ベルトの長さ調整(メンズ版)|ズボンベルト穴あけ以外の対処法!実は◯◯ベルトが最強


男性の人の方が女性の人よりも、ズボンを履く機会が多いと思いますがベルトを装着する事で、見栄えが良くなったり歩きやすくなりますよね。

ズボンベルトは、ファッションアイテムやコーディネートの中で、あまり目立たない存在ですが女性は男性のファッションを細かくチェックしているものです。

 

ですので、たかがベルトと軽視するのは間違いです。

女性は、男性のファッションコーディネートで特に小物など、細かいアイテムに目がいきがちですので脇役的なベルトにも気を配るべきなんですね。

 

ですが、メンズベルトを使用していると体型が変化してきて穴あけやカットをしたりして長さ調整をしたいと思う人も多いのではないでしょうか。

今回は、ベルトの長さ調整(メンズ版)で、ズボンベルトの穴あけ以外の対処法やおすすめのベルトなどについてご紹介していきます。

 

■ベルトの長さ調整(メンズ版)|サイズ調整が自由なメッシュベルト!

ベルトの長さ調整(メンズ版)で、サイズ調整が自由なズボンベルトはメッシュベルトになります。

穴あけや切り方に悩む必要もないので、とてもお手軽にサイズ調整が可能です。

 

メッシュベルトとは、網目状に編み込まれたもので、ピンバックルが使用される事が多いですが、ズボンベルトに留め金やハリを通す為の穴が開いていません。

なので、自分の好きな位置で自由にベルトの長さ調整ができますから、体型が変わりやすい男性におすすめになっています。

 

ウール・ゴム・コットン製などのファッション性が高いメッシュベルトが揃っていて、レザー素材のものが流行っています。

ただし、ベルトの長さ調整でカットして長さを調整する事ができないので、ズボンベルトの長さ自体は買った時から変える事ができないので注意しましょう。

 

あまり長めのメッシュベルトを購入してしまうと、体型が細いメンズの方によっては長さが余ってしまい、見た目がチャラい印象やだらしない感じに見られてしまいます。

ズボンベルトは、何個も持っている人が多いと思います。

 

ですので、メッシュベルトは予備として所持しておくのがおすすめです。

 

そして、普段は他の穴開き式や金具式のベルトを使用するようにして、体型の変化でベルトの長さ調整をする必要があったら穴を開けたりカットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

そうすれば、かりにサイズ調整に失敗しても、いつでもサイズ調整可能なメッシュベルトが一つでもあれば緊急用に安心して使う事ができますよ。

 

■ベルトの長さ調整(メンズ版)|穴あけorカットはどっちが良い?

 

ベルトの長さ調整(メンズ版)で、穴あけorカットはどっちが良いのかご紹介します。

初めてズボンベルトの穴あけやカットをする方は、どちらの方法も難しく感じるでしょう。

 

大切なのは、お手持ちのベルトをすぐに長さ調整をするのではなく、必ず一度、普段よく履いているズボンを履いてから、その上でベルト調整したいものをベルトループに通してサイズ合わせを行ってください。

 

ズボンを通さずに、ただ腰に巻き付けただけではサイズを間違って切りすぎてしまったり、穴を開ける場所が大きくズレてしまう恐れがあります。

そして、ベルトの長さ調整(メンズ版)で、ズボンベルトに穴をあける場合は失敗してしまっても、あまり目立たずに済みますし別の穴をまた開ければ長さ調整は可能です。

 

ですが、ベルトカットをした場合は、切り方を間違ったり短く切ってしまうなどの失敗をすると取り返しがつかなくなります。

ですから、初めてベルトの長さ調整をする男性の方は、ベルトを穴あけする方法が良いでしょう。

 

その際は、太ったり痩せたりして体型が変わりやすい人はサイズ変動の余裕を持って2~3箇所ほど、穴開けされる事をおすすめします。

どうしても、自分でズボンベルトの穴あけやカットが怖い方は、ベルトの長さ調整は最寄りの靴の修理店や洋服屋でしてもらいましょう。

 

■ベルトの長さ調整(メンズ版)|穴開き式と金具式はどっちが良い?

