とっておきの日にネクタイをプレゼントしたい!失敗しないためにやるべきこと



とっておきの日にネクタイをプレゼントしたい!失敗しないためにやるべきこと

女性から男性へのプレゼントをする時に、だいたい間違ったチョイスにならない品物の中にネクタイが挙げられるでしょう。

特に、営業の仕事をしている男性へネクタイの贈り物は、とても喜ばれるのではないでしょうか。 自分の好感度が下がらない為にも、男性へのプレゼントは失敗したくないですよね。

ですが、ネクタイと言っても種類や形状・デザインなど違いが色々あります。 品物自体は喜ばれても、ネクタイ選びの注意点はたくさんあります。

今回は、ネクタイ選びの注意点や失敗しない対処法などについてご紹介していきます。

1.プレゼントの定番!ネクタイ選びで注意すること

まず、ネクタイを男性へプレゼントする場合、相手は当然自分の好きな色というものがあるでしょう。

逆に、嫌いなカラーもあると思いますから、できるだけ自分の思い込みで選ばない事が大切です。 できれば、事前にネクタイを贈る事がバレないように、相手の好きな色やデザインなどをリサーチしておくと安心ですよ。

また、先輩や上司の目上の人にネクタイを贈る場合にも気にして欲しい大切な注意点があります。 それは、人によってはネクタイは首輪を連想させるという事です。

首周りに巻きつけて締め上げる物ですから、疑い深い性格の男性で、あなたの事が嫌いだったらバカにしているのかという気持ちになる恐れもあるでしょう。

後輩や友達であれば、冗談で済まされますが、目上の人にネクタイをプレゼントする場合は、その様に思われる恐れがないかよく考えて贈りましょう。

ナロータイかレギュラータイかを選ぶ

ネクタイは、ビジネスシーン・結婚式・パーティーなど色々な場面で着用されています。 ですので、その場に相応しいデザインや形状・色などのものを着用するのがマナーです。

プレゼントをする男性が、普段、どのようなシーンでスーツを着たりネクタイを締めているのか観察した上で、ネクタイを贈った方が失敗しないでしょう。

例えば、ビジネスシーンには、真面目で清潔感がある雰囲気に見えるレギュラータイがおすすめです。 そして、カジュアル系のコーディネートがOKな場面では、ナロータイが最適でしょう。

相手が、あまりネクタイを締めて行かないようなシーン用に、ネクタイをプレゼントしてしまうと着用する機会がありませんから、相手にとったら、あなたから頂いた品物は不用品となります。 そして、人によっては収納場所に困る事になるので、かえって迷惑になってしまう恐れもあるでしょう。

相手の好みそうなデザインや色を選ぶ

ネクタイをプレゼントするなら、出来る限り相手の男性の好みそうなデザインや色を選ぶようにする事が大切です。 また、特にネクタイカラーは周囲の人から、相手の印象を連想させる事もあるので特に注意が必要です。

例えば、黒色のネクタイであれば【仕事ができそう】な雰囲気を感じさせるでしょう。 ですが、威圧感を与える事もあるのです。

そして、水色のネクタイであれば【優しそう】な雰囲気を感じさせます。 しかし、若々しい印象も与える事もあるので、年配の男性には似合わないという感じもあります。

それでは、無地のカラーは【普通】と印象を与える事ができ無難なのでプレゼントとしては失敗は少ないでしょう。 ですが、相手が個性的な人柄の場合、逆に無地のネクタイだと印象には残りにくいのでインパクトが薄くなる傾向があります。

この様に、ネクタイのデザインや色などによって、相手の男性への印象がガラッと変わってしまう事もあるのです。

相手の年齢に合わせたネクタイを選ぶ

ただ、高級なネクタイや、あなたの好みでネクタイを選べば相手は喜んでくれるとは限りません。 相手の年齢に合わせたものを選ぶ事も大切です。

相手の年齢が若ければ、多少派手めなデザインや色のネクタイを贈ってあげても似合うと思います。 しかし、年配者の男性へのプレゼントは、落ち着いた色合いや、シンプルなデザインの方が似合う傾向があります。

できるだけ、ネクタイ選びに失敗しない為には実際に相手が着用している姿を想像したり、どんなシーンで着用する機会が多いのかリサーチした上で決めるのがベストでしょう。

相手の立場を考えずに、自分好みのネクタイをプレゼントしてしまうと、相手の男性によってはどの場面で着用すれば良いのか迷ってしまう事になります。

そうなると、せっかくのネクタイのプレゼントも一度も付けてもらえない可能性もあるので注意しましょう。

ネクタイは素材もこだわろう!

