父の日におすすめのプレゼント!絶対に喜んでくれるプレゼント5選 – スタイルイコール

父の日におすすめのプレゼント!絶対に喜んでくれるプレゼント5選



父の日におすすめのプレゼント!絶対に喜んでくれるプレゼント3選

私達が、子供の頃は父親・母親から「お年玉・誕生日プレゼント・クリスマスプレゼント」などを貰う側でしたよね。

段々と成長するに従って、学生の方であればアルバイトを始めたり、社会人の方は会社に就職して給料を貰うようになります。

まだ子供の頃には、両親から育てて貰っていて当たり前という感覚の人が多いでしょう。

自分が働きだして、お金を貰うようになるとお金の面では父親が、家族の為に毎日仕事を一生懸命頑張ってくれていた事に感謝を覚える方が多いです。

普段は、あまり面と向かってお父さんと会話をするのは照れくさい事もありますよね。

日頃の感謝の気持ちを伝えながら、プレゼントを渡すイベントの「父の日」を通して、家族の絆を深めたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、父の日に贈るおすすめのプレゼント情報や、父の日のイロハなどについてご紹介していきます。

1.父の日っていつ?

親孝行したいと思った時に、もう両親は他界して居ないという状況の方もいます。 ですので、まだ父親・母親が健在の方は、両親が元気なうちに後悔しないよう親孝行をしてあげてください。

普段の、何気ない日常で親孝行をしてあげるのも良いですが、できれば父親であれば「父の日」に育てて貰った感謝の気持ちを伝えながら、何か父親にプレゼントを贈ってあげましょう。

父の日は、年に一回だけしかない特別な日です。

2021年の父の日は6月20日(日曜日)となっており、休日です。

日本では、「父の日・母の日」は国民の祝日にはなっていないのですが、子供から両親へ感謝とお祝いをするイベントして位置づけられています。

ですので、せっかく両親へ恩返しが出来る特別なイベント日を、スルーしてしまうのはもったいない事なんですね。

そして、2021年の父の日は、休日ですから、多くのお父さん達は仕事が休みの方も多いのではないでしょうか。

そうなると、自宅でゆっくりと自分の時間を過ごしている方が多いはずです。

せっかく、父親と腰を据えてじっくりとコミュニケーションを取れる機会でもあるので、親孝行をしてあげましょう。

父の日や母の日は、日本の国が当日に知らせたり、誰か必ずが教えてくれる行事でもありません。

ですから、悪気はなくても、父の日・母の日が来たことを知らないまま生活をしている人も多いです。

どちらも、年に一回しか無い特別な日なのは間違いないので、できれば、親孝行も兼ねて忘れずに感謝の気持ちを伝えたり、お祝いを渡したりする事を心掛けていきましょう。

また、両親の身体をマッサージしてあげたり、肩をもんだりするのも両親は嬉しいものです。

父親・母親に、長生きしてもらい、たくさん親孝行が出来る素敵な人間を目指してみてはいかがでしょうか。

父の日っていつからはじまったの?由来は?

「父の日」があるのは、知っている方も多いですが、その由来やいつから始まったのかを知っている人は少ないのではないでしょうか。

そして、実は、父の日は日本独自の風習ではありません。

元々は、アメリカが起源なんですね。

由来となっているのは、1908年に「母の日」が始まり、それをしったアメリカ人の女性で「ジョン・ブルース・ドット夫人」という方が広めたのがきっかけだと言われています。

