名刺の受け取り方で名刺入れがない時どうする?しまう場所や自分は渡せなくて良い?



名刺の受け取り方で名刺入れがない時どうする?しまう場所や自分は渡せなくて良い?

令和の時代に入り、最近の若者はビジネスマナーが良くないという声も出ているようです。 他人に興味がない人が、増えてきているというのも影響をしていると思います。

ですが、社会人になれば勤め先の会社では協調性が大切です。 組織の一員として、従業員達と仲良く力を合わせて仕事をしていかなければいけません。

また、取り引き先の企業やお客様と名刺交換をする機会もあります。 名刺の受け渡しにも、マナーがありますが若者はあまり理解していない人が多いようです。

今回は、名刺の受け取り方で名刺入れがない時の対処法や、しまう場所や自分は渡せなくて良いのかなどについてご紹介していきます。

1.名刺の受け取り方で名刺入れがない時どうする?

名刺の受け取り方で、名刺入れがない時の対処法をご紹介します。

取り引き先の企業や、応対したお客様と名刺交換をする機会がある方は多いと思います。 その時に、名刺を忘れたり、まだ名刺を作った事がない人は相手から名刺を頂いたら名刺入れがない為、しまう場所に困る事になります。 相手は、自分の身分や個人情報を開示してくれているのに、自分は渡せないばかりか、場合によっては失礼に当たります。

また、相手の名刺を乱雑に扱ってはいけません。 ですので、名刺入れがない時はポケットに入れたり、デスクに置いたままにしないようにしましょう。

相手からは、名刺入れがないとわかった時点でビジネスマナーがない人だと思われるかもしれません。 その上、名刺のしまい方に失礼があると今後の付き合い方に影響していくでしょう。

もし、名刺の受け取り方で、どうしても名刺入れが用意できなかったら素直に「大変申し訳ありません、名刺入れを忘れてしまいました」と一言、相手に伝えましょう。

取り引き先の企業や、お客様と会う前に名刺入れを用意しておきたい方は、会社の同僚や後輩などから名刺入れを借りるようにしましょう。

また、近くに100均ショップやコンビニなどのお店がある場合は、探してみると揃っている事があります。

2.名刺の受け取り方でしまう場所は?

名刺の受け取り方で、しまう場所はどこが良いのでしょうか。

名刺交換をした後に、一番やってはいけない事は、相手の名刺を折り曲げてしまったり、直す場所に悩んで結局、相手の目の前で放置する事です。

特に、名刺の受け渡しは初対面の人と行う場合が多いですから、第一印象が悪くなってしまったら今後の付き合いはなくなるかもしれません。 そして、なかなか相手の第一印象のイメージというのは時間が経っても覆せないものです。

ですから、名刺交換程度で相手から嫌われないようにしましょう。 名刺交換には、マナーがありますが知らない人も多いので、きっちり決まり事を守らなければと悩む必要はありません。 名刺をしまう場所に気をつけたり、名刺入れを忘れないようにしたりと最低限度の、マナーを守る事が大切です。

そして、名刺の受け取り方でしまう場所は、男性であればスーツを着用しているビジネスマンが名刺交換をする頻度が多いでしょう。

ですので、スーツの内側のポケットや胸ポケットに名刺を入れるようにする事が多いです。 内ポケット・胸ポケットに入れておくと、スマートに見えますし取り出しやすくもなります。

女性の場合は、男性と違って内側のポケットがない服装をしている人が多いです。 ですので、その場合は鞄の中にしまうようにしましょう。

ただし、名刺をしまう時は、きちんと名刺入れに直してから、ポケットや鞄の中に入れるようにしましょう。

3.名刺の受け取り方で、名刺交換した後のしまうタイミングは?

