名刺交換のマナーは若者にはくだらない!海外でも通用する?日本はなぜうるさい?



名刺交換のマナーは若者にはくだらない!海外でも通用する?日本はなぜうるさい?

平成の時代が終わり、令和に元号が変わりましたがゆとり教育の影響で今の若者達はマナーやモラルに疎いと囁かれています。

もちろん、若者全員ではなくて一部の人達だけの事ですが社会人になっても打たれ弱かったり我慢が苦手な人達が増えています。

とは言うものの、日本はマナーや礼儀を過剰に意識しすぎているとも海外からは言われているのです。

今の若者達からすれば、年配の方に対してなぜ過剰に敬わないといけないのか理解し難いという事もあるでしょう。 それが如実に現れているものが名刺交換になります。

今回は、名刺交換のマナーは若者にはくだらないと言われている真相や、日本のビジネスマナーは海外でも通用するのかと、日本はなぜ決まり事にうるさいのかなどについてご紹介していきます。

1.名刺交換のマナーは若者にはくだらない!

名刺交換のマナーは若者にはくだらないと、思われている事をご存知でしょうか。

マナーというのは、社会の中で人々が気持ちよく生活する為に決められたしきたりではなく、個々人の気持ちの問題の面が大きのではないでしょうか。

そして、私達の気持ちの問題であるからこそ、例えば、年配者とお店で一緒に食事をする時に、年配者は上座・下座を気にする人が多いですが、若者は、そんな事関係ないと思ってマナーを軽視しているケースもあります。

それでは、場合によっては気分を悪くする人もでてくるでしょう。 また、社会人となると取り引き先の企業やお客様と名刺交換をする機会が多くなります。

しかし、今の若者たちは名刺の受け渡しをくだらないと思っている人も一部ですがいるのです。 なぜなら、名刺交換をする時にも、いくつものマナーがあるからなのです。

という事は、マナーを煩わしいものと思っている他に、面倒くさがりな若者も増えているのかもしれません。

ですので、高圧的な態度で接したり説教をすると、ますます反抗的な態度をとってくる若者もいます。

2.名刺交換のマナーで、若者がやりがちなミス

名刺交換のマナーで、若者がやりがちなミスをご紹介します。

社会人になると、多くの会社ではビジネスマナーを新入社員に叩き込みます。 それまで、学生気分だった若者達は、ガラリと環境が変わる事になりますから、なかなか適応できない人も多いです。

その他には、企業自体がブラック企業化しているところもありますので、そういうところは若者をこき使って仕事をさせています。

それに、ブラック企業は新入社員にビジネスマナー研修もさせないところがあるので、必然的に名刺交換マナーなどが身につかないから若者がミスをしやすいというのもあるでしょう。

では、若者はどんな失敗をしやすいのかご紹介します。

・挨拶をする前に名刺を渡す

・相手の役職を気にせずに適当に名刺を渡す

・商談や打ち合わせ後に名刺交換をする

・デスク越しに名刺交換する

・汚れたり折り曲がっている名刺を渡す

上記のような事が、名刺交換のマナーで若者がやりがちなミスに多いです。 もちろん、新入社員であれば場数を踏まないとビジネスマナーは身につかないと思うので、多少の失敗は大目に見てあげる事が大切です。

若者が、名刺交換を失敗してしまった後に、叱責したり気持ちを追い込むようなパワハラのような事はしないようにしましょう。

失敗は成功の元とも言います。 世の中には、完璧な人間などはいません。 若者が自ら反省をして失敗した教訓を次回の場で活かせるように、年配者はフォローしていく事が大切です。

3.名刺交換のマナーは海外でも通用する?

日本の名刺交換のマナーは、海外でも通用するのかご紹介します。

日本では、商談や打ち合わせの最初に名刺交換をするのが常識になっていますが、アメリカでは、あまり名刺交換は重要視されていません。

日本では、年配者が若者に厳しく名刺交換マナーを教えたりビジネスマナーを叩き込んでいる事が多いです。

それは、相手に敬意を示したり礼儀作法的に行儀よく行動する事が美徳とされています。 一方、海外のアメリカなどは名刺はメモ代わりといった用途で、相手のを覚えておく為の道具として用いられています。

ですので、海外ではあまり名刺交換のマナーを日本ほど意識しているところは少ないようです。

また、お客様に対してお辞儀をするという行動も、日本は文化的に根付いていますが海外ではそこまで礼儀正しくするというマナーは日本ほどはありません。

なので、海外で日本人の若者が名刺交換のマナーを重んじすぎると外国人からは【落ち着きがない】と思われてしまう事もあるでしょう。

4.名刺交換のマナーはくだらないから無くしたほうが良い?

名刺交換のマナーは、くだらないから無くしたほうが良いのかご紹介します。

マナーは、厳格なルールが定められているわけではなく、ある程度、個人個人の気持ちに委ねられていますから、場合によってはありがた迷惑になる事もありますよね。

そして、あまりにもマナーや礼儀を若者に押し付けるケースも多い会社もあるので、若い人達にとっては、面倒くさくなってくだらないと思うようになってしまったり、反抗的な態度に出る人がいるのでしょう。

ですが、名刺交換のマナーを知らないよりかは、知っていたほうが相手に失礼な思いをさせないようにできます。

ケース・バイ・ケースで、臨機応変に名刺交換のマナーを意識して、あまり過剰に行動しすぎないようにしていけば良いのではないでしょうか。

なので、ビジネスマナーや名刺交換のマナーはくだらないから無くしたほうが良いとは思いません。 できるだけ、相手に失礼にならないように、最低限度の礼儀を持って接していくことが大切でしょう。

5.名刺交換のマナーに日本はなぜうるさい?

名刺交換のマナーに、日本はなぜうるさいのかご紹介します。

そもそも、なぜビジネスマナーや名刺交換のマナーが存在するのかと言うと、お客様との信頼関係を構築しやすくする為のものだと思います。

ですが、中には意味がないくだらないマナーもありますし、名刺交換のマナーを押し付けすぎて相手に嫌な思いをさせてしまう事も有りえます。

なので、年配者が若者に高圧的な態度でうるさくマナーや礼儀を説くのは間違っていると思います。

名刺交換の受け渡しが上手くできなくても、挨拶や礼儀作法などを頑張っている若者は年配者やお客様からも好かれやすいでしょう。

ですので、名刺交換のマナーだけではなく、ビジネスマナー全般のレベルを、総合的に引き上げて上げる事が大切です。

若者は、メンタルが弱い人が多いですから、あまり他人がうるさく言うと心が折れたりして立ち直れなくなるかもしれません。

ミスをしたら、一緒に手伝ってあげたりフォローし、仕事が上手くできたら褒めてあげたりして心を育ててあげましょう。

名刺交換のマナーのまとめ

名刺交換のマナーは、若者の一部が面倒くさいと思っていたりくだらない事と思って軽視しています。

日本のビジネスマナーや名刺交換のマナーは、海外から見ると過剰にしすぎている部分もあるようです。

年功序列の社会では、無くなりつつありますから年配者は若者の気持ちにもっと寄り添ってあげる工夫をしたり、若者は素直な気持ちを持つようにする事が大切なのではないでしょうか。