彼女が、一人で父の日を広めたわけではなく、牧師協会へ父の日を作って欲しいとお願いをしたそうです。

そもそも、なぜいきなり「父の日」を作って欲しいとお願いをしたのでしょうか。

諸説ありますが、ドット夫人のお父さんがシングルファーザーとして6人の子ども達を育てていました。

その父親を見て育ったドット夫人は、「父の日」も作るべきだと思ったのでしょう。

そして、彼女の優しい想いは1916年に認められる事になります。

1926年には、「ナショナル・ファーザーズ・デイ・コミッティ」という組織団体が結成されました。

その後、1972年にアメリカでは父の日が国民の祝日となりました。

日本では、父の日の起源は1950年頃から始まったと言われています。

そして、1980年代に入ってから父親に感謝をする日として、一般的に広まっていったイベント日になります。

元々は、アメリカから始まって日本に伝わった行事だったんですね。

日本人は、父の日に感謝の気持ちを表したり、プレゼントを贈ると言うことは知っていた人は多いでしょう。

ですが、その由来や起源などは、あまり知らない人のほうが多いのではないでしょうか。

現在の日本は、昔のように女性は家庭に入ると専業主婦をしなければいけないという固定観念は変わっていて、父親が主夫をしたり共働きをしている家庭が多いです。

ですので、日本では、かりにまだ母の日だけしかお祝い事が無かったとしても、お父さんが主夫業をしたり、女性も働きに出ている家族が増えてきている現状ですから、いずれ父の日も作って欲しいという流れになっていた事でしょう。

2.父の日のプレゼントの予算について

父の日に贈るプレゼント選びに迷う方も多いでしょう。 普段、家族の為に、毎日、仕事に行っている父親が多いですから、なかなか子どもと一緒に会話をじっくりとする機会に恵まれません。 ですので、当然、お父さんがどんな物が好きなのかや、趣味などを把握できない人も多いのです。 できれば、父の日のプレゼントは外したくはないですよね。

また、「父の日」の前の月に「母の日」があります。

母の日には、高価な物をプレゼントしたけど、お父さんにも同じくらいの予算をかけるべきか悩む人も多いです。

学生で、アルバイトをしている人、社会人となり企業でバリバリ働いている人など個人個人で、経済状況に違いがあります。

しかし、父の日のおすすめプレゼントの種類や予算について、あまり深く悩む必要はありません。

世の中の、子ども達が父の日にどんな商品を贈っているのかや、どのくらいの予算を出しているかを目安にするのが一番です。

父親と、普段からあまり会話できない人は、「父の日」こそ、たくさんコミュニケーションをとって素敵なプレゼントを渡してあげる事をおすすめします。

世間では、子どもから「父の日」に贈るプレゼントの予算として「5000円未満」が目安だと言う意見が多いです。

そして、渡すプレゼントの種類は、お父さんは毎日、仕事をしている人が多いので「ビジネスシーンで役立つアイテム」が人気です。

お父さんが、仕事で使う物であれば、普段から使ってもらえる確率もあがります。

ビジネスシーンで役に立つ商品は、おすすめの物や、定番の人気商品などが、デパートとかで「父の日」付近であれば陳列される事があります。

また、直接、お店に行くのが難しい方は、インターネット検索でも簡単に、父親が貰って嬉しいビジネスアイテム情報が閲覧できるので悩む必要はありません。

ギフトとして贈る、ビジネスアイテムの値段(価格)として予算が5000円程の商品でしたら父親も受け取りやすいでしょう。

父の日のプレゼントを、選ぶ際は極力、自分好みの商品を選ぶのではなくお父さんが普段使用や着用しているビジネスアイテムと同じ物を買ったり、父親が今欲しい物や趣味で必要な物などを贈ってあげる事がベストです。

どこの家庭の父親も、自分の子どもが一番可愛いものです。

ですので、父の日に子どもから、日頃の感謝を伝えるだけでもとても喜ばれる事は間違いないでしょう。

その上で、プレゼントまで贈って貰えると、たいていのお父さんは子どもから受け取った贈り物は、どんな物でも嬉しくなって「ありがとう!」と伝えてくれるものです。

嫌な顔ひとつせず、その場では喜んでくれるお父さんが多いはずです。

ですが、お父さんにとってあまり必要ないプレゼントであれば、内心はガッカリしている事もあります。

子供の前では、申し訳無い気持ちもあり、ガッカリした気持ちは表には出さない方も多いでしょう。

後々、自宅のタンスや引き出しの奥に、せっかく父の日に渡したプレゼントが仕舞ってあったらこちらも悲しいですよね。

そうならない為には、父の日が来る前に、お父さんの欲しい物をリサーチしたり、外しにくい商品を探しておくことが大切になります。

その点、ビジネスシーンで使うアイテムであれば、外しにくいものが多いのでおすすめなんですね。

3.父はどんなプレゼントを欲しがっている?

