喜んでくれる選びかた



クリスマスにネクタイをプレゼントしたい!絶対に喜んでくれる選びかた

好きな異性や、職場の人、あるいは友人の男性に最適なプレゼントと言えば「ネクタイ」があります。

女性は、ネクタイを付ける事がほとんどない為、どういったものを相手に贈れば良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そして、絶対に相手が喜んでくれるイベントが12月のクリスマスプレゼントです。

今回は、クリスマスにネクタイをプレゼントする時の基礎知識情報や、おすすめ3選などについてご紹介していきます。

1.ネクタイをプレゼントするなら形を知っておこう!

ネクタイを異性にプレゼントする場合、男性の目線になって選ぶ事が大切です。

女性と男性とでは、物を見た時の印象が大きく異なるケースが多いでしょう。

例えば、女性は可愛い柄・色・形などのネクタイをギフトに最適と思いがちですが、男性はそうではありません。

普段、仕事をバリバリこなしているビジネスマンであれば、派手すぎないもので、できるだけ使い勝手が良いものを求めがちです。

スーツを着用する男性は、自分自身のスタイルを細く見せるために、全体的にコーディネートを意識していてスマートに見える形のネクタイが良いでしょう。

その他にも、色々なネクタイの形状があります。

〇レギュラータイ

レギュラータイとは、最も一般的なネクタイで別名を「ダービータイ」とも言います。

大剣の幅が7cm~9cmくらいあり、仕事のシーンの他に、プライベートやパーティーなどの幅広いシーンで着用できるので、男性への贈り物に最適です。

〇ナロータイ

ナロータイは、形状が細いのでスーツを着てナロータイのネクタイを締めるとカジュアル感が出る為、ビジネスシーンにはあまり向いていません。

剣先の幅が、4cm~6cmと細めでプライベート用やパーティーシーンなどに向いています。

仕事用に相手の男性へプレゼントする場合は、普段オフィスワークをしてる方なら良いかもしれません。

バリバリ営業マンとして活躍している方に、ナロータイのネクタイをプレゼントしてしまうと、訪問先の企業の方や商談相手からあまり良い印象を持ってもらいにくいので、営業職の相手に贈る場合は慎重になる事をおすすめします。

2.ネクタイをプレゼントするなら素材を知っておこう!

ネクタイを異性にプレゼントする場合は形だけではなく素材も拘った方が良いでしょう。

クリスマスプレゼントを相手に渡す場合は、特別な日ですからあまり好意を持った人でない限り、そこまで高価なものを贈らなくて大丈夫です。

なぜなら、男性は女性から何か贈り物を貰った際に、値段が高いか安いのかで好意の度合いを図ったりする事もあります。

あまり高級なネクタイを、クリスマスプレゼントに渡してしまうと、男性は「こんな高い商品をくれるのは、もしかして異性として好かれているのかな」と思ってしまうからです。

ですから、恋愛感情を持たれたくない方は、シルク100%のような値段が高い素材のものを選ぶよりも、一般的に安価で普及しているポリエステル素材のものを渡したりしましょう。

