スタイルイコールのコインケースはなぜボックス型がほとんどなのか?


日本は未だに現金決済が主流の国。 個人経営の飲食店やスーパー、自販機など至る所で現金が要求されます。 現金決済派の人はもちろん、カード派の人も現金をいくらかは持たざるを得ません。 実際使う時、ポケットやカバンに入れて運ぶときなどを鑑みて最も使いやすい(実際に一番売れている)小銭入れはボックス型でした。 大きな理由を3点あげてみました。

1.見やすい・取り出しやすい

ボックス型はパックリと開いて中が見えるので見やすいし、開口部が大きいので取り出すのもすごく楽。 実際にレジや自販機で効果を取り出す時、めちゃめちゃはやい。 他の形だと両手が空いていないと使いにくかったりする。(片手に荷物があるときにいちいち下さないといけないなど) ガマ口やジップ式などいろいろあるわけだけれど、結局見づらいか取り出しづらいかの理由で中身を全部一回片手に出して使うことになる場合もしばしば...... せっかちな人だとボックス型以外はスピードの観点からストレスが溜まって使えないかも(笑)

2.持ち運びやすいちょうどいい厚み

ボックス型だと使う革によりますが薄くすいた革を使っていれば小銭が少ないときは厚さ1cm程になる。 他の小銭入れだとファスナーなどの金具の幅未満にはなりえない。 このボックスタイプの薄さはポケットに入れていてもバッグに入れていても、デスクにしまっていても邪魔になりにくい。 ↑硬貨20枚くらい入れるとさすがに膨れますね

3.開閉がラク

実質ワンタッチ。 ボックス型は大体が手のひらサイズだしスナップボタン式なので親指をひっかけるだけでも開きます。 閉じるのも押し込むだけ。 片手でスマホをもって動画を見ながらでも開閉が可能。 取っ手を探す必要もないのでノールックでも開閉だけなら可能。 おわかりいただけただろうか......?

個人的な好み

小銭入れもさることながら小物類はとにかく小さいほど良い。 でもキャパシティの犠牲は最小限にする。 僕の場合は面倒くさくて極力現金を持ちたくないのでジップ型の小銭入れにクレジットカード、4つ折りのお札、小銭を入れています。 でも、ちょっといいお店に行ったときに恰好がつかない。 気張っていくときは長財布+ボックス小銭入れ という具合。 スーツで仕事をするような場合だと長財布+小銭入れって感じの方がいい感じがする。

コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。