父の日が来る前に、どんなプレゼントを欲しがっているのか把握する事は大切です。

しかし、面と向かってお父さんに「今欲しい物はある?」と聞いてしまうと、父の日が近ければ近いほどバレてしまう可能性が高いでしょう。

父親にとっては、父の日に子供から何をプレゼントされるのか分かっても嬉しいものですが、できればサプライズで贈りたいですよね。

先程、父の日の贈り物として外しにくい商品は「ビジネスシーンで役立つアイテム」とお伝えしました。

さらに、具体的に言いますと「ネクタイ・ネクタイピン・ベルト・カバン・名刺入れ」などファッション小物アイテムが、最も外しにくいプレゼントです。

なぜなのかは、多くのお父さんは、普段、仕事を一生懸命に頑張っていますので、仕事用のアイテムは必須と言っても過言ではないでしょう。

ですが、ただ単に「ネクタイ・ネクタイピン・ベルト・カバン・名刺入れ」などファッション小物アイテムを、買い揃えれば良いと言うものでもありません。

例えば、お父さん用のビジネスカバンを買うつもりであれば、普段、父親が使用している物と同じ物や似たような性能・機能がある物を贈ってあげた方が良いでしょう。

鞄と言っても種類がたくさんありますから、普段、お父さんがノートパソコンを持ち歩かないのに、ノートPC専用バッグとかを買ってプレゼントしてあげても使いみちがありませんし、内心は喜ばれません。

また、ビジネスアイテムの色・素材・大きさなども千差万別です。

あなたに、好きなカラーや拘りがあるように、お父さんもきっと自分の好きな色や、物への固定観念があるでしょう。

ですから、父親好みの色・素材・サイズなども把握しておくことが重要です。

ビジネスシーンで、役立つファッション小物アイテムであれば、消耗品にはなりますが、すぐに痛む事は少ないので長く愛用してくれる可能性もあります。

食事をプレゼントやグルメ商品を贈ってあげる事も喜ばれますが、もらう側からするとプレゼントも含めて、贈る人から「気持ち」をもらうことが嬉しいと言われています。

なぜなら、一過性で後に何も残らないからです。

ですが、ビジネスアイテムであれば、贈った側はずっと使ってくれる事を期待できますし、父の日のプレゼントとして受け取ったお父さんも毎日のように使い続ける事がでいますよね。

そうする事で、たまに親孝行をして貰った事を思いだしたりして、嬉しい思い出となっていくでしょう。

子供側からすると、ずっと愛用し続けてくれている、父親の姿を見れる事もあるので、ふとした瞬間に親孝行をして良かったと思えますよね。

そういう関係が続いていけば、お互いに心からWin-Winなのではないでしょうか。

お父さんも、仕事をより一層に頑張れる気力が湧いてくるでしょうから、稼ぎがさらに良くなるかもしれません。

お金に余裕がある方は、父の日のプレゼントとして贈るビジネスアイテムを、複数個買って贈ってあげたり、失くしやすいアイテムは予備を買い揃えてあげたりするのもおすすめです。

4.母の日と一緒に贈るのはあり?

本来、「父の日」・「母の日」と、子供から両親に感謝の気持ちを伝えるイベント日はありますが、必ずお礼の言葉を言わないといけないとか、プレゼントを贈るルールは明確には決まっていません。

ですが、決まりがないからこそ、両親の気持ちを考える事がとても大切です。

母の日と、父の日を混合させて、一緒にプレゼントをまとめて贈る事もできなくはないでしょう。

お祝いをまとめると言うのは、正直、個人個人の判断で構いません。

父親・母親の性格が、細かい方やイベント日や記念日を重視している両親であれば、母の日と父の日を一緒にしてしまうと、お祝いの内容がどちらかの好みに偏ってしまう事もあるので、あまり嬉しい気持ちはしないのではないでしょうか。