 

ベルトの長さ調整(メンズ版)で、穴開き式と金具式はどっちが良いのかご紹介します。

サイズ調整が可能な男性用のベルトは、バックル部品とベルトを固定している金具が取り外せるものがあります。

 

そして、ベルト自体に穴があいた穴開き式と、穴がついていなくて金具でズボンベルトを締め上げる金具式のタイプのものもありますよね。

ベルトの長さ調整をするには、バックルを取り外さないといけないのですが、ドライバーや工具を使用して取り外すものや、道具を使わなくても簡単に手で取り外せるものまで色々あります。

 

また、ズボンベルトとバックルがネジで固定されているタイプも長さ調整ができます。

しかし、ベルトを切った後に新しくネジ用の穴を開ける必要性がありますから、ベルトの長さ調整(メンズ版)で初心者の方には、ちょっと難しいかもしれません。

 

逆に、自分でサイズ調整をするのが難しいタイプが、バックルとベルトがピンで固定されているものや縫い付けられているものです。

これらは、特殊な機械・工具が必要になりますので、道具が揃っていない方は簡単にできませんから注意しましょう。

 

ベルトの長さ調整(メンズ版)で穴開き式と金具式では、穴開き式のズボンベルトの方が上記の付属部品を外さなくてもキリを使用し自分の体型に合わせて、穴を開けれるものもあるのでおすすめですね。

 

■ベルトの長さ調整(メンズ版)|ズボンベルトの長さが余る時の対処法

ベルトの長さ調整(メンズ版)で、ズボンベルトの長さが余る時の対処法をご紹介します。

自分に似合うベルトを購入して、楽しみながら装着してみたらウエストが細すぎてベルトの長さが余ってしまう方も多いでしょう。

 

ズボンベルトの長さ調整は、穴あけやカットをしたりで調節する事ができますが、5cm位の調整ならベルトに穴あけをするのがベストです。

ですが、男性用ベルトがそれ以上の長さが余ってしまったら、思い切ってベルトをカットして全体の長さを詰める事が良いでしょう。

 

その際、ベルトの長さ調整(メンズ版)は、ズボンベルトのバックル側を切って新しいバックルをつけるようにしましょう。

この時に注意して頂きたいのが、詰める長さが短すぎると元々開いていたバックルの穴が残ってしまう事になります。

 

なかなか、ベルトの長さ調整で初心者の男性の方は上手く行かない事も多いですので、心配な方は靴の修理店や洋服屋で対処して貰える場合は持参して調整されたほうが安心ですね。

ベルトの長さ調整(メンズ版)|ズボンのベルトカット・穴あけ以外の方法は?

 

ベルトの長さ調整(メンズ版)で、ズボンのベルトカット・穴あけ以外の方法をご紹介します。

どうしても、自分でベルトを手直しするのは怖い男性もいるでしょう。

 

そんな方は【メッシュタイプ・サスペンダー・ゴム素材ベルト】などを使用すれば、体型が変化してもカットをしたり穴を開けたりする必要がないのでおすすめです。

また、上記のものを一つ持っていれば、他のベルトを手直しした時に失敗したとしても、緊急的に使用もできますから、予備に購入しておくのもいかがでしょうか。

 

■ベルトの長さ調整(メンズ版)のまとめ

ベルトには、穴開き式と金具式のタイプのものがありバックルを取り外す時はドライバーなど工具が必要なものから、簡単に手で外せるものまで様々な種類が揃っています。

もし、自分で穴あけやカットが怖い時は、靴の修理店や洋服屋などで、丁寧に長さ調整をして貰える場合もありますので相談をしてみましょう。


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。