名刺保管におすすめな無印良品の保存ケースや種類は?整理の方法や管理頻度をご紹介



名刺保管におすすめな無印良品の保存ケースや種類は?整理の方法や管理頻度をご紹介

社会人になったら、まず必要な物が名刺入れや保存ケースです。

名刺は、勤め先の会社の情報や自分の個人情報が入っている大切なアイテムです。

そして、ビジネスマンとしてバリバリ働いている内に、仕事を通じて色々な人達と知り合っていくと、名刺交換した相手も増えていきますし枚数も増えていきます。

こうして、増えていった名刺を乱雑に扱ったり貰ったまま放置していてはとても失礼にあたります。 なにより、あなたのビジネスチャンスを損なう恐れもあるので、きちんと名刺管理していくべきです。

そして、名刺保管におすすめの安価な保存ケースと言えば、無印良品の商品です。

今回は、名刺保管におすすめな無印良品の保存ケースや種類と、整理の方法や管理頻度などについてご紹介していきます。

1.名刺保管で無印良品の保存ケースの種類は?

名刺保管で、無印良品のほ保存ケースの種類をご紹介します。

名刺整理を怠っていると、知らぬ間にデスクの引き出しの中に名刺の山ができていたり、大事な名刺がどこにしまってあったのか忘れてしまいます。

そうならないように、きちんと名刺入れや保存ケースなどに収納しないといけません。

ビジネスマンとして、だらしない仕事や生活をしていると、必ず、後々の仕事のアポイントメントや仕事力に影響を及ぼしていきます。

ですので、無印良品の名刺保存ケースを使用して、仕事ができるビジネスマンになりましょう。

無印良品から、発売されている種類は【薄型カードケース・アルミカードケース・ポリプロピレンカードケース】などがあります。

薄型カードケースは、カードをたくさん入れてもあまりかさばらないので、持ち運びやすいと好評です。

そして、アルミカードケースは見た目がシンプルでスタイリッシュなのが特徴です。

また、軽くて丈夫なので長持ちしやすいですし、厚みの違うタイプの保存ケースも販売されています。

ポリプロピレンカードケースは、半透明のものなので、中身に何が入っているかすぐに確認する事ができます。

それぞれ、ご自分のビジネス環境や用途に合わせて名刺保存ケースの種類を選びましょう。

2.名刺保管におすすめな無印良品の保存ケースをご紹介

名刺保管におすすめな、無印良品の保存ケースをご紹介します。

無印良品のメーカーは、価格(値段)も安価で質の良い商品が多いので、愛用しているビジネスマンも多いのではないでしょうか。

保管ケースは、色々な種類がありますが、ただスムーズに収納や整理ができるものをチョイスすれば良いというものではありません。

後から、保管しておいた名刺を見直したり、探しやすいという特徴をもったものを選びましょう。

そこで、名刺保管におすすめな無印良品の保存ケースは【ポリプロピレンカードケース】です。

シンプルな構造で、半透明のものなので、収納した名刺を確認しやすいです。

また、自分で分かりやすくカスタマイズするのにも便利です。

両面ポケットではないので、名刺の裏表を確認する事もできるのでおすすめの保管ケースになっています。

もちろん、ビジネスマンとして働いている方の仕事の環境や生活環境によって、無印良品の保存ケースの種類によって扱いやすいものを選ぶ事が大切です。

3.名刺保管におすすめな整理方法

名刺交換が多いビジネスマンの方は、たくさんストックがあると思いますが、なかなか名刺整理をする暇がない方も多いのではないでしょうか。

後からきちんと収納しようと思っていても、次から次へと手元に名刺が増えてしまい、落ち着いて整理する暇が取れなくなってしまう可能性もあります。

そして、そのままデスクの中にまとめて放置してしまう恐れもあります。

ですので、名刺保管におすすめな整理方法は、名刺交換をした後にすぐに収納する癖をつける事です。

そして、手元にある名刺を集めて、今後必要なものと必要ではないものと分ける事をおすすめします。

この整理方法をするだけで、本当に必要な名刺だけを選別して素早く取り出せるようになりますよ。

現在、連絡を取っていない顧客の名刺でも、何かの縁で今後関わりがある場合もあります。

ですので、今必要にならなくても、後から仕事上で付き合いがありそうな顧客の名刺は必要なものに分類しておくと安心です。

また、保存ケースの他に、名刺入れを新調して、その中に分類して収納する方法も良いでしょう。

特別なお得意様の取引先企業の名刺や、勤め先の会社に大きな利益をもたらしてくれる会社の名刺など、工夫をして整理しておけば、さらに名刺管理が効率化できます。

4.名刺保管はデジタルとアナログどっちがおすすめ?

名刺保管は、デジタルとアナログどっちがおすすめなのかご紹介します。

名刺を収納する時に、無印良品の保存ケースが良いとお伝えしてきました。

しかし、名刺はパソコンやスマホを使用してデジタルで管理する事もできます。

名刺管理アプリの種類も、現在ではたくさんありますし、デジタルで名刺を管理すれば、お目当ての顧客の名刺を検索機能を使ってすぐに探し出す事が可能です。

ただし、アナログ式の保管方法と違い、デジタル式ではセキュリティー対策をしっかりとしないと、データがハッキングされたりする恐れがあります。

その点、保存ケースを使用したアナログ式のものでは、デジタル式ほど不特定多数の人に情報を知られる危険性はありません。

どちらも、メリット・デメリットがありますので、一概にどちらがおすすめとは断定できません。

ネットリテラシーが高い人や、セキュリティー対策を万全にできる方はデジタル式で名刺管理をし、パソコンやスマホの操作が苦手な人は、アナログ式で名刺管理をしてみてはいかがでしょうか。

5.名刺保管でストレスが溜まりにくい管理頻度をご紹介

名刺保管をしている時に、ストレスが溜まってしまうと、モチベーションが低下して今後の仕事に影響してしまう事もあります。

ですので、名刺管理や整理をする頻度にも気をつけなければいけません。

できるだけ、ストレスを溜めないようにする為には、一気に名刺管理をするのではなく、何回かに分けて行う事も大切です。

また、アナログ式ではなく、エクセル・ワード・スマホアプリなどを使ったデジタル式の名刺保管方法の方が、ストレスが溜まりにくいかもしれません。

分類する名刺を、複数の入れ物に入れる方法も、後々、保管や整理が楽になるので、名刺入れを新しくいくつか購入して、その中に分けて入れても良いでしょう。

名刺入れも、安価で丈夫で長持ちできるものがたくさん販売していますので、値段が安いからと言って軽視しないようにしましょう。

ストレスが溜まらないように、ビジネスをしていく事で仕事が効率よく回るようになります。

そうなれば、必然的にビジネスチャンスにも恵まれる事になるので、仕事ができるビジネスマンを目指しましょう。

名刺保管のまとめ

名刺保管で、無印良品の保存ケースが、多くのビジネスマンに愛用されていて便利です。

その理由は、安価で財布に優しく、丈夫で長持ちしやすいので大切な顧客の名刺を守る事ができます。

そして、保存ケースの種類は薄型カードケース・アルミカードケース・ポリプロピレンカードケースなどのものがありますが、ビジネス環境は、人それぞれ違いますからご自身で、扱いやすいものを選びましょう。


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。