逆に、本命の男性へネクタイのプレゼントをする場合は、少々、価格が高いものを渡してあげると、より好意が伝わると思います。

〇シルク

シルク素材は、ネクタイに用いられる天然素材で、人肌に近い手触りでさわり心地が良いのが特徴です。

シルクは、タンパク質で構成されている動物性の繊維で「第2の肌」とも呼ばれています。

表面に光沢があり生地が柔らかいので、ネクタイも結びやすいでしょう。

オールシーズンで、付ける事ができますし、ビジネスシーンでも付ける人が多いですからプレゼントには最適の素材です。

〇リネン

リネンの素材は、天然素材でさわり心地が良く、生地が薄いので涼し気な印象を受けます。

夏の気温が高くなる季節にプレゼントとして贈るのが最適です。

ですから、クリスマスプレゼントとしてはリネンのネクタイはふさわしくないでしょう。

もちろん、来年の夏用に使って欲しいと伝えて意中の相手や、好意がある相手に渡すのでしたら問題ないです。

〇ニット

ニットの素材は、天然素材で出来ていてオールシーズンで付けれるネクタイです。

比較的カジュアルな印象を相手にあたえますから、ビジネスシーンではあまり用いられません。

ですから、仕事用に異性にプレゼントする場合は、ニットのネクタイはあまりおすすめしません。

ですが、春・夏・秋・冬の四季を通して一年中、付ける事ができるのでギフトとして相手にプレゼントしてあげても良いでしょう。

〇フレスコ

フレスコの素材は、製作者が手間暇をかけ長い年月を必要とする伝統的な織り方です。

経糸同士がお互いに搦み合い、その間に緯糸を入れて織られた搦み織で、夏物の着物・帯などに良く使用されており通気性も良い素材です。

Fresco(フレスコ)は、イタリア語で「新鮮・涼しげ」などの意味があり、主に夏の季節におすすめのネクタイの素材です。

〇ウール

ウールの素材は、羊毛が原材料の天然素材です。

見た目から、その暖かさが伝わってくる生地感ですから、気温が低くなる秋・冬の時期にプレゼントするネクタイとして最適です。

ウールのネクタイは、シルク製と異なり光沢がありません。

ですから、スーツやシャツにも光沢がないものをチョイスするとより全体的にコーディネートに締まりが出ます。

そして、クリスマスプレゼントにウールのネクタイはとても最適なので、男性に贈ってあげると喜ばれる事が多いのではないでしょうか。

3.ネクタイをプレゼントするなら柄を知っておこう!

ネクタイを、男性にプレゼントする場合、形・素材などが大切だとお伝えしていますが、柄も重要なポイントです。

例えば、ビジネスマンの男性にネクタイを贈る場合、可愛いキャラクターものや動物柄のものを渡してしまうと、会社に付けていくと周りから驚かれたり偏見の目を持たれる恐れもあるのです。

真剣な仕事の場面に、そのような柄のものはあまり適切ではないでしょう。

ネクタイの柄によって、相手の印象も変わりますしTPOをわきまえたネクタイの種類を選ぶことが大切ですね。

〇無地

無地柄のネクタイは、何もネクタイに描かれていないタイプのものです。

ですから、最もオーソドックスでスーツ・シャツなどの着類と合わせやすく、真面目な印象を周囲に与える事ができるのでビジネスマンにピッタリです。

また、異性の職業・年代も考慮しなくても、無難に似合いますから無地のネクタイはプレゼントしても失敗がありません。

〇ストライプ

ストライプ柄のネクタイは、ビジネスマンや会社に入社する社会人の就職祝いに最適です。

誠実で、フレッシュな印象を相手に与える事が出来ますから、プレゼントとしても外れがないネクタイでしょう。

ただし、海外ではストライプ柄と言うのは、特定のチームや学校への所属を表す意図があり、それなりに誤解を相手に与えてしまう事も少なくありません。

ですから、ビジネスシーンにおいて海外出張が多い男性には避けたほうが無難なのかもしれません。

〇チェック

チェック柄のネクタイは、プライベート・ビジネスの場面どちらにも最適です。

仕事用に贈りたい場合は、チェックに使用されている色数ができるだけ少ない方が相手に落ち着いた印象を与え、上品さを醸し出す事ができるのでベストです。

また、チェック柄のネクタイは、相手にカジュアルで親しみやすい感じを与える事ができ、初対面の人と仲良くなりたい時におすすめです。

〇ドット

ドット柄のネクタイは、その模様の大きさや数で印象が左右されがちです。

小さいほど上品でフォーマルな印象を与える事ができ、逆に大きいほどカジュアルさが出てポップな印象になります。

ですから、仕事用にドット柄のネクタイをプレゼントするのであれば、小さめのものをチョイスしてあげましょう。

〇ペイズリー

ペイズリー柄のネクタイは、インドの北方カシミール地域で誕生しています。

高級感と上品さを持つ柄で、ビジネスシーンやおしゃれな場面での着用に向いているでしょう。

なので、職場の上司や目上の方にプレゼントとして贈るネクタイとして最適です。

4.ネクタイをプレゼントするなら色を気にしよう!

