スーツスタイルに欠かせないビジネスベルトの選び方


スーツを着るときは、ベルトをしていることによって全身のシルエットが引き締まって見えスタイリッシュな着こなしを演出できます。

(実はスーツスタイルの際はベルトまたはサスペンダーをするのがマストです)

その意味でベルトの選び方ひとつで全身の印象に影響を与えるベルトの重要性を多少は感じませんか?

 

ベルトを選ぶときの4つのポイント

 ベルトを選ぶときに抑えておくべきは大きく分けて

  1. カラー
  2. 素材
  3. 太さ
  4. 長さ

が要になります。

 

カラー

 

ベルトと靴の色を合わせると統一感が出ることからコーディネートの基本になっています。

ですから、スーツをよりスマートに着こなしたい場合には、靴とベルトの色を合わせるのがおすすめです。

黒の靴が多いなら黒色のベルト、

茶系の靴が多いなら茶系のベルトを選ぶのがおすすめです。

新社会人や新成人など靴もベルトも一緒に買うという場合には両方ブラック系をおすすめしています。

 

素材

 ビジネスベルトの素材は概ねレザー(本革)と合皮です。

合皮はレザーと比べて安くて水気に強いですが、耐久性が低く劣化も早いため穴が伸びてしまったりして長持ちはしません。

レザーは使用者に合わせて革が伸びるので、ある程度使っていれば体の形にあったものになります。また、使用と年数に応じて経年変化で独自の光沢を持つ外観になっていきます。

どちらが優れているという事はないのですが、特にこだわりがなければレザー製をおすすめします。

表にするとこんな感じです。

メリット デメリット
合皮 安い 長持ちしない
レザー 長持ち、フィットする 合皮と比べれば少し高い

太さ

ベルトは太さ(ベルト幅)で印象が変わります。

印象
~30mm スーツスタイル・ビジネスシーン
35mm前後 スーツスタイル、カジュアル
40mm~ カジュアル

ビジネスシーンでの利用ならまずは28~30mm幅がおすすめ。

 

長さ

 スーツに合うベルトとして穴が5つのベルトが良いとされています。

そして3つ目の穴―つまり真ん中―で留める用にする事で最も美しく見えます。

一般的なビジネスベルトであればバックルを外して長さを調整できると思います。

切って調整することで3番目の穴が使えるものであれば問題ないでしょう。

 


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。