ベルトの選び方30代メンズ版!ビジネス(仕事)やスーツ着用時のマナー


ビジネスの時に、身だしなみがダラしない人がいると仕事ができなそうな人だなと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

特に、初対面の人と出会う時はその後の自分の印象を大きく決める事にもなります。

 

人間の第一印象は、目と目が合ってからホンの数十秒間で決まると言われていますので、相手と話してもいないのに嫌悪感を持たれてしまっては最悪です。

 

特に、30代の男性はビジネス(仕事)で出会う方とはビジネススーツを着用して会う方も多いと思います。

 

その時に、ズボンのベルトが合っていなかったりマナーがなっていなかったりすると変な目で見られたり、今後、一緒に仕事をしたくないと思われるかもしれません。

 

今回は、ベルトの選び方で30代メンズのビジネス(仕事)やスーツ着用時のマナーなどについてご紹介していきます。

 

■ベルトの選び方30代メンズ版!

 

30代を過ぎると、身体の基礎代謝も落ちてきますので食生活が整っていないと、お腹が出てきたり太ってしまいますよね。

 

その結果、前まで着れていた洋服やビジネススーツが入らなくなってしまい、ベルトのボタンの位置も大幅に変わっていきます。

結構、体質的に太りやすい人はフリーサイズのベルトを着けていたほうが良いかもしれません。

 

毎日の仕事(ビジネス)で、30代のメンズが使用するベルトの選び方ではベルトの素材に拘っておいた方が良いでしょう。

ベルトの素材には、大きく分けて【合皮・本革】の2種類があります。

 

職場で使用するベルトは、丈夫で耐久性が長い本革のベルトを選ぶ事がセオリーです。

 

そして、20代の頃は若いので私服の時に身につけるベルトが派手な色や形になりがちですが、30代になってビジネスシーンでは若い頃に私服に身に着けていたベルトを着けて会社に行ったり仕事をするのは止めた方が無難です。

 

■ベルトの選び方で30代メンズがビジネス(仕事)時に知っておきたいマナー

 

ベルトの選び方で30代メンズが、ビジネス(仕事)時に知っておきたいマナーをご紹介します。

まず、仕事をする時はあまりカジュアルすぎるデザインのベルトは選ばないようにしましょう。

 

例えば、メッシュベルト・クロコダイル・パイソンなどの素材などです。

ビジネスの時は、あまり個性的なベルトや高校生っぽい感じに見えるベルトなどを着用しないのがマナーです。

 

もし、そのようなベルトを着用していたら、相手から協調性がなさそうな人だなとか、何だか子供っぽい人だなと思われてしまうかもしれません。

そう思われると、仕事ができなさそうな人に勝手に見られたりしますので、TPOをわきまえる行動をしましょう。

 

そして、ベルトの選び方で30代メンズがビジネス(仕事)時に知っておきたいマナーではベルトの幅も大切です。

洋服やビジネススーツで、ベルトの部分が隠れていたら全然問題ないのですが、上着を脱いだりする時もありますのでベルトの部分が見えてしまう事も多いと思います。

 

その時に、ベルトの幅のバランスがおかしいとより目立ってしまいます。

ほんの1cm幅が違うだけで外見に影響するのですが、細いとフォーマルに見え太いとカジュアルさが際立ちビジネスシーンには向かなくなります。

 

だいたい、ベルトの幅は【3~3.5㎝】くらいが仕事の時におすすめです。

 

■ベルトの選び方で30代メンズがビジネススーツ着用時に知っておきたいマナー

 

ベルトの選び方で30代メンズが、ビジネススーツ着用時に知っておきたいマナーをご紹介します。

 

ビジネススーツと一緒に、合わせるベルトは【Yシャツの裾が外に出ないようにする・ズボンがズレ落ちないようにする・オシャレさを出す】などの必要性があります。

 

しっかり自分の体型にフィットして、さらにある程度余裕があるベルトをチョイスしなければいけません。

 

ベルトの長さが短すぎると、あなたが太った時にベルトの穴が足りなくて身につけられなくなる事もあります。

 

ビジネススーツのトータルコーディネートにおいて、ベルトは外見の印象を左右する重要な物になるので選び方を間違えるととてもダラしなく見えますので注意しましょう。

 

そして、ベルトの選び方で30代メンズがビジネススーツ着用時に知っておきたいマナーとしてNGなベルトもあります。

具体的には、【メッシュベルト・ベルトの幅が広い・カジュアル感が強い・バックルが派手なデザイン】などはビジネススーツには合わないので気をつけましょう。

 

■ベルトの選び方で30代メンズがビジネス(仕事)時に最適なベルトとは

 

ベルトの選び方で30代メンズが、ビジネス(仕事)時に最適なベルトをご紹介します。

なるべく、仕事に着けていくベルトはシンプルな色や物を選ぶ事が大切です。

 

職種によって、ある程度ベルトの種類が決められている場合も多いですので、会社から支給されているベルトがあるならそれを着けてビジネスをするべきです。

 

会社は、組織でできていますので社員であるあなたが一人だけ自分の好きなベルトを装着して、仕事をしてしまうと社内では個性的すぎると思われてしまったり、取引先の企

業の方と一緒に仕事をする事があったら、自分の会社のルールや決まり事も守れない人なんだなと思われてしまい印象が悪くなってしまう恐れもあります。

 

なので、ベルトの選び方で30代メンズがビジネス(仕事)時に最適なベルトは【ベルトの色と靴の色を合わせる・革の質やバックの上質さに拘る・バックルは長方形でシンプル】などが大切です。

 

後は、ビジネスで使うベルトはフリーサイズのベルトが最適です。

 

フリーサイズなら、自分で調節してベルトをカットする事ができるので体型が変わりやすい人に特におすすめです。

 

■ベルトの選び方で30代メンズがビジネススーツ着用時に最適なベルトとは

 

ベルトの選び方で30代メンズが、ビジネススーツ着用時に最適なベルトをご紹介します。

 

ビジネススーツに合わせるベルトは、カジュアル過ぎないデザインを選んだりあまり高価なブランドベルトで大きなロゴマークが入っている物などは止めてシンプルなデザインのベルトを選ぶことが大切です。

 

30代の男性が、ビジネススーツ着用時に最適なベルトは【牛革】のベルトです。

牛革は、耐久力も高いですし比較的に値段も安く購入できるので仕事の時用などに最適です。

 

そして、基本的に靴の色とベルトの色を合わせると良いのですが、ビジネススーツが黒色ならベルトも黒色にするのも違和感はないと思います。

 

ですが、あまりにも黒い色のスーツを着てしまうと相手に威圧感を与えてしまう事もありますので明るいグレー色のような色も良いです。

 

仕事では、多くの30代のビジネスマンが黒色のベルトを着用していますが、失礼のない範囲で多少遊び心を出したい時はネイビー色のベルトもおすすめです。

 

ベルトの選び方のまとめ

 

30代のビジネスマンで、ビジネススーツを着用している方は牛革のベルトがおすすめです。

 

基本的に、仕事で使用するベルトの色は黒色が望ましいですが靴の色とベルトの色を合わせる事が大切です。

 

社会人として、恥ずかしくないように身だしなみを整えて相手に嫌悪感や不快感を与えないように仕事をしましょう。

 

ベルトの選び方30代メンズ版!ビジネス(仕事)やスーツ着用時のマナーについてまとめてみました。