ネクタイをプレゼントする際に形・柄・素材などが重要とお伝えしてきましたが色もまた大切な要素です。

特に、ビジネスシーンに相応しくない色もありますし、色によって相手の感じ方が異なる場合も多いです。

あまり派手なカラーは仕事の場面には相応しくないでしょう。

ビジネスシーンで定番のネクタイの色は「赤系・青系・グレー系」などがベストになります。

スーツは基本的に黒色やグレー色など暗めな色が定番ですから、ネクタイの色も落ちつた色合いのものが最適なんですね。

〇青系

青系のネクタイは、誠実・真面目な印象を相手に与える事ができます。

青系の仲間で、ネイビー色もあります。

ビジネスシーンでは幅広く使用できるので、基本的にどんな年代・職業の男性へ贈っても喜ばれる色でしょう。

〇赤系

赤系のネクタイは、アグレッシブ・情熱・積極性などを表してくれる色です。

大事な、仕事の場面やプレゼンなど勝負事の時用に好んで身につけられています。

赤系のネクタイをプレゼントする場合は、主に取引先の方と商談やプレゼンをする機会が多い営業マンの方に贈るのが最適です。

また、赤色と似ているピンク色のネクタイの場合は、仕事用には向いていませんが華やかな場面・パーティーなどに行く際に最適なカラーです。

〇黄色系

黄色系のネクタイは、ポジティブ・陽気・明るいと言った前向きな印象を相手に与える事ができるでしょう。

プレゼントを渡す相手の性格や外見・着用用途などを考えてみて、ふさわしいと思えば黄色系のネクタイを贈ってあげるのが良いですね。

相手の男性が、引っ込み思案な性格だったり、あまり目立ちたくない人であれば避けた方が良い色でもあります。

〇グレー系

グレー系のネクタイは、沈着冷静・柔軟と言った色の効果があります。

無難なカラーと言えますので他の色との協調性もあり主張が強すぎず、周りの色を引き立ててくれます。

それでいて上品さを醸し出す事が出来るので、ビジネスの場面でも落ちついたグレー系のネクタイは相手に好印象を与える色でもあります。

なので、仕事用にクリスマスプレゼントとして男性に渡してあげても喜ばれる色合いなのではないでしょうか。

5.ネクタイをプレゼントするなら利用シーンを考慮する

男性へのプレゼントの定番として、ネクタイは最もハズレがなく喜ばれるものでしょう。

Xmasプレゼントや記念日・父の日・バレンタインデーなど、色々なイベントがありますが、異性への贈り物をする時に、一度はネクタイを贈ってあげたいと考えた事がある女性は多いのではないでしょうか。

特にビジネスマンには、スーツ・シャツと合わせるネクタイは第一印象を決めてしまうものなので、とても大切な身だしなみアイテムです。

ですから、プレゼントをする相手がネクタイを利用するシーンをしっかり考慮する事が大切です。

TPOに合っていないものを渡しても、その場では男性から喜ばれるかもしれませんが、いざ着用して外出しようと思った時に、マナー的に失礼なものだったり利用シーンに不適切なネクタイの場合があります。

相手が持っていないネクタイをこちらが頑張って選んであげた場合、似合っていれば喜んでくれる可能性もありますが、相手の男性が良くても周囲の反応が良くなかったりするケースも多いのです。

また、できるだけ男性の好みの色・形・柄・素材のネクタイを把握してプレゼントした方が良いでしょう。

さらに、相手の男性が普段から好きなブランドがあれば、同じブランドもののネクタイを贈ってあげてみるのも良いですね。

その為には、好意が深い異性であればあるほど入念なリサーチを重ね、失敗しないものをチョイスしてあげましょう。

そうする事で、相手の方はそこまで自分に対して興味を持ってくれているのかと、あなたからの深い愛情を感じる事ができるのでしっかりと相手の事を考えながらネクタイを選ぶ事が大切です。

