ネクタイピンの生産工程


アクセサリーの製造工程を少し皆様にお見せしようかと思います。

たとえばスタイルイコールで一番人気のこちらのネクタイピン。

こちらの素材は真鍮でできていて、最初はこのような状態です!

型押しというプレス式の機械で真鍮をこの形に仕上げていきます。(はんこを押すみたいな感じですね!)

次にロウ付けという作業で、下のバネやクリップ部分を合体させちゃいます。

この段階ではまだシルバーにはならないんですね!

ここでようやく!メッキ仕上げという作業でシルバーメッキに漬け込んでいきます。

(タイピンがメッキ風呂に入る感じでしょうか~)

そして最後にクリスタルガラス(スワロフスキ社製)を埋め込んで、

このように完成します!

簡単な工程のみご紹介しましたが、スタイルイコールで取り扱ってるネクタイピンは

全部【日本製】です!

 

日本の職人さんが一つ一つ手作業でクリスタルガラスを埋め込んで行きます。

私も実際に工場見学をしましたが、

すごく繊細なお仕事です。

「集中力と気合いのいる仕事だな~」としみじみ感じました。

 

たくさんの人の思いが込められて仕上がったネクタイピン、

ぜひ手にしてご覧いただきたいです!


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。