また、義父・義母を一緒に同席してお祝いするのは、あまりおすすめできません。

なぜなら、実の子供であれば、母の日と父の日をまとめて、一緒にプレゼントを贈ってあげても、目をつぶってくれる両親も多いでしょうが、義理の息子(娘)であれば話は別です。

いわば、身内ですが元々は血の繋がりのない他人ですから、失礼に当たりますし、父の日と母の日を一緒にしてプレゼントを贈る事がわかると、面倒くさがっているのではと心配される恐れもあるのです。

ですから、義父・義母と同席して父の日・母の日を一緒にするのは、何か特別な理由がなければ、きちんと別々でお祝いするほうが無難です。

実の子でも、あまりおすすめはしませんが、お祝いをまとめる事で、プレゼントの予算がアップしたり、ペアグッズなどを贈るのに適しているケースもあります。

そして、もし、どちらかのお祝いを一緒にする時は、両親に「お祝いは父の日にまとめてするね!お祝いは母の日にまとめてするね」と一言伝えておく事が大切です。

父親・母親の性格で判断したり、自分の良心はあまり傷まないかよく検討した上で、父の日・母の日をまとめてプレゼントを贈る事を決めてください。

父の日より、母の日の方が、早く来ますので母の日に、父の日も一緒に祝ってあげるのは、イベント日を忘れにくいでしょう。

しかし、父の日に母の日のお祝いを一緒にしてあげる事にすると、もし、母の日が来る前に、両親にお祝い事の件を伝えていないと母の日はスルーされたと思う両親もいるのではないでしょうか。

このように、父の日と母の日をまとめる事で、注意しておかないといけない点もあるので、両親を嫌な気分にさせないように準備は怠らないようにしましょう。

5.父の日プレゼントおすすめ5選 No.01

デザインも素材も妥協なし

耐久性に注目して、長年使っていただけるベルトを作成しました。革は牛の本革を使用、強防水をほどこし雨にも強い。芯にもこだわりました。一般的なベルトには不職芯という繊維を固めたものが使われています。それに対して「最強ベルト」は一枚ものの厚みのあるヌメ革の床芯を使用しています。

5.父の日プレゼントおすすめ5選 No.02

繊維の女王とも呼ばれるシルク

軽くて丈夫、弾力性に優れており、しわになりにくい。また柔らかい生地なので、結び目も綺麗に決まり、それを維持してくれます。

5.父の日プレゼントおすすめ5選 No. 03

ネクタイピン【真の男のカッコよさを見せつける】

三角のホールがほかのネクタイピンには絶対にないデザイン。このホールがシャープでスタイリッシュ。エッジの効いたデザインになっています。

5.父の日プレゼントおすすめ5選 No.04

すべてのパーツが黒。男らしく徹底的に黒にこだわった ビジネスバッグ

真夜中の黒。艶、色気を感じる大人の時間。そんな雰囲気を感じるちょっとワルでクールなビジネスバッグ。

5.父の日プレゼントおすすめ5選 No.05

高級感と耐久性「サフィアーノレザー」名刺入れ

革に模様を型押ししたものがサフィアーノレザー。ラグシュアリーな高級感があります。 さらに汚れやキズに強く耐久性も高い。長く愛用していただける素材を選びました。



6.父の日プレゼントおすすめのまとめ

父の日は、年に一回しか訪れない特別な日です。

由来は、アメリカ合衆国で1908年に「母の日」が始まった事で、「ジョン・ブルース・ドット夫人」というアメリカ人女性が牧師協会へ父の日を作って欲しいとお願いをした事がきっかけだと言い伝えられています。

その後、日本では1980年頃から、「父の日」に感謝の気持ちと、プレゼントを贈る風習が根付いていきました。

ですが、父親に贈るお祝いも、現在では色々なおすすめ商品や人気商品で溢れています。

中には、どの品物を贈ればよいのか迷ってしまう人もいますが、世の中の多くのお父さんは毎日、一生懸命に働いていますよね。

ですので、一番ハズレがない物は「ビジネスシーンで役に立つファッション小物アイテム」なんです。

その中でも特に、「ベルト・カバン・ネクタイ・ネクタイピン・名刺入れ」などを、プレゼントしてあげると喜ばれるでしょう。


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。