名刺の受け取り方で、名刺交換した後のしまうタイミングをご紹介します。

取り引き先の企業やお客様と、名刺の受け渡しをした後は相手の名刺を大切に扱わなければいけません。 できるだけ、相手とスムーズに名刺交換を済ませる為には、事前に名刺入れを手元に用意をしておくと安心です。 そして、相手と面談する時に挨拶をしてすぐに名刺を取り出して渡すようにしましょう。

自分の名刺は、相手から見て正面になるように向けて、文字が隠れないように注意しましょう。 渡す際は、両手で名刺を持って相手の目を見ながら「○○社の○○と言います。本日はよろしくお願いします」と自分の勤め先の会社名・氏名を伝え丁寧にお辞儀をして名刺を差し出します。

そして、名刺の受け取り方で、基本的には名刺交換をしたらお客様と打ち合わせ中に、しまう事はマナー違反になるので止めましょう。

できれば、相手と挨拶をして名刺の受け渡しが済んだ段階で、名刺入れに直してからしまった方が良いです。

名刺は、自分の個人情報となるだけでなく、勤め先の企業の顔でもありますから、最低限度の名刺交換のマナーを守って、しまう場所やタイミングなどにも気をつけるべきです。

4.名刺の受け取り方で、名刺がない時は自分は渡せなくて良い?

名刺の受け取り方で、名刺がない時は自分は渡せなくてよいのかご紹介します。

できるだけ、相手に名刺を渡す事ができない状況でも名刺入れだけは用意しておいた方が良いでしょう。 相手の名刺を、雑に扱ってしまうと、相手からは自分との今後の対応もそのように、雑に扱われるんじゃないかと思われる事もあります。

ですから、名刺入れは用意しておくべきです。 ですが、どうしても名刺入れや名刺がない場合は、相手と名刺交換をする前に、こちらから謝罪をしておくと失礼の度合いが減ります。

自分の名刺がない時は、後日、作成してお客様に渡すように伝えたり、まだ持っていない理由がきちんとあるならば正直に伝える事で笑って許してくれる方も多いです。

ですので、名刺の受け取り方で、自分の名刺がない時は、必ずしも渡さなければいけないという事ではありません。 ただし、相手から受け取った名刺の取り扱い方や、しまう場所にはくれぐれも注意する必要があります。

自分だけではなく、勤め先の会社のイメージにもかかわりますから、自己中心的な立ち居振る舞いをしないようにしましょう。

出来るビジネスマンを目指している方は、日頃から仕事で忘れ物がないようにしたり、名刺や名刺入れをきちんと準備しましょう。

5.名刺の受け取り方で、名刺入れがない時の入れ物は?

名刺の受け取り方で、名刺入れがない時の入れ物は何が良いのでしょうか。

名刺入れがないからと言って、相手の名刺を折り曲げたり放置したりするのは一番いけません。 また、直接財布・ポケットにしまったり取り出す行動もビジネスマナー的にはおかしい事です。

一番は、取り引き先の企業やお客様と名刺交換をする前に、気づく事が大切です。

そして、勤め先の会社の同僚や後輩が近くにいるのであれば、名刺入れを借りるようにしましょう。

もし、名刺の受け取り方で、自分の名刺入れがない時は、名刺入れ以外の入れ物にしまうのは避けた方が良いですね。 しまう入れ物がない場合は、相手との面談が終わるまで両手で名刺を受け取った状態で会話をしたり、デスクでの面談であれば、デスクの上に綺麗に名刺を置いて話をするようにしましょう。

そして、相手との会話が終わりお見送りした後に、財布やメモ帳などに緊急的にしまうなどして仕方ないですが対処しましょう。

普段から、名刺入れを忘れないようにする為には、予備の名刺入れを買って置いたりすると安心ですよ。

名刺の受け取り方のまとめ

相手から頂いた名刺は、直接ポケットや鞄などにしまってはいけません。 きちんと、名刺入れに直してからしまう事が大切です。

名刺入れがない場合は、会社の同僚や後輩に頭を下げて緊急的に借りたり、自分の名刺がない場合は一言相手に謝罪をしておく事が大切です。