ネクタイは、色やデザインはとても大切ですが、素材にも拘った方が良いです。 ネクタイの素材によっては、クリーニング代やメンテナンス費用がとてもかかるものもあるからです。

相手の男性に、長く着用してもらう為には耐久性が良いものが良いですよね。 年間を通して着用におすすめのネクタイは、滑らかな表面感があるシルクの素材です。

また、春・夏の季節であればニットタイなども良いですね。 そして、秋・冬の時期でしたら暖かいウール素材のものがおすすめです。

このように、ネクタイの素材に拘る事で、コーディネートの幅が広がります。

好き嫌いが激しいキャラクターものは避ける

ネクタイをプレゼントする際の注意点として、キャラクターがプリントされているものも気をつけた方が良いでしょう。

特に、年配者の男性や目上の方などにキャラクター入のネクタイを贈ってしまうと、ウケを狙っているのかと思われてしまう恐れもあるからです。

また、相手の嫌いなキャラクターでしたら、嫌味でプレゼントされているのかと捉えられる可能性があります。 ですから、できるだけ奇抜な柄や色・好き嫌いが激しいキャラクターなどのネクタイは送らないほうが無難でしょう。

ファッション上級者であれば、難なく着こなして頂けるでしょうが、ほとんどの男性はそこまでコーディネートに拘りを持っていないですから気をつけましょう。

2.ネクタイ選びで迷うのは色

ネクタイの色次第で、男性の第一印象が決まってしまうと言われるほどカラーは重要になります。

贈った相手が、ネクタイを締める姿を想像しながらベストなデザインや色・素材のものを選ぶ事が大切になってきます。

青やネイビーは誠実さがある

ネクタイの色で、青やネイビーは誠実な人柄や知的な魅力を醸し出してくれます。 ですから、ビジネスシーンで主に贈りたい色ですね。

真面目な印象を、周囲に与える事ができるので、相手の男性が仕事でネクタイを締めている機会が多い方は、青色やネイビーカラーのネクタイを贈ってあげると良いでしょう。

情熱の赤は積極さを感じられる

バリバリ仕事をこなしている男性へは、情熱的でアグレッシブな印象を与える事ができる赤色のネクタイがおすすめです。

男性が、会議や商談でプレゼンしている時に、真っ赤なネクタイを着用していれば相手の取引先に好印象を持ってもらいやすい傾向があります。

緑は落ち着きがある

周囲の人に、リラックス効果がある色は緑のネクタイです。 相手に安心感を与える事ができる為、落ち着きがある印象を感じる事ができるでしょう。

また、健康的で前向きな印象も同時に与える事ができるので、プレゼントしたい男性の人柄が真面目で大人しい方であれば最適ではないでしょうか。

ピンクはお祝いやイベントごとに

結婚式・お祝い事・イベントなどのシーンにぴったりなネクタイの色はピンクです。 柔らかく優しい印象を周囲に与える事ができます。

また、女性からも好まれる色でもありますから、女性と出会う機会が多い男性へのプレゼントにはピンクカラーのネクタイを渡すのもおすすめです。

無難に攻めるなら無地で

できるだけ、相手の男性や周囲の人達から変に思われにくい色は無地です。 柄のない無地のネクタイは、最もオーソドックスでスーツやシャツなど、無難に組み合わせる事ができます。

そして、シンプルさも兼ね備えていますから、相手の年齢もそこまで気にせずにプレゼントできるのではないでしょうか。

3.ネクタイのプレゼントまとめ

ネクタイをプレゼントする時は、色・デザインだけではなく素材にも気を使う事が大切です。

相手の男性の、年齢や雰囲気・シーンなどによって似合うネクタイと似合わないものがあるので注意が必要です。


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。