〇プレゼント相手のことを考え色や素材を決める

ネクタイを男性にプレゼントする場合、相手が好きな色や素材のものを選ぶ事が重要です。

あまり相手の方と接する機会が少ない女性は、なかなか相手の好みを把握するのが難しいかもしれません。

ですので会う時にさりげなく、普段どんなブランドものの服装を着ているのかや、好きなネクタイの種類をさりげなく聞いてみるのも一つの手です。

普段ネクタイを着用する事が少ない女性であっても、そうすれば相手の好みのネクタイの色や素材を知って、贈る相手の雰囲気に似合うものを選びやすくなります。

その際には、仕事でスーツ・シャツ・ネクタイはどんなものを着ているのかを聞く他に、プライベートでもネクタイを付ける事があるのか聞いてみましょう。

休日でもテーラードジャケットにパンツを合わせる、ジャケパンスタイルも流行っていますから、仕事が休みの日にもネクタイを着用する人が増えています。

ビジネスシーン以外でも付けているようであれば、ニットタイなど遊び心があるネクタイをプレゼントしてみるのも良いでしょう。

特に、クリスマスプレゼントとしてニットタイの素材のネクタイは最適です。

〇年齢や好みを考慮する

ネクタイを相手にプレゼントする場合、できるだけ失敗しないようにする為には、相手の年齢や好みを熟知しておく事が重要です。

どのような職業をしているのか、その年代に相応しい色・柄・素材・形などのネクタイを渡す事が大切です。

目上の男性に可愛いキャラクター柄やドット柄などのものを渡しても、普段その男性が部下を管理している立場の方だったら威厳に関わる事になります。

厳しい上司として有名だったり、毎回緊張感がある仕事をしているような男性が可愛いネクタイを締めているとなると、示しがつかなかったり舐められたりする事になります。

最近では、ベンチャー企業やクリエイティブ業界などはカジュアルな雰囲気の服装をOKとしている会社も増えてきていますが、まだまだ社会的には認められていませんので、相手の年齢や好みのネクタイをしっかりと把握しておきましょう。

〇相手の年齢にあったものを選ぶ

例えばネクタイをプレゼントする相手が新入社員であれば、高価なネクタイやブランド品のものを贈ると着用した時にネクタイだけ浮いていて周囲から偏見の目で見られてしまう恐れがあります。

そのようなネクタイは目上の男性や職場の上司などの方には相応しいでしょう。

相手の年齢に合ったものを選ばないと、不釣り合いになってしまう事になりますので注意が必要です

6.クリスマスのプレゼントにピッタリ!ネクタイおすすめ3選

1,STYLE=とDojimaTailorの共同開発 ダブルネーム

「SUITを着る」だけでなく、「SUITを楽しむ」をコンセプトに時代を超えて受け継がれていく端正で洗練されたデザインやスタイルを提案する【DojimaTailor】と、メンズビジネス小物を中心に、1ランク上がるようなビジネスアイテムを提案し、ビジネスマンにEnjoooyをお届けする【STYLE=】がコラボレーションさせ作り上げた珠玉のネクタイ。

重めのダークカラーが特徴的で、秋冬の季節感が感じられGOOD。柄も落ち着きがあり重厚感のあるものばかり。

紳士的な彼へのクリスマスプレゼントに最適です。

 

2,京都の丹後で町おこし、日本品質に満足できるTangoopenネクタイ

1720年から続く京丹後の絹織物の歴史。伝統と格式がもたらす、素材の上質感は見るだけで分かる逸品となってます。 素材は伝統の高級素材、「京都シルク」を贅沢に裏も表にも100%使用。京都西陣から派生した生地産地、京丹後は国内屈指のシルク製品産地として有名です。そんな高級生地を傷つけないよう、ネクタイは全て京丹後で一つ一つ丁寧に作られています。

ネクタイに厚みがあるので、締めやすく、また首元にできるディンプル(ネクタイの凹み)がきれいに仕上がります。 ギフトボックスにはいってるので、プレゼントとしてもお勧めです。

 

3,カジュアルでおしゃれに決めたい人にオススメ。ニットタイ

こちらのネクタイは名前の通り、ニットの編み素材で作られたネクタイです。ビジネスというよりは、カジュアルなジャケパンスタイルにフィットします。

見た目が通常のネクタイとは全然違うため、気分を変えたいとき用に持っとくのにオススメ。首元を締めるという機能面よりは、オシャレさ重視のネクタイです。

こちらのニットタイは家の洗濯機でも洗えるので、クリーニングに行く必要がなく、メンテナンスも楽チン。色合いもかわいく、目を惹くビビットなカラーなので、カジュアル好きな彼にオススメです。

 






コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。